夏風邪、長引く理由と咳まとめ

夏風邪、長引く理由と咳まとめ

夏風邪、長引くメニュー

夏風邪、長引く理由

夏風邪、咳が長引くのはなぜ?

夏風邪、長引く理由と咳まとめ

夏風邪、長引く理由

夏風邪は高熱を出すよりも、微熱が続くことが多い夏風邪は長引くのが特徴です。

長引く理由は、夏の季節とウイルスの状態が関係しています。

具体的には、夏場は平均気温が高く体力を消耗しやすい状況で、そこに睡眠不足などが加わります。

免疫力が落ちた状態になりますから、夏風邪になりやすく、また思ったよりも長引く結果に繋がります。

 

理由はもう1つ、ウイルスがお腹の中で増殖して、冬の風邪よりも排出が遅れることが挙げられます。

ウイルスが体から出て行かない限り、体力や体調の改善は起こりませんし、免疫力が低下している所で増殖されると、回復が追い付かずにズルズルと風邪が続きます。

しかも、夏風邪のウイルスには抗生物質が効きませんから、一度患ってしまうと厄介です。

エアコンが効いた部屋と、温度差のある屋外を行き来したり、お腹を出したまま寝てしまうと体力を消耗します。

十分な栄養や休息を摂らないまま、体力を使う無理をしてしまうのも、免疫力を無視した夏の過ごし方となります。

風邪を引いてしまったり、中々治らない理由になりますから、疲労感を覚えたら体を休ませて体力を回復するのが賢明でしょう。

食事は消化が良く、胃腸に負担の掛からないものを選び、体を冷やさないように心掛けることが大切です。



夏風邪、咳が長引くのはなぜ?

冬の風邪と症状の傾向が違う夏風邪は、喉に症状が出やすく、しかも長引く特徴を持っています。

夏風邪を引くと咳が長引く理由は、喉の症状を引き起こしやすいアデノウィルスにあります。

アデノウィルスは扁桃腺の腫れや喉の痛み、そして頭痛や腹痛などの原因になります。

いずれの症状も長引くのが特徴で、夏の暑さによる体力の消耗と、ウイルスの攻撃という二重苦が発生します。

アデノウィルスは、人に感染しても直ぐに発症はせず、5日から1週間ほどの潜伏期間を経て発症に至ります。

発症後も体に長く留まりますし、思ったように体から出て行ってくれないので、咳が長引き喉が痛くなるわけです。

微熱が長期間続いていると感じたり、喉に違和感や咳の症状などが出ている場合は、アデノウィルスが原因の夏風邪が疑われます。

プールに入ると感染や発症リスクが高まるので、体力が低下している時はプールを避け、アデノウィルスとの接触機会を減らす必要があります。

 

春から夏の間に感染する確率が上昇しますから、まだ涼しいからと油断しないことも大切なポイントです。

もし感染してしまった際は、辛い症状が長期化する可能性が高いので、早めに受診したり安静にすることが重要です。

夏風邪、長引く理由と咳まとめ

・夏風邪は高熱を出すよりも、微熱が続くことが多い夏風邪は長引くのが特徴です。
長引く理由は、夏の季節とウイルスの状態が関係しています。

具体的には、夏場は平均気温が高く体力を消耗しやすい状況で、そこに睡眠不足などが加わります。

・理由はもう1つ、ウイルスがお腹の中で増殖して、冬の風邪よりも排出が遅れることが挙げられます。
ウイルスが体から出て行かない限り、体力や体調の改善は起こりませんし、免疫力が低下している所で増殖されると、回復が追い付かずにズルズルと風邪が続きます。

 

・エアコンが効いた部屋と、温度差のある屋外を行き来したり、お腹を出したまま寝てしまうと体力を消耗します。
十分な栄養や休息を摂らないまま、体力を使う無理をしてしまうのも、免疫力を無視した夏の過ごし方となります。

・食事は消化が良く、胃腸に負担の掛からないものを選び、体を冷やさないように心掛けることが大切です。

・夏風邪を引くと咳が長引く理由は、喉の症状を引き起こしやすいアデノウィルスにあります。
アデノウィルスは扁桃腺の腫れや喉の痛み、そして頭痛や腹痛などの原因になります。
いずれの症状も長引くのが特徴で、夏の暑さによる体力の消耗と、ウイルスの攻撃という二重苦が発生します。

・アデノウィルスは、人に感染しても直ぐに発症はせず、5日から1週間ほどの潜伏期間を経て発症に至ります。
発症後も体に長く留まりますし、思ったように体から出て行ってくれないので、咳が長引き喉が痛くなるわけです。
微熱が長期間続いていると感じたり、喉に違和感や咳の症状などが出ている場合は、アデノウィルスが原因の夏風邪が疑われます。

・プールに入ると感染や発症リスクが高まるので、体力が低下している時はプールを避け、アデノウィルスとの接触機会を減らす必要があります。



コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1666/trackback

PAGE TOP