冬の脱水症状、高齢者、頭痛に気を付けて、知らない危険が迫っている

冬の脱水症状、高齢者・頭痛メニュー

冬の脱水症状、高齢者について

冬の脱水症状、頭痛について

冬の脱水症状、高齢者・頭痛まとめ

冬の脱水症状、高齢者について

高齢者の冬の脱水症状は夏よりも危険とも言われてします。

夏に起きるイメージが強いのですが、実はピークは夏と冬の2回あるのです。

心筋梗塞や脳梗塞の危険性も高めてしまうので、とくに高齢者のかくれ脱水には注意をする必要があります。

かくれ脱水は水分が体からじわじわと失われることによって起こります。

最初の症状としてはだるくなったり、口の中がネバネバしたりします。

その症状を放っておくと立ちくらみや食欲の低下などが起こってきます。

さらに悪化してしまうと脳梗塞や心筋梗塞の危険性が高くなってしまいます。

水分が徐々に奪われることによって血液がドロドロになってしまいます。

そうすると血栓ができやすくなります。

 

スポンサードリンク



 

冬に心筋梗塞や脳梗塞が多いのは、寒さによって血管が縮んでしまうということもありますが、脱水によって血液がドロドロになってしまうことも原因のひとつなのです。

なぜかくれ脱水になってしまうのかというと、一つ目は温度の低下があげられます。

乾燥した気候が続き、身体にとって快適な湿度は50から60パーセントなのに対し、冬の湿度は50パーセント以下になることが多いです。

外の空気が乾燥すると、知らないうちに体から水分が出て行ってしまいます。

皮膚、粘膜、呼気などからも知らないうちに水分が出て行っているのです。

室内では暖房機を使用したり、外よりも湿度が10パーセントから20パーセント低下してしまいます。

さらに脱水しやすいというわけです。

二つ目の理由は意識の低下です。

夏は汗をかくため、意識的に水分補給を行う人が多いです。

脱水症や熱中症などに気をつけているからです。

しかし寒くなると汗をあまりかかないので警戒感が下がってしまいます。

冬の脱水症状、頭痛について

冬の脱水症状で頭痛が起こることがあります。

原因として考えられるのは、脱水症状によって身体の水分量(体液)が少なくなってしまいます。

厳密にいうと身体の中の水分やミネラルなどの体液が減少してしまうのです。

身体の水分量が少なくなると、循環している血液の量も減少してしまいます。

身体の体液には血液も含んでいるのです。

血液の量が減少することて、頭に血が運ばれにくくなるので頭痛が起こってしまうのです。

 

体液とは人間が活動をする上で必要となる、血液、唾液、汗、尿などといった身体の中に存在しているあらゆる水分のことをいいます。

頭痛が起こった場合ですが、応急処理で対処できる場合とすぐに病院へ連れて行って方がいい場合とに分かれます。

意識がはっきりとしている、自力で立つことができる、口から飲み物や食べ物を補給することが出来るという場合は、脱水症状としては軽症であることが多いので、応急処置を行いましょう。

まずは減少した身体の水分を補給することが大切です。

水分と一緒にミネラルでもある塩分も補給するのが理想です。

 

体温調節や脳への血流を促す目的で首元やワキなどを冷やしてあげましょう。

冷やすことが気持ち悪いというときは無理に冷やさないでも良いでしょう。

重症化させないためにも応急処理は大切です。

意識がもうろうとしていたりほとんどなかった場合、自力で立つことができない場合、口から飲み物や食べ物を摂取することが出来ない場合などは、重症で緊急性が高いのでできるかぎり周りの人が病院へ連れて行く、救急車を呼ぶなど急ぐようにしましょう。

高齢者の脱水症状はなめてかかっていると死にいたることもある怖い状態です。

注意してあげるようにしましょう。

冬の脱水症状、高齢者・頭痛まとめ

・高齢者の冬の脱水症状は夏よりも危険とも言われてします。

かくれ脱水は水分が体からじわじわと失われることによって起こります。

最初の症状としてはだるくなったり、口の中がネバネバしたりします。

その症状を放っておくと立ちくらみや食欲の低下などが起こってきます。

さらに悪化してしまうと脳梗塞や心筋梗塞の危険性が高くなってしまいます。

冬に心筋梗塞や脳梗塞が多いのは、寒さによって血管が縮んでしまうということもありますが、脱水によって血液がドロドロになってしまうことも原因のひとつなのです。

 

・なぜかくれ脱水になってしまうのかというと、一つ目は温度の低下があげられます。

乾燥した気候が続き、身体にとって快適な湿度は50から60パーセントなのに対し、冬の湿度は50パーセント以下になることが多いです。

外の空気が乾燥すると、知らないうちに体から水分が出て行ってしまいます。

皮膚、粘膜、呼気などからも知らないうちに水分が出て行っているのです。

 

・二つ目の理由は意識の低下です。

夏は汗をかくため、意識的に水分補給を行う人が多いです。

脱水症や熱中症などに気をつけているからです。

しかし寒くなると汗をあまりかかないので警戒感が下がってしまいます。

 

・冬の脱水症状で頭痛が起こることがあります。原因として考えられるのは、脱水症状によって身体の水分量(体液)が少なくなってしまいます。
厳密にいうと身体の中の水分やミネラルなどの体液が減少してしまうのです。

血液の量が減少することて、頭に血が運ばれにくくなるので頭痛が起こってしまうのです。

体液とは人間が活動をする上で必要となる、血液、唾液、汗、尿などといった身体の中に存在しているあらゆる水分のことをいいます。

頭痛が起こった場合ですが、応急処理で対処できる場合とすぐに病院へ連れて行って方がいい場合とに分かれます。

 

・意識がもうろうとしていたりほとんどなかった場合、自力で立つことができない場合、口から飲み物や食べ物を摂取することが出来ない場合などは、重症で緊急性が高いのでできるかぎり周りの人が病院へ連れて行く、救急車を呼ぶなど急ぐようにしましょう。

高齢者の脱水症状はなめてかかっていると死にいたることもある怖い状態です。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1561/trackback

PAGE TOP