夏のお風呂の入り方と温度まとめ、注意

夏のお風呂の入り方と温度まとめ

夏のお風呂メニュー

夏のお風呂の入り方

夏のお風呂の温度について

夏のお風呂の入り方と温度まとめ

夏のお風呂の入り方

夏のお風呂の入り方としては、健康に良いと言われる半身浴が一番良い方法です。

夏は焼けるように熱い日差しを避けるために、冷房のきいた部屋で過ごすことが多くなり逆に体を冷やしてしまう人が多くなっています。

体が冷えているときには、特に下半身の冷えがひどくなるので、温めのお風呂に時間を掛けて入ることで体温を温めることが自律神経のバランスを正常にし、免疫力を高めるためにちょうどよいのです。

風呂で十分に温まった後に、冷水を浴びる人もいますがこれは危険ですからやるべきではありません。

急激な温度差が心臓に負担をかけてしまうので、心臓が弱い人は命を落としてしまうかもしれません。

 

風呂上がりに清涼感を得たいのであれば、湯船にハッカ油を数滴入れてみましょう。

ハッカ油はメントールの働きでひんやりと感じますが、実際に体温が下がっているわけではありません。

肌が冷たく感じる感覚を刺激することで、脳が冷たいと感じているだけです。

ですから風呂で温まった状態を維持しながら清涼感を感じることができます。

ハッカ油には他にも、抗菌効果や消臭効果もあります。

汗をかいて細菌が繁殖しがちな夏で、清潔でいるためには最適なアイテムと言えます。



夏のお風呂の温度について

お風呂は体を芯から温めてくれるので、とても心身ともにほぐしてくれるというイメージがありますが、逆に熱すぎるとストレスとなり、それを我慢するために交感神経のスイッチが入ってしまいます。

交感神経は緊張や集中をもたらすもので、寝る前に熱い風呂に入ると疲れますし覚醒状態で眠れなくなることもあります。

ゆっくりと休みたいならば適度な温度に保たなければいけません。

では、気温が高くなる夏には、どのくらいの温度であればリラックスできるのかというと体温に近い程度がちょうどいいです。

というのも日中は体温に近い気温と冷房で冷やされた室内で生活をしているために自律神経が乱れてしまいます。

そんなときに冷たすぎるのも熱すぎるのも良くないのです。

 

体温に近いくらいであれば、不感温度と言ってストレスもなく入ることが出来ます。

何も感じないからと言って水ではありませんから、体はしっかりと温まることもできます。

湯あたりしないくらいに長時間の入浴をしたいのであれば、体温くらいがちょうどいい塩梅です。

これは特に冷房のきいた部屋で過ごしている人には、汗をかく力が弱まっているので暑さに馴らすために行うと良いです。

汗をかく力があれば、自然に体温調整が出来て熱中症のリスクも減ります。

夏のお風呂の入り方と温度まとめ

・夏のお風呂の入り方としては、健康に良いと言われる半身浴が一番良い方法です。

・体が冷えているときには、特に下半身の冷えがひどくなるので、温めのお風呂に時間を掛けて入ることで体温を温めることが自律神経のバランスを正常にし、免疫力を高めるためにちょうどよいのです。

・風呂で十分に温まった後に、冷水を浴びる人もいますがこれは危険ですからやるべきではありません。急激な温度差が心臓に負担をかけてしまうので、心臓が弱い人は命を落としてしまうかもしれません。

・風呂上がりに清涼感を得たいのであれば、湯船にハッカ油を数滴入れてみましょう。
ハッカ油はメントールの働きでひんやりと感じますが、実際に体温が下がっているわけではありません。肌が冷たく感じる感覚を刺激することで、脳が冷たいと感じているだけです。
ですから風呂で温まった状態を維持しながら清涼感を感じることができます。

 

・気温が高くなる夏には、どのくらいの温度であればリラックスできるのかというと体温に近い程度がちょうどいいです。
というのも日中は体温に近い気温と冷房で冷やされた室内で生活をしているために自律神経が乱れてしまいます。
そんなときに冷たすぎるのも熱すぎるのも良くないのです。

・体温に近いくらいであれば、不感温度と言ってストレスもなく入ることが出来ます。
何も感じないからと言って水ではありませんから、体はしっかりと温まることもできます。
湯あたりしないくらいに長時間の入浴をしたいのであれば、体温くらいがちょうどいい塩梅です。

・交感神経は緊張や集中をもたらすもので、寝る前に熱い風呂に入ると疲れますし覚醒状態で眠れなくなることもあります。
ゆっくりと休みたいならば適度な温度に保たなければいけません。



コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1670/trackback

PAGE TOP