風邪の治し方、民間療法について

風邪とは、呼吸器系の炎症性の症状、
またはその状態を表す総称のことをいいます。

主にウイルスの感染によって
鼻腔や咽喉などが炎症してしまうことで、
咳や喉の痛み、鼻水や鼻づまりなどの局部症状および
発熱や倦怠感、頭痛などの
全身症状が現れてしまいます。

 

また、
消化管にウイルスが感染すると嘔吐や下痢、
腹痛などの腹部症状が現れることもあります。

 

 

スポンサードリンク


 

 

風邪の治し方は、
薬を飲んで症状を緩和して寝ていることが一般的です。
風邪には特効薬とがないため、
身体が自分で自分を治そうとする
自然治癒力によって治すことが
正しい治し方ともいえます。

 

つまり、発熱があってもそれは身体が
自分の体内でウイルスを撃退しようとして
免疫力を上げようとしているため、

解熱剤で無理矢理熱をとってしまっては
逆に症状を長引かせてしまう可能性もあります。

 

現在では解熱剤を飲むのではなく、
脇の下や首の周辺、
股の付け根の内側などの婦と血管がある部分を
冷たいペットボトルや冷たいタオルで
冷やしながら体力の消耗を避けて、
発汗による脱水を予防することが重要です。

 

汗をかくために
無理矢理厚着をして重い布団で寝ていれば、

汗が蒸発せずに熱が籠ってしまい
体温中枢を狂わせて体力を消耗してしまうこともあり、
栄養をとるという時も
無理に食べてしまうと免疫力が低下して
悪化する原因となってしまうことも考えられ、
食欲が無い時は無理に食べると
胃に負担がかかってしまうため
水分補給だけをきちんとして寝ている、
ということも良いとされています。

 

早く風邪を治したい、病院に行くのは面倒だから
早期に治したいというときに
おすすめなのが民間療法による治し方です。

民間療法によって
早期に対策を行なえば医療機関や
薬に頼る前に治ることも多いです。

 

 

民間療法:ショウガ

 

 

寒気や悪寒がしたなら
身体を温める食材を取り入れることが
良いとされており、
生姜は血管を拡張して血行を良くし、
免疫を高めるため飲みやすい水と
擦り下ろした生姜、
好みでハチミツを入れて飲む生姜湯、
ニンニクやネギに含まれる
アリシンには強い殺菌作用があるため
ウイルスにも効果的です。

 

身体を温め体力をつけるのに
効果的な卵酒などもおすすめです。

最近では、スライスしたタマネギと
擦り下ろした生姜とニンニクを一煮立ちさせ、
好みの調味料と溶いた卵、
水溶き片栗粉を入れたスープが人気となっています。

 

 

咳や喉には大根・ハチミツ・レモン・みかん・かりん(民間療法)

咳や喉の痛みには、
大根にハチミツを漬けたものが良いとされ、
これは大根に含まれる成分によって
消炎作用が働くためだとされています。

 

レモンやみかんなどの柑橘類に含まれるクエン酸や
ビタミンCは疲労を回復して
ウイルスに対する抵抗力を高める効果を期待でき、
咽喉や鼻の粘膜の守る働きがあります。

 

かりんは昔から咳止めの漢方薬として
使われてきており、
ハチミツに漬けたものは手軽に飲むことができます。

 

さまざまな民間療法がありますが、
風邪を予防する基本は手洗いとうがいによるものです。
しっかり手洗いうがいを行なってウイルスを除去し、
風邪のひき始めには
自分に合った栄養を取り入れてしっかりと
睡眠をとることが早期に治す方法となります。

 

みなさんも風邪には気をつけてください。

毎日楽しく過ごしてください。

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/160/trackback

PAGE TOP