ひふみん胆石性急性胆のう炎の緊急手術、症状、原因手術について

胆のう炎症状・原因・手術メニュー

胆のう炎症状と原因について

ひふみん胆石性急性胆のう炎の緊急手術

胆のう炎手術について

胆のう炎症状・原因・手術まとめ

胆のう炎症状と原因について

胆のうという部分が炎症を発症している状態を胆のう炎と呼び急性や慢性、胆管炎といったいくつかの種類に分けられています。

急性の場合に最も多い原因は胆石であり、右側のろっ骨の最下部付近やみぞおちあたりが痛くなり、手などで圧迫してみると圧痛を覚える症状が特徴的です。

他には筋性制御も引き起こされ、腹腔内に症状が起こることにより付近の腹膜に張りが起こり、硬化してしまうので酸素を吸った時に腹部が膨らむと痛みが見られる上に、発熱や吐き気が高まり実際に吐き出してしまう事例も珍しくありません。

 

検査を受けた際の結果次第では白血球が異常増殖しているのが見られたり、症状が起こっていることを裏付けるたんぱく質の量が上昇している様子も確認されます。

こうした胆のう炎という病気は9割もの高い確率で胆石が原因になっていて、胆管に石が溜まってしまい閉塞させてしまう事により胆汁が停滞し、次第に細菌量が増えて発症してしまいます。

原因になる細菌は大腸菌といったものが主になりますが、近頃では嫌気性菌といったものが要因になる事例も増えているので、診察時にはいかに正しく根本的原因が突き止められるのかが、速やかに完治させたり再発させないための肝になります。

 

スポンサードリンク



 

そういった点から予防するためには、コレステロールによって石が生成されてしまうというメカニズムに着目し、暴飲暴食をはじめ脂質が多すぎる食事や肥満体型を避けるように意識してください。

また、食事に気をつけていたとしても胆汁内のコレステロール値が高すぎてしまえば溶ける事無く固まるので、運動不足にならないように日常の中に運動を取り入れて硬化させないようにするのも重要です。

さらに、近年流行しているファスティングなども長期間にわたると胆管閉塞になり、胆のう炎のきっかけとなります。

ひふみん胆石性急性胆のう炎の緊急手術

「ひふみん」こと、将棋の加藤一二三・九段(77)が2日、都内の病院で胆石性急性胆のう炎の緊急手術を受けた。

所属事務所が発表した。手術は無事終了。

1週間ほど入院する予定だ。
今年6月に約63年に及ぶ現役生活に別れを告げた。

引退後も、名人を獲得するなどトップ棋士としての才能と無頓着な外見のギャップ、ユーモアを交えた独特の話しぶりが受け、連日テレビに出るなど、引っ張りだこだった。

加藤九段が痛みを訴えたのは、今月1日のこと。

2日になって都内の病院で診察を受けたところ、胆石性急性胆のう炎と診断された。

「できる限り早い段階での手術が必要」との医師の判断で、手術となり、無事終了した。
<日刊スポーツより>

胆のう炎手術について

医師から胆のう炎と診断され手術の必要性が迫られると、胆のうを取り去るための摘出が実行されるのですが、物理的に臓器を除去するので機能が失われてしまい、かつてのように胆汁が溜められなくなってしまう事を理解しておきましょう。

摘出後はお腹が緩くなる様子がよく見られるようになるのですが、患者によって個人差があるので慣れると無問題と言う人が居る一方で、一般的なお薬では対処できないほど重症化する方も居ます。

そうしたお腹の調子が悪い状態が術後から続いてしまうのなら、市販薬で対処しようとせずにすぐに担当医に対して症状を伝えると、処方箋が無ければ得られない薬剤が処方されます。

 

臓器を取ってしまうため、そうしたこれまでとは違う悩みが起こるのは仕方がない事ですし、七転八倒するような痛みが続くよりも良い選択であるのは間違いありません。

今日において採用されている胆のう炎の手術方法は、腹部に腹腔鏡が入れられるほどの小さな穴を設けて摘出するものです。

傷口が小さいのでかつてのように大きな傷痕が残りにくく、近くで見ても気が付きにくい程ですし穴の数も3箇所から4箇所ほどなので、人前でもコンプレックスにならないほど目立ちません。

 

およそ3箇所の穴から内部を確かめたり手術を遂行していくために使うカメラを挿入し、他の所からは実際に要因物質を取っていくための医療器具を入れます。

規模上日帰りでは済ませられず入院しなければならないのですが、4日間から7日間程度であるので身体に生じる負担が小さいですし、早期に回復することができすぐに今まで通り生活していけます。

また、必ずしも手術する選択しか残されていないわけではなく、早期発見できれば散らして解消させられる事例もあるので、変調を感じたらすぐに消化器科に訪れましょう。

胆のう炎症状・原因・手術まとめ

・急性の場合に最も多い原因は胆石であり、右側のろっ骨の最下部付近やみぞおちあたりが痛くなり、手などで圧迫してみると圧痛を覚える症状が特徴的です。

・他には筋性制御も引き起こされ、腹腔内に症状が起こることにより付近の腹膜に張りが起こり、硬化してしまうので酸素を吸った時に腹部が膨らむと痛みが見られる上に、発熱や吐き気が高まり実際に吐き出してしまう事例も珍しくありません。

 

・検査を受けた際の結果次第では白血球が異常増殖しているのが見られたり、症状が起こっていることを裏付けるたんぱく質の量が上昇している様子も確認されます。

・胆のう炎という病気は9割もの高い確率で胆石が原因になっていて、胆管に石が溜まってしまい閉塞させてしまう事により胆汁が停滞し、次第に細菌量が増えて発症してしまいます。

 

・予防するためには、コレステロールによって石が生成されてしまうというメカニズムに着目し、暴飲暴食をはじめ脂質が多すぎる食事や肥満体型を避けるように意識してください。

・食事に気をつけていたとしても胆汁内のコレステロール値が高すぎてしまえば溶ける事無く固まるので、運動不足にならないように日常の中に運動を取り入れて硬化させないようにするのも重要です。

 

・医師から胆のう炎と診断され手術の必要性が迫られると、胆のうを取り去るための摘出が実行されるのですが、物理的に臓器を除去するので機能が失われてしまい、かつてのように胆汁が溜められなくなってしまう事を理解しておきましょう。
摘出後はお腹が緩くなる様子がよく見られるようになるのですが、患者によって個人差があるので慣れると無問題と言う人が居る一方で、一般的なお薬では対処できないほど重症化する方も居ます。

 

・傷口が小さいのでかつてのように大きな傷痕が残りにくく、近くで見ても気が付きにくい程ですし穴の数も3箇所から4箇所ほどなので、人前でもコンプレックスにならないほど目立ちません。

およそ3箇所の穴から内部を確かめたり手術を遂行していくために使うカメラを挿入し、他の所からは実際に要因物質を取っていくための医療器具を入れます。

規模上日帰りでは済ませられず入院しなければならないのですが、4日間から7日間程度であるので身体に生じる負担が小さいですし、早期に回復することができすぐに今まで通り生活していけます。
スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1549/trackback

PAGE TOP