梅毒初期症状、男性、5つのポイントをチェックしよう

梅毒初期症状、男性メニュー

梅毒初期症状チェック1:男性、かゆみについて

梅毒初期症状チェック2:男性、しこりについて

梅毒初期症状チェック3:男性、足について

梅毒初期症状チェック4:男性、唇について

梅毒初期症状チェック5:男性、皮膚について

梅毒初期症状チェック、男性まとめ

梅毒初期症状チェック1:男性、かゆみについて

近年増加傾向にある梅毒、男性ではどのような初期症状が出るのでしょうか。

性病というと、かゆみや痛みの症状を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、この病気の初期症状でかゆみが出ることはありません。

性器や唇を始めとして、病原体となる最近が触れた場所に赤いぶつぶつが表れることがあります。

しかし、見た目の上では異変が見られますがとくに痛くもかゆくもないため、放置して病院に行かない人が大変多いです。

発疹のせいで不具合を感じることはないですが、このまま放っておくと発熱や身体の倦怠knなどを感じ、風邪に似た症状が出ることがあります。

風邪と間違いやすいため、梅毒かどうかの判断を自分でするのはこんなんです。

専門家に診せに行きましょう。

梅毒初期症状チェック2:男性、しこりについて

梅毒に感染してから、潜伏期間である1~13週間が経過したころ、身体にしこりが表れることがあります。

この初期症状は初期硬結と呼ばれ、5~20ミリ程度の赤い小さな隆起物を生ずるものです。

男性では陰茎や唇を中心に初期硬結ができ、数週間で跡が残らずに消えてしまうことがあります。

そのため、感染の発見がさらに遅れて重篤化するまで病院に行くことができないことがあります。

また、潰瘍となって汚く跡になることもあります。

この潰瘍が、硬性下疳と呼ばれるものです。

初期硬結にも硬性下疳にも特に痛みを伴わないため、放置してしまわれることが多いのが特徴です。

感染の心当たりがある場合は、強い症状が出ていなくても1度検査をしてみることをおすすめします。

 

 

スポンサードリンク


梅毒初期症状チェック3:男性、足について

先ほど説明した初期硬結や硬性下疳の他にもしこりを生じるものがあります。

私たちの体の中には、外から入ってくる異物を排除するための免疫という機能があります。

この免疫の重要な役割を担っているのがリンパです。

梅毒の初期症状では、太ももの付け根のリンパ節が腫れてしこりのようになることがあります。

足の付け根のリンパの腫れは、男性でも女性でも起こりうる症状です。

この梅毒性の足の付け根のリンパの腫れは、痛みがないうえに数週間程度で自然に腫れが治まってしまうことも多いため、感染に気づくことができなかったり治ったと勘違いしてしまうことがあったりという事態につながります。

しかし体内には感染菌が大量に住み着いており、更に数を増やしているのが怖いところです。

梅毒初期症状チェック4:男性、唇について

梅毒の原因菌である梅毒トレポネーマ・パリダムは、性行為などで皮膚及び粘膜の接触により、小さな傷から原因菌が侵入することによって感染するといわれています。

感染者との口との接触で感染することもあるため、病原菌の触れた唇に初期症状が現れることも多くあります。

先ほどもご説明した初期硬結は唇にもよく見られるものです。

口への初期硬結や硬性下疳は男性にも女性にも起こりやすく、感染から数週間で症状が現れることが多いとされています。

アズキ大から、それより大きい暗赤色のしこりができているのを見つけたら、感染の心当たりがないか考えてみましょう。

見た目は口内炎はヘルペスに似ていますが、初期硬結の場合は軟骨のように硬さがあることが特徴です。

梅毒初期症状チェック5:男性、皮膚について

梅毒の初期症状として、男性も女性も皮膚に赤いぶつぶつができてくることが知られています。

しかし、これは数週間程度できれいに消えてしまうため、梅毒に感染していることに気づける可能性は薄いでしょう。

少し感染が進行してきてしまうと、口の周りや全身の皮膚に発疹が出てくることがあるのを覚えておいてください。

この状態になったときには、トレポネーマ・パリダムが全身に広がっています。

丘疹性と呼ばれる湿疹は、赤褐色の丘疹ですが、乾癬のよう浸潤を伴う発疹が出ることもあります。

そのほかにも様々な発疹の種類があり、他の病気と区別がつきにくい場合も多いです。

感染したかもしれないという不安があるときは、なるべく早く専門家を受診することをおすすめします。

梅毒初期症状チェック、男性まとめ

・性病というと、かゆみや痛みの症状を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、この病気の初期症状でかゆみが出ることはありません。

性器や唇を始めとして、病原体となる最近が触れた場所に赤いぶつぶつが表れることがあります。見た目の上では異変が見られますがとくに痛くもかゆくもないため、放置して病院に行かない人が大変多いです。

 

・梅毒に感染してから、潜伏期間である1~13週間が経過したころ、身体にしこりが表れることがあります。

この初期症状は初期硬結と呼ばれ、5~20ミリ程度の赤い小さな隆起物を生ずるものです。

男性では陰茎や唇を中心に初期硬結ができ、数週間で跡が残らずに消えてしまうことがあります。

そのため、感染の発見がさらに遅れて重篤化するまで病院に行くことができないことがあります。潰瘍となって汚く跡になることもあります。

この潰瘍が、硬性下疳と呼ばれるものです。

初期硬結にも硬性下疳にも特に痛みを伴わないため、放置してしまわれることが多いのが特徴です。

感染の心当たりがある場合は、強い症状が出ていなくても1度検査をしてみることをおすすめします。

 

・先ほど説明した初期硬結や硬性下疳の他にもしこりを生じるものがあります。
梅毒の初期症状では、太ももの付け根のリンパ節が腫れてしこりのようになることがあります。

足の付け根のリンパの腫れは、男性でも女性でも起こりうる症状です。

この梅毒性の足の付け根のリンパの腫れは、痛みがないうえに数週間程度で自然に腫れが治まってしまうことも多いため、感染に気づくことができなかったり治ったと勘違いしてしまうことがあったりという事態につながります。

しかし体内には感染菌が大量に住み着いており、更に数を増やしているのが怖いところです。

 

・梅毒の原因菌である梅毒トレポネーマ・パリダムは、性行為などで皮膚及び粘膜の接触により、小さな傷から原因菌が侵入することによって感染するといわれています。

感染者との口との接触で感染することもあるため、病原菌の触れた唇に初期症状が現れることも多くあります。
口への初期硬結や硬性下疳は男性にも女性にも起こりやすく、感染から数週間で症状が現れることが多いとされています。

アズキ大から、それより大きい暗赤色のしこりができているのを見つけたら、感染の心当たりがないか考えてみましょう。

見た目は口内炎はヘルペスに似ていますが、初期硬結の場合は軟骨のように硬さがあることが特徴です。

 

・梅毒の初期症状として、男性も女性も皮膚に赤いぶつぶつができてくることが知られています。少し感染が進行してきてしまうと、口の周りや全身の皮膚に発疹が出てくることがあるのを覚えておいてください。

この状態になったときには、トレポネーマ・パリダムが全身に広がっています。

丘疹性と呼ばれる湿疹は、赤褐色の丘疹ですが、乾癬のよう浸潤を伴う発疹が出ることもあります。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1598/trackback

PAGE TOP