頭が臭い女性、原因と対策まとめ、あなたの頭は大丈夫?!

頭が臭い女性、

頭が臭い女性、原因について
頭が臭い原因と対策について
頭が臭い原因まとめ

頭が臭い女性、原因について

毎日しっかりシャンプーをして髪の毛をキレイにしている女性でも、頭のニオイが気になることがあります。

きちんと洗髪をしたりヘッドスパなどでケアをしていても臭いに悩む女性は少なくありません。

女性で頭が臭う原因は殆どが頭皮にあり、体の中でも皮脂分泌が盛んな部分で臭くなりがちです。

何かの理由によって過剰に分泌された皮脂がきちんと排出されず、古い角質などが酸化することでニオイをなってしまうことが考えられます。

皮脂や角質は長時間酸素に触れて酸化することで嫌なニオイになるものです。

皮脂や角質をエサに雑菌が繁殖してしまったり、常在菌が異常に繁殖することもニオイの原因となります。

 

ニオイは夏だけではなく冬の寒い時期にも気になります。

夏のように汗をかかない冬は油断しがちですが、冬でも皮脂は分泌されて夏よりも皮脂が分泌されることもあります。

冬は頭皮が乾燥することがあり、乾燥することで潤いが不足していると認識して、乾燥を潤すために皮脂を過剰に分泌させることがあります。

男性よりも乾燥しやすく、そのため乾燥によって皮脂過剰の状態になりやすいです。

加齢も影響することがあります。

 

スポンサードリンク



 

加齢によって男性ホルモンが造花して皮脂量も増えてニオイの発生源となることがあります。

また脂漏性皮膚炎や脂漏性湿疹などの病気の可能性もあります。

脂漏性湿疹や脂漏性皮膚炎が原因の場合の原因にはストレス、遺伝、食生活の乱れ、常在菌による刺激などが考えられます。

女性は良い匂いがする印象がありますが、調査などでニオイの数値はアメリカザリガニの6倍も臭うという結果があるほどです。

また、鼻の上にある部位なのでニオイが強い場合でも自分ではなかなか気づきにくいのですが、実は周囲の人にはニオイが気になっている可能性もあり注意が必要です。

頭が臭い原因と対策について

頭が臭いは何かの原因よって皮脂が過剰に分泌されて時間の経過で皮脂が酸化し、それに常在菌が集まって嫌なニオイを発することがあります。

皮脂の分泌には生活習慣や食生活なども影響しており、不規則な生活習慣や栄養バランスが偏った食生活などで皮脂の中に脂質やアンモニアなど老廃物が含まれるようになり、これらを含んだ皮脂は常在菌が好むため臭いは悪化してしまいます。

臭いの原因は、ホルモンバランスの乱れ、加齢による肌の変化、シャンプーやヘアドライヤーが正しくないなどが考えられ、病気の可能性もあり得ます。

対策はシャンプーを見直すことです。

 

シャンプーのやり方を見直すことで頭皮から皮脂が過剰に分泌されることは改善され、菌の繁殖も抑えることができます。

菌の繁殖を抑えることで臭いのもとになる成分なども生成されなくなります。

正しいシャンプーのやり方は、シャンプー前にブラシなどで丁寧に髪の毛をとかして汚れやホコリをとります。

シャワーの温度を38度程度のぬるま湯にして、シャワーのお湯だけで髪の毛などを洗います。

シャンプーは手で泡立てて指の腹で髪の毛や頭皮などを揉むようにマッサージします。

シャンプーしたらしっかりとすすぎ、シャンプー剤が残らないようにします。

トリートメントやリンスは、毛先を中心につけてしっかりとすすぎます。

 

タオルで水分をしっかりと拭き取り、ドライヤーで頭皮から乾かすようにします。

対策はシャンプー以外に生活習慣の見直しとして脂質が多い食事や睡眠不足を改善し、枕など寝具を清潔にします。

また美容院や専門サロンでヘッドスパの施術をするのも効果的です。

これらの対策を行なってもニオイが改善されない場合は、病気の可能性もあるので皮膚科など病院を受診することも良い対策です。

頭が臭い原因まとめ

・女性で頭が臭う原因は殆どが頭皮にあり、体の中でも皮脂分泌が盛んな部分で臭くなりがちです。

何かの理由によって過剰に分泌された皮脂がきちんと排出されず、古い角質などが酸化することでニオイをなってしまうことが考えられます。

皮脂や角質は長時間酸素に触れて酸化することで嫌なニオイになるものです。

皮脂や角質をエサに雑菌が繁殖してしまったり、常在菌が異常に繁殖することもニオイの原因となります。

 

・冬は頭皮が乾燥することがあり、乾燥することで潤いが不足していると認識して、乾燥を潤すために皮脂を過剰に分泌させることがあります。

男性よりも乾燥しやすく、そのため乾燥によって皮脂過剰の状態になりやすいです。

・加齢によって男性ホルモンが造花して皮脂量も増えてニオイの発生源となることがあります。

また脂漏性皮膚炎や脂漏性湿疹などの病気の可能性もあります。

脂漏性湿疹や脂漏性皮膚炎が原因の場合の原因にはストレス、遺伝、食生活の乱れ、常在菌による刺激などが考えられます。

 

・皮脂の分泌には生活習慣や食生活なども影響しており、不規則な生活習慣や栄養バランスが偏った食生活などで皮脂の中に脂質やアンモニアなど老廃物が含まれるようになり、これらを含んだ皮脂は常在菌が好むため臭いは悪化してしまいます。

・臭いの原因は、ホルモンバランスの乱れ、加齢による肌の変化、シャンプーやヘアドライヤーが正しくないなどが考えられ、病気の可能性もあり得ます。

 

・対策はシャンプーを見直すことです。

シャンプーのやり方を見直すことで頭皮から皮脂が過剰に分泌されることは改善され、菌の繁殖も抑えることができます。

菌の繁殖を抑えることで臭いのもとになる成分なども生成されなくなります。

正しいシャンプーのやり方は、シャンプー前にブラシなどで丁寧に髪の毛をとかして汚れやホコリをとります。

シャワーの温度を38度程度のぬるま湯にして、シャワーのお湯だけで髪の毛などを洗います。

シャンプーは手で泡立てて指の腹で髪の毛や頭皮などを揉むようにマッサージします。

シャンプーしたらしっかりとすすぎ、シャンプー剤が残らないようにします。

トリートメントやリンスは、毛先を中心につけてしっかりとすすぎます。

タオルで水分をしっかりと拭き取り、ドライヤーで頭皮から乾かすようにします。

 

・対策はシャンプー以外に生活習慣の見直しとして脂質が多い食事や睡眠不足を改善し、枕など寝具を清潔にします。

また美容院や専門サロンでヘッドスパの施術をするのも効果的です。

これらの対策を行なってもニオイが改善されない場合は、病気の可能性もあるので皮膚科など病院を受診することも良い対策です。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1545/trackback

PAGE TOP