口内炎の原因、場所・治し方、ビタミンなど食事に気をつけよう

口内炎の原因メニュー

口内炎の原因、場所について

口内炎の原因治し方

口内炎の原因、場所・治し方まとめ

口内炎の原因、場所について

口内炎とは、主に頬の内側や歯茎、その周辺の粘膜に起こる炎症のことです。

その原因は場所によって様々ですが、特に多く見られる原因として、以下の3つが挙げられます。

■口内炎の原因:ウイルス

口の中は普段の生活において食事をしたり、呼吸をしたり、会話をしたりすることから、常に外部と接しています。

したがって細菌やウイルス等が付着する可能性が極めて高い。

鼻や喉とつながっているので、部位により様々な粘膜で防御されてはいますが、それでも細菌やウイルスが侵入することにより、口内炎ができることがあります。

■口内炎の原因:物理的刺激

この物理的刺激というのは、熱湯や温かい食べ物、薬品等を口の中い入れた時に感じる刺激、入れ歯などの矯正器具の接触、頬の内側を噛む癖等のことを指します。

こうした刺激が原因で口の中に傷ができて細菌が繁殖したり、赤く腫れたり、水疱ができたりします。

■口内炎の原因:ストレスや疲労

そして3つの中で最も多く見られるのがストレスや疲労です。

ストレスや疲労が溜まると免疫力を低下させ、栄養不足に陥ります。

特にビタミンB群、中でもビタミンB2・ビタミンB6が欠乏することで口内炎はできやすくなることはよく知られています。

主に若い人に多くできる傾向がありますが、一般的には10日~2週間程度で自然消滅してしまい、跡も残りません。

以上が代表的な原因ですが、その他にも煙草を吸う人の場合はその煙草によって口内炎ができることがあります。

喫煙の習慣から口の中が長時間熱にさらされ、煙草に含まれるニコチンを口の中に入れると粘膜や下に白斑ができます。

そのまま放っておくと癌になる恐れがありますので、煙草を吸う方はくれぐれも注意して下さい。

口内炎の原因治し方

できてしまった口内炎。どう治すべきか。

その主な治し方としては、抗炎症成分が配合されている医薬品を活用することがベストです。

特に「トラネキサム酸」「アズレンスルホン酸Na」が配合されている医薬品を活用するのが良いでしょう。

どちらも炎症やその痛みを鎮める効果が高いです。

常日頃からバランスの良い食事をとることも大切なことです。

とりわけ重要なのがビタミンB2・ビタミンB6です。

 

ビタミンB2は肌や脂質の代謝を助け、肌細胞の再生・成長を促します。

ビタミンB6は粘膜を保護し、細胞の再生を助けてくれます。

ビタミンB2は豚肉に、ビタミンB6は青魚に多く含まれています。

積極的に食べるようにしましょう。

ビタミンB群に加えて、美容効果が高く、野菜・果物に豊富に含まれているビタミンC等を摂取すると、より効果的。

ビタミンであれば、市場に出回っているビタミン剤やサプリメントでも効率良く摂取できます。

1日の摂取目安量を守って、正しく利用しましょう。

 




一方、食べることを控えた方が良いのはアルコール飲料や糖分の多い食べ物。

食べ過ぎには十分注意して下さい。

せっかく摂取したビタミンを壊してしまいます。

以上の対処法を試しても、口内炎が口の中全体や唇にも広がっていたり、症状が10日以上経ってもなかなか治らなかったり、発熱や全身の倦怠感を伴う場合には、医療機関で診てもらう必要があります。

歯科・口腔外科や耳鼻咽喉科を受診しましょう。

口内炎の原因は免疫力の低下から細菌の繁殖まで、様々です。

その症状が軽い場合には、生活習慣、特に食生活の改善を心がけ、様子を見ましょう。

長期間治らない時や口全体に広がるほど症状が深刻であれば医療機関で治療を受けましょう。

口内炎の原因、場所・治し方まとめ

・細菌やウイルスの侵入は、口の中は普段の生活において食事をしたり、呼吸をしたり、会話をしたりすることから、常に外部と接しています。
したがって細菌やウイルス等が付着する可能性が極めて高い。

・物理的刺激というのは、熱湯や温かい食べ物、薬品等を口の中い入れた時に感じる刺激、入れ歯などの矯正器具の接触、頬の内側を噛む癖等のことを指します。
こうした刺激が原因で口の中に傷ができて細菌が繁殖したり、赤く腫れたり、水疱ができたりします。
 

・3つの中で最も多く見られるのがストレスや疲労です。ストレスや疲労が溜まると免疫力を低下させ、栄養不足に陥ります。
特にビタミンB群、中でもビタミンB2・ビタミンB6が欠乏することで口内炎はできやすくなることはよく知られています。

・煙草を吸う人の場合はその煙草によって口内炎ができることがあります。喫煙の習慣から口の中が長時間熱にさらされ、煙草に含まれるニコチンを口の中に入れると粘膜や下に白斑ができます。そのまま放っておくと癌になる恐れがありますので、煙草を吸う方はくれぐれも注意して下さい。
・主な治し方としては、抗炎症成分が配合されている医薬品を活用することがベストです。

特に「トラネキサム酸」「アズレンスルホン酸Na」が配合されている医薬品を活用するのが良いでしょう。
 

・ビタミンB2は豚肉に、ビタミンB6は青魚に多く含まれています。積極的に食べるようにしましょう。
食べることを控えた方が良いのはアルコール飲料や糖分の多い食べ物。食べ過ぎには十分注意して下さい。
せっかく摂取したビタミンを壊してしまいます。

・口内炎が口の中全体や唇にも広がっていたり、症状が10日以上経ってもなかなか治らなかったり、発熱や全身の倦怠感を伴う場合には、医療機関で診てもらう必要があります。歯科・口腔外科や耳鼻咽喉科を受診しましょう。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1519/trackback

PAGE TOP