手荒れ治らない原因とかゆみについて中々治らない人必見

手荒れ治らないメニュー

手荒れ治らない原因

手荒れ治らないかゆい

手荒れ治らないまとめ

手荒れ治らない原因

手荒れに悩む人は多いはずです。

特に水仕事をしている人は慢性的に荒れてしまうこともあり、程度によっては痛みも感じてしまう場合もあります。

対策として保湿クリームを塗るなりしている人も多いですが、それでも治らないのはどのような原因が考えられるのでしょう。

原因としてはまず対策の仕方が良くないからです。

特に保湿クリームだけで対策をしている場合は注意した方が良いでしょう。

軽度から中度くらいまでの症状なら十分な場合があるのですが、しかしながら重度の場合ですと効果が望めないことがあります。

むしろ保湿クリームに含まれる成分によって刺激にすらなってしまうことも多く、逆に治りを悪くしていることも考えられます。

もし重度の場合は薬による対策も検討した方が良いでしょう。

 

できれば皮膚科へ行って相談をするのが理想的ですが、市販の薬でも効果が見られるかもしれません。

症状を悪化させる生活習慣も治りを悪くする原因のひとつです。

例えば水仕事をする際にも素手で行うのは良くありません。

特に石鹸や洗剤を使用する場合や熱いお湯に触れてしまうと乾燥も進み治りが遅くなります。

徹底して手を保護することが大切ですので、手洗い以外の時は手袋をきちんと使用して対策を行うようにしましょう。

 

スポンサードリンク



 
ストレスを溜め込んでしまうのも要注意です。

仕事や育児などでストレスを溜めている人も多いですが、ストレスは自律神経を乱す原因になります。

すると抵抗力や免疫力が低下しますし、肌も敏感になってしまうのです。

そうした状態ですと手に掛かる負担も大きくなりますので治りが遅くなるのも無理はありません。

ただストレスを無くすことは難しいですから、せめて適度な運動や十分な睡眠時間を心掛けるなどしてリフレッシュすることが大切です。

手荒れ治らないかゆい

治らない手荒れによってかゆみが出てしまうことがあります。

かゆみはやはり気になるものですが、症状を悪化させないためにもやってはいけないこともあるのです。

特に大事なのが掻かないようにすることです。

かゆいと掻きむしりたくなる衝動に駆られるかもしれませんが、刺激を与えてしまうと治りを悪くします。

また、もし水疱ができているほどの状態ですと、それを破ってしまい雑菌が侵入する恐れもあります。

余計に症状がひどくなりますから注意しましょう。

かゆみが気になる時でも、基本的には我慢をしたり薬で良くなるのを待つようにすることが大切ですが、どうしても我慢ができない時もあるはずです。

 

そういった時に使えるテクニックもあります。

ひとつは冷やすことなのですが、例えば保冷剤や水を張った洗面器に手を入れておきます。

するとかゆみを伝える知覚神経を抑制できますから我慢をしやすくなるはずです。

ただ、冷水ですと乾燥がひどくなってしまう恐れもあるため、できれば保冷剤を利用した方が良いでしょう。

また、保冷剤にしても直接手で持つのではなく、ハンカチやタオルなどに包んで使用した方が安心です。

ちなみに反対に温めると余計にかゆくなりますので、例えば暖房をきかせ過ぎるなどには注意しましょう。

 

かゆみ止め効果のある薬を用いるのも効果的です。

市販薬でも炎症を軽減してくれる働きを持つ物もありますから常備しておくと安心と言えます。

また、ステロイドが無配合の物もあるため、不安がある人でも安心して使用できます。

かゆみがある時にはこうした方法で対処することが可能です。

とにかくかゆいからと掻いてしまうのが一番良くありませんので、適切に対処して少しでも早く良くなるように努めましょう。

 

スポンサードリンク



 

手荒れ治らないまとめ

・保湿クリームだけで対策をしている場合は注意した方が良いでしょう。

軽度から中度くらいまでの症状なら十分な場合があるのですが、しかしながら重度の場合ですと効果が望めないことがあります。

むしろ保湿クリームに含まれる成分によって刺激にすらなってしまうことも多く、逆に治りを悪くしていることも考えられます。
できれば皮膚科へ行って相談をするのが理想的ですが、市販の薬でも効果が見られるかもしれません。
症状を悪化させる生活習慣も治りを悪くする原因のひとつです。

 

・例えば水仕事をする際にも素手で行うのは良くありません。

特に石鹸や洗剤を使用する場合や熱いお湯に触れてしまうと乾燥も進み治りが遅くなります。

徹底して手を保護することが大切ですので、手洗い以外の時は手袋をきちんと使用して対策を行うようにしましょう。

 

・ストレスを溜め込んでしまうのも要注意です。

仕事や育児などでストレスを溜めている人も多いですが、ストレスは自律神経を乱す原因になります。

すると抵抗力や免疫力が低下しますし、肌も敏感になってしまうのです。

そうした状態ですと手に掛かる負担も大きくなりますので治りが遅くなるのも無理はありません。

 

・治らない手荒れによってかゆみが出てしまうことがあります。
特に大事なのが掻かないようにすることです。

かゆいと掻きむしりたくなる衝動に駆られるかもしれませんが、刺激を与えてしまうと治りを悪くします。

かゆみが気になる時でも、基本的には我慢をしたり薬で良くなるのを待つようにすることが大切ですが、どうしても我慢ができない時もあるはずです。

ひとつは冷やすことなのですが、例えば保冷剤や水を張った洗面器に手を入れておきます。

するとかゆみを伝える知覚神経を抑制できますから我慢をしやすくなるはずです。

ただ、冷水ですと乾燥がひどくなってしまう恐れもあるため、できれば保冷剤を利用した方が良いでしょう。

ちなみに反対に温めると余計にかゆくなりますので、例えば暖房をきかせ過ぎるなどには注意しましょう。

 

・かゆみ止め効果のある薬を用いるのも効果的です。

市販薬でも炎症を軽減してくれる働きを持つ物もありますから常備しておくと安心と言えます。

また、ステロイドが無配合の物もあるため、不安がある人でも安心して使用できます。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1510/trackback

PAGE TOP