花粉症、英語の読み方説明まとめ

花粉症と英語について

花粉症を英語での読み方について

花粉症 英語で説明について

花粉症、英語の読み方説明まとめ

花粉症を英語での読み方について

花粉症は日本人に特に多く見られる症状です。

外国でも似たような症状はありますが、これほど多くの人に症状が見られるのは、日本以外の国ではあまりありません。

そのために日本語でいうところの花粉症と英語での同じような症状を持っている単語では、その意味が若干異なっています。

一般的に花粉症をあらわす英語として使用されている言葉は「hay fever」です。

これは日本語風に読むとヘイフィーバーという読み方になります。

この言葉の意味はhayという主意と、feverという単語が持っている主意が合わさって作られています。

hayとは枯れ草という意味を持っています。

 

家畜などに与えるための干し草のことを一般的に表す言葉です。

一方でfeverは熱という意味を持っています。

そのためにhay feverには、枯草熱という主意もあります。

枯草熱という言葉は日本ではあまりなじみがありませんが、これは上記の症状と同じ内容です。

なぜ枯草なのかといえば、同じような症状が枯草によって引き起こされるものと誤解されていたために、このような名称がつけられています。

 

hay fever以外にも似たような意味を持っている言葉としては「Allergic rhinitis」があります。

これは日本語風に読むとイルディックライナイティスとなります。

この言葉の主意を日本語で言うとアレルギー性の鼻炎というような意味になります。

rhinitisには鼻炎や鼻カタルという意味があります。

Allergicはアレルギー性のという内容を表している形容詞です。

ですがhay feverにしてもAllergic rhinitisにしても日本語の花粉症と全く同じ内容ではありません。

花粉症 英語で説明について

花粉症を英語で説明する場合に必要になるのは、花粉によって引き起こされるアレルギー性の症状であるということです。

そのためにまず必要となるのが花粉という意味を表している単語です。

これはpollenという単語を使用して表すことができます。

英訳する場合に難しいのはこの花粉が特定の種類の植物から出された花粉が原因になっていることです。

日本では一般的に花粉症はスギの木から出た花粉によって起こされますが、このスギの木を英訳するとCryptomeria japonicaとなります。

Cryptomeriaだけでもスギという意味を表していますが、日本に生えている特有のスギを表す場合にはjaponicaという単語をつけたほうがよりわかりやすくなります。

スギの木から出された花粉という言葉を表す場合には「pollen from cryptomera」という言葉で表します。

次に英訳する場合に問題になるのが花粉によって引き起こされるという場合の、起こされるという意味を持っている言葉です。

これは原因になるという意味を持っている単語を使用するのが一般的です。

causeという動詞を用いることでそうした意味を表すことができます。

この動詞はそのまま使用するのではなくて、causedという形にして用います。

これはあることが原因により起こされたという意味になります。

「によって」という意味を表す場合にはbyという単語が使われます。

そのために「花粉により引き起こされたアレルギー性の鼻炎」という意味の言葉を英語で表した場合には「allergic rhinitis caused by the pollen from cryptomera」となります。

花粉症、英語の読み方説明まとめ

・一般的に花粉症をあらわす英語として使用されている言葉は「hay fever」です。

これは日本語風に読むとヘイフィーバーという読み方になります。
この言葉の意味はhayという主意と、feverという単語が持っている主意が合わさって作られています。

hayとは枯れ草という意味を持っています。

家畜などに与えるための干し草のことを一般的に表す言葉です。

一方でfeverは熱という意味を持っています。

そのためにhay feverには、枯草熱という主意もあります。

 

・hay fever以外にも似たような意味を持っている言葉としては「Allergic rhinitis」があります。

これは日本語風に読むとイルディックライナイティスとなります。

この言葉の主意を日本語で言うとアレルギー性の鼻炎というような意味になります。

rhinitisには鼻炎や鼻カタルという意味があります。

Allergicはアレルギー性のという内容を表している形容詞です。
ですがhay feverにしてもAllergic rhinitisにしても日本語の花粉症と全く同じ内容ではありません。

 

・花粉症を英語で説明する場合に必要になるのは、花粉によって引き起こされるアレルギー性の症状であるということです。

そのためにまず必要となるのが花粉という意味を表している単語です。

これはpollenという単語を使用して表すことができます。

英訳する場合に難しいのはこの花粉が特定の種類の植物から出された花粉が原因になっていることです。

日本では一般的に花粉症はスギの木から出た花粉によって起こされますが、このスギの木を英訳するとCryptomeria japonicaとなります。

Cryptomeriaだけでもスギという意味を表していますが、日本に生えている特有のスギを表す場合にはjaponicaという単語をつけたほうがよりわかりやすくなります。

スギの木から出された花粉という言葉を表す場合には「pollen from cryptomera」という言葉で表します。

次に英訳する場合に問題になるのが花粉によって引き起こされるという場合の、起こされるという意味を持っている言葉です。

これは原因になるという意味を持っている単語を使用するのが一般的です。

 

causeという動詞を用いることでそうした意味を表すことができます。

この動詞はそのまま使用するのではなくて、causedという形にして用います。

これはあることが原因により起こされたという意味になります。

「によって」という意味を表す場合にはbyという単語が使われます。

そのために「花粉により引き起こされたアレルギー性の鼻炎」という意味の言葉を英語で表した場合には「allergic rhinitis caused by the pollen from cryptomera」となります。

 




 

コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1628/trackback

PAGE TOP