鼻水が止まらない原因、風邪やアレルギーまとめ

鼻水止まらないメニュー

鼻水が止まらない原因について
鼻水が止まらないのは風邪のせい?!
鼻水が止まらない原因・風邪まとめ

鼻水が止まらない原因について

止まらない鼻水の原因として主なものが、アレルギー性鼻炎によるもの、花粉症によるもの、そして風邪によるものがあります。

鼻から呼吸をするために空気を吸い込みますが、その空気には酸素だけでなく、ホコリや病原体、ウィルスなど様々なものが含まれています。

体に良くないものが入り込もうとすると、それを防ごうとしてフィルターのような働きをします。

鼻の粘膜からは異物を入り込ませないようにするため、鼻の内側にある線から分泌され、体によくない物質を外に流し出そうとする働きがあります。

 

アレルギーが原因の場合は、ホコリやダニ、ハウスダストによって引き起こされることが多く、ホコリが多い部分を掃除しているときに起こりやすくなります。

細かいホコリが鼻の中に入り込もうとするので、それを防ごうとして鼻水が出ます。

同じように花粉症も同じで、花粉の時期になると常に空気中に花粉が蔓延していますから、常に鼻の中に吸い込みやすい状況になっています。

そのため、花粉の時期は鼻水が常に止まらないという状態が続いてしまいます。

 

スポンサードリンク



 

花粉によって、体がアレルギー反応を起こしていますから、鼻づまりやくしゃみなども起こりやすくなります。

またその他の原因として、自律神経が乱れている人は止まりにくい傾向があります、その理由として、自律神経が乱れていると、体の緊張状態と関係がある交感神経が刺激されて、鼻の中から発生する粘液の分泌量が多くなってしまいます。

鼻の中から発生する粘液と、鼻の内部の血管から染み出てくる浸出液が混ざりあうことによって、鼻水が発生することになるので、自律神経が乱れることで粘液の分泌液が多くなり、止まらない状態になることがあります。

鼻水が止まらないのは風邪のせい?!

止まらない鼻水の原因の1つは、風邪であることも多いです。

アレルギーや花粉症が原因の場合は、いつまでたっても透明でさらっとした状態ですが、風邪が原因の場合は、最初は透明でさらっとした状態は同じですが、次第に粘りが出てきます。

また、その他の見分け方として、アレルギーや花粉症が原因の場合は微熱などはほとんどでませんが、風邪の場合は鼻水が出てから、少しずつ熱が出てくることが多いとされています。

止まらない鼻水が出てしまうと、仕事や家事にも支障を来してしまう可能性があるので、原因をしっかり突き止めることが大事です。

 

風邪の場合やアレルギーや花粉症の場合、止まらない鼻水の状態を改善する方法は異なりますし、服用する薬の種類も違います。

自分で判断するのが難しいと感じたときは、病院に行って診察を受けることが大事です。

2週間以上、止まらない状態が続いた場合は、アレルギーが原因である可能性が高いので、耳鼻咽喉科を受診します。

その他の場合は、内科を受診して、適切な薬を処方してもらうことが大事です。

また、鼻を拭くためにティッシュなどを常に使用していると、肌がこすれて痛くなってしまうことがあります。

そんな時は、鼻の洗浄をしてもらうこともできます。

 

スポンサードリンク



 

一時的にですが、鼻の中に残ったものを洗い流してもらうので、すっきりすることができます。

症状がひどい場合は、副鼻腔炎などに発展してしまい、炎症がかなりひどい場合があります。

そんな時は薬で治療をしたり自然治療をするとかなり時間がかかってしまうため、レーザー治療などの方法があります。

原因がわからないと対処をすることができませんし、早めに対処をすることで簡単な治療で済ませられることが多いので、早めに医療機関に受診することが大切です。

鼻水が止まらない原因・風邪まとめ

・止まらない鼻水の原因として主なものが、アレルギー性鼻炎によるもの、花粉症によるもの、そして風邪によるものがあります。
鼻から呼吸をするために空気を吸い込みますが、その空気には酸素だけでなく、ホコリや病原体、ウィルスなど様々なものが含まれています。

 

・アレルギーが原因の場合は、ホコリやダニ、ハウスダストによって引き起こされることが多く、ホコリが多い部分を掃除しているときに起こりやすくなります。

細かいホコリが鼻の中に入り込もうとするので、それを防ごうとして鼻水が出ます。

その他の原因として、自律神経が乱れている人は止まりにくい傾向があります、その理由として、自律神経が乱れていると、体の緊張状態と関係がある交感神経が刺激されて、鼻の中から発生する粘液の分泌量が多くなってしまいます。

鼻の中から発生する粘液と、鼻の内部の血管から染み出てくる浸出液が混ざりあうことによって、鼻水が発生することになるので、自律神経が乱れることで粘液の分泌液が多くなり、止まらない状態になることがあります。

 

・止まらない鼻水の原因の1つは、風邪であることも多いです。

アレルギーや花粉症が原因の場合は、いつまでたっても透明でさらっとした状態ですが、風邪が原因の場合は、最初は透明でさらっとした状態は同じですが、次第に粘りが出てきます。

 

・風邪の場合やアレルギーや花粉症の場合、止まらない鼻水の状態を改善する方法は異なりますし、服用する薬の種類も違います。

自分で判断するのが難しいと感じたときは、病院に行って診察を受けることが大事です。

2週間以上、止まらない状態が続いた場合は、アレルギーが原因である可能性が高いので、耳鼻咽喉科を受診します。

その他の場合は、内科を受診して、適切な薬を処方してもらうことが大事です。

 

・症状がひどい場合は、副鼻腔炎などに発展してしまい、炎症がかなりひどい場合があります。

そんな時は薬で治療をしたり自然治療をするとかなり時間がかかってしまうため、レーザー治療などの方法があります。

原因がわからないと対処をすることができませんし、早めに対処をすることで簡単な治療で済ませられることが多いので、早めに医療機関に受診することが大切です。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1537/trackback

PAGE TOP