体が温まる、料理・食材まとめ、ひと手間で美味しくしよ

体が温まる、料理・食材メニュー

体が温まる、料理について

体が温まる、食材について

体が温まる、料理・食材まとめ

体が温まる、料理について

体が温まる料理を食べることで基礎代謝がアップして脂肪燃焼もスムーズにでき、免疫力も上がります。

体が温まる料理は体を温める食材を使うことは大切ですが、それ以外にもポイントがあります。

体を冷やす食材もありますが、体を冷やす食材は熱を加えることで体を温める陽性の食材になると言われています。

生野菜はサラダではなく温野菜にして食べると良く、基本的に食材に火を通すことが大切です。

また、あんかけなどとろみをつけることは温かさを閉じ込めることができます。

とろみをつけることで保温性をアップすることができます。

とろみをつける場合は片栗粉を使うこともありますが、片栗粉よりも葛粉を使うと良いです。
スポンサードリンク



風邪をひいた時に葛湯を飲むことがありますが、葛湯には体を温めて発汗を促すことが期待できるためで、葛は漢方の葛根湯の主原料にもなっています。
体が温まる料理はいろいろありますが、その中でも鍋は良いです。

様々な食材を使うため栄養も豊富で、薬味などで一工夫することで手軽にアレンジもできます。

鍋にはちゃんこ鍋、牡蠣の土手鍋、トマト鍋、ミルク鍋、もつ鍋など種類も豊富です。

体が温まる料理には、香辛料もプラスするとより効果的です。

唐辛子は辛いですが、辛さはカプサイシンによるものです。

血行を促進して代謝をあげる作用もあります。

七味唐辛子やチリパウダー、ラー油などを活用して少し辛味を加えると良いです。

生姜の辛味成分は血行促進や代謝アップをサポートし、生は体を冷やすため加熱したり乾燥させてハチミツなどと一緒にお湯に溶かして飲みます。

シナモンはお菓子を作る時に活躍しますが、シナモンは世界最古の香辛料のひとつで、漢方では桂皮といって生薬としても使われます。

生姜との相性が良いので一緒に使うことでより温熱作用が期待できます。

体が温まる、食材について

体を温めるには体が温まる食材を摂ることが大切です。

食材には体を温める陽性食品と体を冷やす陰性食品があり、体を温めるには陽性を食べるようにします。

体を温める食材の特徴は色は赤系で寒い地方で食べられていて、水分が少なくて硬く、アジは塩辛いものが多いです。

体が温まる食材はなんといっても生姜です。

漢方薬には7割生姜が入っているといわれるほどで、血液の循環を良くして体を芯から温めることができます。

 

生姜には辛味成分のショウガオールなどの成分が含まれていて、辛味成分のひとつは免疫細胞の白血球を増やし免疫力を高め、ショウガオールには血流を良くして体温を上昇させて脂肪や糖の燃焼を促進させる作用が期待できます。
人参は内臓を温めて血を補う効果があり、にんにくはニオイ成分が免疫力を高めることが期待できます。

他には血流を良くして体温をアップさせる玉ねぎ、長ネギ、白い部分は土のエネルギーがあり体を温める陽性の大根、根を食べて体を温めるゴボウ、ニラは内臓を活発にして体の内側から温めます。

またパセリはビタミンが多く体の冷えを改善する効果があります。
体が温まる食べ物は野菜だけではなく、魚介類や肉類もあります。

 

魚介類では鮭です。

鮭は体を温める効果がある陽性の食品で、漢方でも胃腸を温めて賞か吸収を促進して気力を補う魚として知られています。

他の魚介類ではサンマは弱った体にエネルギーを補給して胃腸を温めて気や血の巡りを良くし、まぐろ、イカ、エビ、牡蠣なども体を温めます。

肉は漢方では胃腸の働きを良くして筋肉を強くしてむくみをとると言われており、肉の中でも牛肉は良質なタンパク質で胃腸を丈夫にして消化吸収を高め、体を温める作用が強いです。

豚肉や鶏肉も同様に体を温める作用があり、納豆や梅干し、漬物なども体が温まる食べ物です。

体が温まる、料理・食材まとめ

・体が温まる料理を食べることで基礎代謝がアップして脂肪燃焼もスムーズにでき、免疫力も上がります。

・体を冷やす食材もありますが、体を冷やす食材は熱を加えることで体を温める陽性の食材になると言われています。

生野菜はサラダではなく温野菜にして食べると良く、基本的に食材に火を通すことが大切です。
また、あんかけなどとろみをつけることは温かさを閉じ込めることができます。

とろみをつけることで保温性をアップすることができます。

とろみをつける場合は片栗粉を使うこともありますが、片栗粉よりも葛粉を使うと良いです。
・体が温まる料理はいろいろありますが、その中でも鍋は良いです。

様々な食材を使うため栄養も豊富で、薬味などで一工夫することで手軽にアレンジもできます。

鍋にはちゃんこ鍋、牡蠣の土手鍋、トマト鍋、ミルク鍋、もつ鍋など種類も豊富です。

体が温まる料理には、香辛料もプラスするとより効果的です。
・七味唐辛子やチリパウダー、ラー油などを活用して少し辛味を加えると良いです。

生姜の辛味成分は血行促進や代謝アップをサポートし、生は体を冷やすため加熱したり乾燥させてハチミツなどと一緒にお湯に溶かして飲みます。

シナモンはお菓子を作る時に活躍しますが、シナモンは世界最古の香辛料のひとつで、漢方では桂皮といって生薬としても使われます。

生姜との相性が良いので一緒に使うことでより温熱作用が期待できます。

 

・体を温める食材の特徴は色は赤系で寒い地方で食べられていて、水分が少なくて硬く、アジは塩辛いものが多いです。
体が温まる食材はなんといっても生姜です。
・人参は内臓を温めて血を補う効果があり、にんにくはニオイ成分が免疫力を高めることが期待できます。

他には血流を良くして体温をアップさせる玉ねぎ、長ネギ、白い部分は土のエネルギーがあり体を温める陽性の大根、根を食べて体を温めるゴボウ、ニラは内臓を活発にして体の内側から温めます。

またパセリはビタミンが多く体の冷えを改善する効果があります。

・鮭は体を温める効果がある陽性の食品で、漢方でも胃腸を温めて賞か吸収を促進して気力を補う魚として知られています。

他の魚介類ではサンマは弱った体にエネルギーを補給して胃腸を温めて気や血の巡りを良くし、まぐろ、イカ、エビ、牡蠣なども体を温めます。

・肉は漢方では胃腸の働きを良くして筋肉を強くしてむくみをとると言われており、肉の中でも牛肉は良質なタンパク質で胃腸を丈夫にして消化吸収を高め、体を温める作用が強いです。

豚肉や鶏肉も同様に体を温める作用があり、納豆や梅干し、漬物なども体が温まる食べ物です。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1555/trackback

PAGE TOP