夏バテ症状、頭痛、めまいには注意して、まとめ

夏バテ症状、頭痛、めまいには注意して、まとめ

夏バテ症状、頭痛、めまいメニュー

夏バテ症状、頭痛に注意

夏バテ症状、めまいに注意

夏バテ症状、頭痛、めまいまとめ

夏バテ症状、頭痛に注意

暑くなってくると体に不調が出やすくなり夏バテの症状が現れてきますね。

夏バテは急激に暑くなったことで体に負担がかかり、さらに体内にたまってしまった熱を放出できないため起こってきます。

症状もひとそれぞれですが、多く感じるのは頭痛でしょう。

頭痛は自律神経の乱れや水分不足から起こるケースが多いので、まずはしっかりと水分を補給します。

1日に2リットルは最低でも摂るように心がけてください。

なお、水分は何でもよいわけではありません。

 

コーヒーは利尿作用があるのでさらに脱水症状を招いてしまうおそれがありますし、糖分が含まれた炭酸飲料は肥満へと導いてしまう可能性があります。

できれば、経口補水液を飲むようにします。

また、いくら暑いからと言って冷房に当たりすぎていては逆に体に負担をかけている状態になります。

冷房の効きすぎた部屋にいると頭痛も悪化しやすいので体を冷やしすぎないように注意してください。

特に女性の場合下半身は冷やさないことが大切です。

自律神経はすぐに乱れてしまうので1週間に2日程度はお風呂にゆっくりと入り、体をリセットすることも必要となりますよ。



夏バテ症状、めまいに注意

頭痛と同じくらいに感じることが多いのがめまいです。

めまいもまた様々なことが原因で起きますが、夏バテ時期に起こるのは水分不足によって血液の流れが悪くなることが原因となっています。

さらに暑い屋外から冷房の効いた室内へと移動するとき、その温度差が体にとってはストレスとなり、自律神経が乱れ、めまいといった症状を引き起こしています。

軽度の場合は水分補給に努めるようにしてください。

水分はスポーツドリンクが良いでしょう。

 

衣服をゆるめ、大きな血管が通っているわきの下や鼠蹊部を重点的に冷やすことも大切です。

さらに横になって、脳に血流が行くようにしてください。

血圧も安定してくるので症状を和らげることができますよ。

その際脚を10㎝ほど高くして寝ると良いでしょう。

なお、熱中症のなりかけでもあるので、立ちくらみを感じた場合は注意してください。

急な転倒を防ぐためにも誰かについていてもらうか、ゆっくりと座ることが大切です。

夏バテを防止するには体の中から変えることも大切です。

冷たい飲み物だけを飲むのではなく、スープやお味噌汁といった温かいものもぜひ飲むようにしてください。

体に熱がこもっている場合はきゅうりやトマト、なすといった体を冷やす効果のある夏野菜を中心に食べてみましょう。

夏バテ症状、頭痛、めまいまとめ

・夏バテは急激に暑くなったことで体に負担がかかり、さらに体内にたまってしまった熱を放出できないため起こってきます。

・頭痛は自律神経の乱れや水分不足から起こるケースが多いので、まずはしっかりと水分を補給します。

1日に2リットルは最低でも摂るように心がけてください。

なお、水分は何でもよいわけではありません。

・コーヒーは利尿作用があるのでさらに脱水症状を招いてしまうおそれがありますし、糖分が含まれた炭酸飲料は肥満へと導いてしまう可能性があります。
できれば経口補水液を飲むようにします。

 

・冷房の効きすぎた部屋にいると頭痛も悪化しやすいので体を冷やしすぎないように注意してください。

特に女性の場合下半身は冷やさないことが大切です。

・自律神経はすぐに乱れてしまうので1週間に2日程度はお風呂にゆっくりと入り、体をリセットすることも必要となりますよ。

・めまいもまた様々なことが原因で起きますが、夏バテ時期に起こるのは水分不足によって血液の流れが悪くなることが原因となっています。

・さらに暑い屋外から冷房の効いた室内へと移動するとき、その温度差が体にとってはストレスとなり、自律神経が乱れ、めまいといった症状を引き起こしています。

軽度の場合は水分補給に努めるようにしてください。

 

・衣服をゆるめ、大きな血管が通っているわきの下や鼠蹊部を重点的に冷やすことも大切です。

さらに横になって、脳に血流が行くようにしてください。

・熱中症のなりかけでもあるので、立ちくらみを感じた場合は注意してください。

急な転倒を防ぐためにも誰かについていてもらうか、ゆっくりと座ることが大切です。

・夏バテを防止するには体の中から変えることも大切です。

冷たい飲み物だけを飲むのではなく、スープやお味噌汁といった温かいものもぜひ飲むようにしてください。

体に熱がこもっている場合はきゅうりやトマト、なすといった体を冷やす効果のある夏野菜を中心に食べてみましょう。



コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1657/trackback

PAGE TOP