梅雨バテの症状と対策まとめ、夏バテ前に気をつけよう

梅雨バテの症状・対策メニュー

梅雨バテの症状について

梅雨バテの対策について

梅雨バテの症状・対策まとめ

梅雨バテの症状について

梅雨の時期になると湿度と温度差に加えて気圧差の影響を受け、頭痛をはじめ身体がだるくなったり気分の落ち込みなどの症状が発生することがあり、昨今では梅雨バテと呼ばれ大きな注目を集めています。

雨と共にジメジメして湿度が上昇してくると汗をかいても気化しづらい状態となり、体内に熱や水分が溜まってしまいむくみの原因となります。

本格的な夏に向けて寒暖の差が激しい気温の日が続いたり、屋外と冷房の効いた部屋の気温差がある中で過ごしていると体温の調整が追いつかず、自律神経に影響を与えて毛細血管が収縮してしまいます。

梅雨の時期には低気圧の影響で気圧が低下しやすく、こちらも自律神経に影響を与えて血圧を低下させたり血管の膨張が発生して頭痛や倦怠感などさまざまな症状を引き起こすことがあり、最近では低気圧病という言葉も新たに生まれ一般的にも認知されつつあります。

自律神経は交感神経と副交感神経がバランスを保つことで平静な状態を作り出しますが、低気圧が続くと副交感神経の活動が上回ってしまうことでバランスが崩れてしまいます。

また、雨が降ると外出を控えるケースが多くなることから、運動不足になってしまいがちでストレスが溜まってしまうのも、さらに症状の発症や悪化を促進してしまう大きな要因となります。

梅雨の時期にはからっと晴れた日とどしゃ降りの雨の日を繰り返すので、その変化に身体が追いつかずに自律神経が乱れ身体に多くの影響を与えます。



梅雨バテの対策について

梅雨バテが解消されないまま夏に突入し夏バテとなれば厳しい状態となるため、早めに対策をして夏を迎えたいところです。

まずは身体を冷やし過ぎずに血液やリンパの流れを良くして新陳代謝を促して自律神経の状態を健全にすることを目指し、冷房を小まめにチェックして部屋を寒くし過ぎないようにするのはもちろんのこと、寒気を感じるようであれば厚手の靴下を履いたり上に1枚羽織るなどします。

また、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かるのも効果的で、全身を適度に温めながら他の場所では湿度が高いために行い難かった発汗をたっぷり行います。

気温と湿度が高くて不快感を覚えると、ついつい冷たい食べ物や飲み物に手をつけてしまいがちですが、アイスやジュースなどを沢山食べたり飲んだりすると内臓が冷えてしまい食欲が減退して十分な栄養素を摂取できなかったり代謝が低下することで自律神経の健全な機能を損ねてしまうことにもなり兼ねません。

そのような状態を防ぐために喉の渇きを癒したり熱中症になるのを避ける程度の適度な量を摂取するに留めて、できるだけ温かい食べ物で必要な栄養素を摂取するのに加えて内蔵を温めながら代謝を促進して血液やリンパの巡りを良くし、自律神経を正常に機能させて梅雨バテの症状の緩和を目指します。

食事には疲労回復に役立つクエン酸を含んだ酢やレモンを使ったり、体内の酸素の巡りを良くする鉄分を含んだレバーやほうれん草などを使った料理がおすすめです。

梅雨バテの症状・対策まとめ

・雨と共にジメジメして湿度が上昇してくると汗をかいても気化しづらい状態となり、体内に熱や水分が溜まってしまいむくみの原因となります。

・本格的な夏に向けて寒暖の差が激しい気温の日が続いたり、屋外と冷房の効いた部屋の気温差がある中で過ごしていると体温の調整が追いつかず、自律神経に影響を与えて毛細血管が収縮してしまいます。

梅雨の時期には低気圧の影響で気圧が低下しやすく、こちらも自律神経に影響を与えて血圧を低下させたり血管の膨張が発生して頭痛や倦怠感などさまざまな症状を引き起こすことがあり、最近では低気圧病という言葉も新たに生まれ一般的にも認知されつつあります。

・自律神経は交感神経と副交感神経がバランスを保つことで平静な状態を作り出しますが、低気圧が続くと副交感神経の活動が上回ってしまうことでバランスが崩れてしまいます。

また、雨が降ると外出を控えるケースが多くなることから、運動不足になってしまいがちでストレスが溜まってしまうのも、さらに症状の発症や悪化を促進してしまう大きな要因となります。

・梅雨の時期にはからっと晴れた日とどしゃ降りの雨の日を繰り返すので、その変化に身体が追いつかずに自律神経が乱れ身体に多くの影響を与えます。

・身体を冷やし過ぎずに血液やリンパの流れを良くして新陳代謝を促して自律神経の状態を健全にすることを目指し、冷房を小まめにチェックして部屋を寒くし過ぎないようにするのはもちろんのこと、寒気を感じるようであれば厚手の靴下を履いたり上に1枚羽織るなどします。

・ぬるめのお風呂にゆっくり浸かるのも効果的で、全身を適度に温めながら他の場所では湿度が高いために行い難かった発汗をたっぷり行います。

・気温と湿度が高くて不快感を覚えると、ついつい冷たい食べ物や飲み物に手をつけてしまいがちですが、アイスやジュースなどを沢山食べたり飲んだりすると内臓が冷えてしまい食欲が減退して十分な栄養素を摂取できなかったり代謝が低下することで自律神経の健全な機能を損ねてしまうことにもなり兼ねません。

そのような状態を防ぐために喉の渇きを癒したり熱中症になるのを避ける程度の適度な量を摂取するに留めて、できるだけ温かい食べ物で必要な栄養素を摂取するのに加えて内蔵を温めながら代謝を促進して血液やリンパの巡りを良くし、自律神経を正常に機能させて梅雨バテの症状の緩和を目指します。

・食事には疲労回復に役立つクエン酸を含んだ酢やレモンを使ったり、体内の酸素の巡りを良くする鉄分を含んだレバーやほうれん草などを使った料理がおすすめです。
 

 

スポンサードリンク



 

コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1642/trackback

PAGE TOP