犬の熱中症、初期症状と対策、対処まとめ

犬の熱中症、初期症状と対策、対処まとめ

犬の熱中症、症状メニュー

犬の熱中症、初期症状について

犬の熱中症、対策・対処について

犬の熱中症、初期症状、対策、対処まとめ

犬の熱中症、初期症状について

平熱状態は38.5度に推移している状態が熱中症の初期症状になると、犬は40度から41度以上になる傾向があります。

またパンディングと呼ばれる息が激しくなる状態になり、水分を補おうと鼻を舐めながら長期間その状態が収まらなくなります。

私の実体験ではこの状態を見逃すと高確率で重度の熱中症になってしまうので、注意が必要です。

初期症状が進行すると下痢や嘔吐を中心とした症状になる事が多く、室温が適正なのにふるえや突発的な発作状態になる事もあります。

 

犬にこれらの状態が発現しなくても、暑い日のお散歩後の行動を観察するようにしてください。

特に尿の状態が重要で体中の水分がないので、尿の量が少なかったり血尿がでている事があります。

こうなると重度軽度問わず熱中症になっている確率が非常に高く、内蔵にまで負担がかかっている可能性も存在します。

呼吸器官に負担が掛かると呼吸も困難になり、この状態はパンディングとの見分けがつきにくいので初期症状を散見した場合の対応が重要になります。

それか私の飼っている犬が発症した時には、玄関の扉に寄り添う感じで体をくっつけて体温を冷やそうとしていました。

なのでいつもより涼しい場所を探している姿を確認した場合も、発症を疑った方が良いです。

犬の熱中症、対策・対処について

発症状態を確認したら、まずは犬の生活環境の温度を低下させる事に努めてください。

風向きにもよりますが、一番効果的なのは玄関や窓を少し開けた状態にして徐々に室温を下げる事が可能です。

一番重要なのは徐々に室温と体温を改善していく事で、急激な改善は血管の収縮にも繋がるのでお勧めできません。

また同時に犬の平熱と同程度の温度の水をあげて、水分補給も同時にしてあげてください。

私は一度熱中症を体験してからは、対策方法として夏場のお散歩後にペットスエットを与えるようにしています。

塩分やミネラル等の熱中症対処成分も含まれているので、熱中症の発症を未然に防げるメリットがあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ペットスエット(500mL)[快適いぬ生活]
価格:138円(税込、送料別) (2018/7/31時点)

 

また私が行っている対策の中にはお散歩時間を短時間で済ませる方法があります。

中でも小型犬はアスファルトからの温度を直に感じやすく、お散歩時間が15分以上になると家に帰っても長時間息遣いが激しい状態になってしまいます。

なのでお散歩の時間は個体差もありますが、10分以下に抑える事をお勧めします。

さらに室内飼育や外飼育に限らず気温の高い日には、室内の風通しを良くしたり一時的に室内いれてあげる工夫も必要です。

特にお留守番中は発症しても対処ができないので、可能な限り風通しを良くする事を強くお勧めします。

犬の熱中症、初期症状、対策、対処まとめ

・初期症状が進行すると下痢や嘔吐を中心とした症状になる事が多く、室温が適正なのにふるえや突発的な発作状態になる事もあります。

・パンディングと呼ばれる息が激しくなる状態になり、水分を補おうと鼻を舐めながら長期間その状態が収まらなくなります。

・犬にこれらの状態が発現しなくても、暑い日のお散歩後の行動を観察するようにしてください。特に尿の状態が重要で体中の水分がないので、尿の量が少なかったり血尿がでている事があります。
こうなると重度軽度問わず熱中症になっている確率が非常に高く、内蔵にまで負担がかかっている可能性も存在します。

 

・呼吸器官に負担が掛かると呼吸も困難になり、この状態はパンディングとの見分けがつきにくいので初期症状を散見した場合の対応が重要になります。
それか私の飼っている犬が発症した時には、玄関の扉に寄り添う感じで体をくっつけて体温を冷やそうとしていました。

・発症状態を確認したら、まずは犬の生活環境の温度を低下させる事に努めてください。

・一番重要なのは徐々に室温と体温を改善していく事で、急激な改善は血管の収縮にも繋がるのでお勧めできません。
また同時に犬の平熱と同程度の温度の水をあげて、水分補給も同時にしてあげてください。

 

・私は一度熱中症を体験してからは、対策方法として夏場のお散歩後にペットスエットを与えるようにしています。
塩分やミネラル等の熱中症対処成分も含まれているので、熱中症の発症を未然に防げるメリットがあります。
また私が行っている対策の中にはお散歩時間を短時間で済ませる方法があります。

・小型犬はアスファルトからの温度を直に感じやすく、お散歩時間が15分以上になると家に帰っても長時間息遣いが激しい状態になってしまいます。
なのでお散歩の時間は個体差もありますが、10分以下に抑える事をお勧めします。

・室内飼育や外飼育に限らず気温の高い日には、室内の風通しを良くしたり一時的に室内いれてあげる工夫も必要です。
特にお留守番中は発症しても対処ができないので、可能な限り風通しを良くする事を強くお勧めします。



コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1660/trackback

PAGE TOP