咳に効く食べ物・子供良い・ダメな食べものまとめ、夜眠れない

咳に効く食べ物・子供良い・ダメな食べものメニュー

咳に効く食べ物

咳が止まらない子供にいい食べ物とダメなもの

咳に効く食べ物・子供良い・ダメな食べものまとめ

咳に効く食べ物

ウイルスやほこりなどの異物から肺や気管を守るための防御反応である咳。

身体にとって大切な役割を果たしているとはいえ、ずっと続いていると仕事や勉強のさまたげになりますし、夜も眠れません。

咳をしすぎて腹筋が痛くなることだってあるのです。

実は、咳に効く食べ物があるのはご存知でしょうか。

逆に咳を悪化させる食べ物も。

知っておくと役立つはずです。

 

風邪を引くと大根のハチミツ漬けを食べるという方もいるでしょう。

大根のイソチオシアネートという成分に炎症を抑える作用があるのです。

辛いでしょうがおろし汁には痰を出しやすくする作用もあります。

そこに優れた栄養価で万能薬として昔から使われてきたハチミツを加えれば最強の咳薬となるわけです。

ハチミツに含まれる酵素・グルコースオキシダーゼには強い殺菌作用があります。

ハチミツの粘性は喉の乾燥を防ぎます。

ぜひ食べてみてください。

身体を温める効果のある生姜。

殺菌効果も抜群です。

 

スポンサードリンク



 

寒い冬の時期に風邪を引き咳が止まらなくなったという方はぜひ生姜湯を飲んであったまりましょう。

怪しげな民間療法のように思えるでしょうが、ネギを首に巻くのも実は化学的に意味があるのです。

ネギオールという成分が殺菌・抗菌効果で咳の原因ウイルスを除去してくれるのです。

咳のしすぎであなたの喉は乾燥し、弱っている状態です。

唐辛子や胡椒といった香辛料・喉に必要となる油分まで溶かしてしまう烏龍茶はNG食材です。

寒い日にコタツの中で冷たいアイスクリームを食べるのは幸せな時間でしょうが、咳が続いているときにはやめておきましょう。

冷たいものを身体に入れると器官が狭くなり息がしづらくなり、喘息のような症状が引き起こされてしまいます。

咳が止まらない子供にいい食べ物とダメなもの

寒い時期は風邪を引いている子も多く、密閉された教室の中で過ごしていると自分も気がつくと移されていたということはよくあります。

大根はちみつならはちみつの甘味で大根の辛みが緩和されているので子供でも比較的食べやすい食べ物です。

また、ネギは苦手というなら玉ねぎの硫化アリルも血行促進や自律神経の整えに効果があり咳のし過ぎで昂った神経を押さえてくれます。

こちらも大根同様、はちみつに漬けたものを食べさせてあげてください。

寒い冬が近づく前に用意しておけば、風邪予防にも効果的です。

 

ただし、はちみつは1歳未満の小さなお子さんに与えるのは禁止されています。

はちみつの中にはボツリヌス菌が含まれている可能性があり、乳児だと腸内細菌が少ないためボツリヌス菌が増殖してしまうかもしれないからです。

乳児ボツリヌス症は死の危険さえある恐ろしい病気です。

甘くておいしく健康にも良さそうですが、絶対に1歳未満の子に与えてはダメです。

はちみつ効果は得られないものの、大根や玉ねぎだけでも十分咳に良い作用をもたらすため、砂糖漬けにして代用してみてください。

しょうが湯やネギなども小さなお子さんだと辛味や刺激が強いため注意しましょう。

大人同様、冷たいアイスクリームなどもNGです。

 

夜も咳がずっと止まらないと眠ることもできず弱っていく一方です。

そんなときは枕の下にクッションを1つ入れてやってください。

そうすると気道がまっすぐになり呼吸が楽になるそうです。

喉が乾燥しないよう部屋も加湿しながら子供が過ごしやすい状態を保ってあげましょう。

もちろん、病院に行って適切な薬をもらってくるのもおすすめです。

日頃からバランスの良い食事をさせて免疫力をつけてやるようにもしましょう。

咳に効く食べ物・子供良い・ダメなものまとめ

・風邪を引くと大根のハチミツ漬けを食べるという方もいるでしょう。

大根のイソチオシアネートという成分に炎症を抑える作用があるのです。

辛いでしょうがおろし汁には痰を出しやすくする作用もあります。

そこに優れた栄養価で万能薬として昔から使われてきたハチミツを加えれば最強の咳薬となるわけです。

ハチミツに含まれる酵素・グルコースオキシダーゼには強い殺菌作用があります。

ハチミツの粘性は喉の乾燥を防ぎます。

 

・身体を温める効果のある生姜。殺菌効果も抜群です。

寒い冬の時期に風邪を引き咳が止まらなくなったという方はぜひ生姜湯を飲んであったまりましょう。

怪しげな民間療法のように思えるでしょうが、ネギを首に巻くのも実は化学的に意味があるのです。

ネギオールという成分が殺菌・抗菌効果で咳の原因ウイルスを除去してくれるのです。

 

・咳のしすぎであなたの喉は乾燥し、弱っている状態です。

唐辛子や胡椒といった香辛料・喉に必要となる油分まで溶かしてしまう烏龍茶はNG食材です。

寒い日にコタツの中で冷たいアイスクリームを食べるのは幸せな時間でしょうが、咳が続いているときにはやめておきましょう。

冷たいものを身体に入れると器官が狭くなり息がしづらくなり、喘息のような症状が引き起こされてしまいます。

 

・大根はちみつならはちみつの甘味で大根の辛みが緩和されているので子供でも比較的食べやすい食べ物です。

また、ネギは苦手というなら玉ねぎの硫化アリルも血行促進や自律神経の整えに効果があり咳のし過ぎで昂った神経を押さえてくれます。

 

・ただし、はちみつは1歳未満の小さなお子さんに与えるのは禁止されています。

はちみつの中にはボツリヌス菌が含まれている可能性があり、乳児だと腸内細菌が少ないためボツリヌス菌が増殖してしまうかもしれないからです。

乳児ボツリヌス症は死の危険さえある恐ろしい病気です。

甘くておいしく健康にも良さそうですが、絶対に1歳未満の子に与えてはダメです。

はちみつ効果は得られないものの、大根や玉ねぎだけでも十分咳に良い作用をもたらすため、砂糖漬けにして代用してみてください。

 

・しょうが湯やネギなども小さなお子さんだと辛味や刺激が強いため注意しましょう。

大人同様、冷たいアイスクリームなどもNGです。

 

・夜も咳がずっと止まらないと眠ることもできず弱っていく一方です。

そんなときは枕の下にクッションを1つ入れてやってください。

そうすると気道がまっすぐになり呼吸が楽になるそうです。

喉が乾燥しないよう部屋も加湿しながら子供が過ごしやすい状態を保ってあげましょう。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1576/trackback

PAGE TOP