肌荒れ原因、頬・あご・まとめ食事やホルモンの乱れ大丈夫?!

肌荒れの原因メニュー

肌荒れの原因、頬について
肌荒れの原因、あごについて
肌荒れの原因、頬・あごまとめ

肌荒れの原因、頬について

頬の肌荒れの原因ですが、一つ目はホルモンバランスの乱れです。

ホルモンバランスを乱れやすくしてしまう生活習慣は睡眠不足やストレスを抱えやすい生活環境などになります。

二つ目は肝機能の低下が考えられます。

肝臓の機能が低下しやすくなる食生活は、肉類中心の食生活、お菓子類・ケーキ類・チョコレート類などの甘くて油分の多いもの、アルコールになりますので、これらを避ける必要があります。

アルコールを飲むと、アルコールに含まれている成分を無毒化しようとして肝臓が活発にはたらきます。

これを毎日続けていると肝臓に負担がかかって、肝機能が低下して肌荒れにつながっていってしまいます。

休肝日をもうけて肝臓を休ませることが大切です。

1日3食を心がけて、脂っぽい食事や塩分の多い食事を避けて、タンパク質は動物性と植物性をバランスよく摂取することを心がけましょう。

 

スポンサードリンク



三つ目は胃腸の疲れです。

肝臓と同じで胃腸が疲れている場合も原因になります。

胃腸が疲れやすい食生活は、お菓子類・ケーキ類・チョコレート類などの油分が多くて甘いもの、とんかつやからあげなどの脂肪分の多い調理方法、水分の取りすぎなどがあげられます。

胃液の減少や胃腸虚弱の人にも起こりやすいです。

暑い夏などは水分の取りすぎで胃腸を冷やして代謝が悪くなりがちです。

水分は短時間にたくさん摂取しないで、コップ1杯程度(200ml)の水を朝起きたときや、食事のタイミングなどで分けて飲むことが大切です。

 

栄養不足も原因のひとつです。

また頬にとって不衛生な環境にも注意をする必要があります。

寝具(枕やシール)を長期間洗っていない、マスクが不衛生、間違ったスキンケアなどにも注意をする必要があります。

肌荒れの原因、あごについて

あごは皮膚が厚い部分で皮脂のつまりやすい部位です。

また皮脂腺のはたらきを活発する男性ホルモンの影響を受けやすい場所でもあります。

そのためあごはニキビができやすく肌荒れも起こりやすい部位です。

原因として考えられるのは、ホルモンバランスの乱れや、摩擦・雑菌の付着などによる外的な刺激、間違ったスキンケア方法、食生活の乱れなどが考えられます。

一番大きな原因なのはホルモンバランスの乱れの影響です。

 

女性の場合は生理の周期によってホルモンバランスが変化しています。

生理が始まって排卵が始まるまでは、エストロゲンが多く分泌されますが、排卵が起きて次の生理が始まるまでの間は、プロゲステロンの分泌量が多くなります。

プロゲステロンは皮脂の分泌を活発化してしまいます。

女性でも男性ホルモンが少なからず分泌されているのですが、あごは男性ホルモンの影響を受けやすい部位です。

ホルモンバランスの乱れはストレスによるもの、睡眠不足や生活習慣の乱れによるもの、環境の変化などによっても起こります。

ストレスはとくに男性ホルモンに加えて、ステロイドホルモンの分泌も促進してしまいます。

両方とも皮脂の分泌を活発化させてしまいます。

 

生理前にはホルモンバランスの変化から乱れやすくなります。

フェイスラインなどは髪の毛の先がふれたり、手で触ることがあったり、衣服がこすれたりと刺激を受けやすい部位です。

雑菌も付着しやすい部位です。

刺激によってはだが傷つき、雑菌が侵入すると肌荒れの原因になる場合があります。

雑菌が付着しやすい部位であることから、なかなか症状が治りにくい部位であるともいえます。

皮脂を気にしすぎて一日に何度も洗顔したり、保湿が足りないような間違ったスキンケア方法も原因のひとつであると言えます。

肌荒れの原因、頬・あごまとめ

・頬の肌荒れの原因ですが、一つ目はホルモンバランスの乱れです。
ホルモンバランスを乱れやすくしてしまう生活習慣は睡眠不足やストレスを抱えやすい生活環境などになります。

・二つ目は肝機能の低下が考えられます。
肝臓の機能が低下しやすくなる食生活は、肉類中心の食生活、お菓子類・ケーキ類・チョコレート類などの甘くて油分の多いもの、アルコールになりますので、これらを避ける必要があります。
休肝日をもうけて肝臓を休ませることが大切です。
1日3食を心がけて、脂っぽい食事や塩分の多い食事を避けて、タンパク質は動物性と植物性をバランスよく摂取することを心がけましょう。

・三つ目は胃腸の疲れです。
胃腸が疲れやすい食生活は、お菓子類・ケーキ類・チョコレート類などの油分が多くて甘いもの、とんかつやからあげなどの脂肪分の多い調理方法、水分の取りすぎなどがあげられます。
胃液の減少や胃腸虚弱の人にも起こりやすいです。水分の取りすぎで胃腸を冷やして代謝が悪くなりがちです。

 

・栄養不足も原因のひとつです。
また頬にとって不衛生な環境にも注意をする必要があります。
寝具(枕やシール)を長期間洗っていない、マスクが不衛生、間違ったスキンケアなどにも注意をする必要があります。

・あごは皮膚が厚い部分で皮脂のつまりやすい部位です。
また皮脂腺のはたらきを活発する男性ホルモンの影響を受けやすい場所でもあります
乱れや、摩擦・雑菌の付着などによる外的な刺激、間違ったスキンケア方法、食生活の乱れなどが考えられます。
一番大きな原因なのはホルモンバランスの乱れの影響です。

 

・女性の場合は生理の周期によってホルモンバランスが変化しています。
生理が始まって排卵が始まるまでは、エストロゲンが多く分泌されますが、排卵が起きて次の生理が始まるまでの間は、プロゲステロンの分泌量が多くなります。
プロゲステロンは皮脂の分泌を活発化してしまいます。

・ホルモンバランスの乱れはストレスによるもの、睡眠不足や生活習慣の乱れによるもの、環境の変化などによっても起こります。
ストレスはとくに男性ホルモンに加えて、ステロイドホルモンの分泌も促進してしまいます。
両方とも皮脂の分泌を活発化させてしまいます。

・刺激によってはだが傷つき、雑菌が侵入すると肌荒れの原因になる場合があります。
雑菌が付着しやすい部位であることから、なかなか症状が治りにくい部位であるともいえます。
皮脂を気にしすぎて一日に何度も洗顔したり、保湿が足りないような間違ったスキンケア方法も原因のひとつであると言えます。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1540/trackback

PAGE TOP