加齢臭の原因と女性対策、名前は資生堂がつけた?!

加齢臭について

加齢臭とは、一定の年齢を越えた方々の体から
よく発せられる、あまり好ましくない臭いのことです。

その臭いには独特のものがあり、
特に思春期の娘さんを持ったお父さんなどは、
加齢臭が原因で娘さんから敬遠されることも
少なくないようです。

 

年齢に関して言いますと、
一般的な傾向としては、40歳を越えたあたりから
加齢臭が強くなり始めます。

 

ちなみに、加齢臭=中高年男性、というのが
世間的なイメージとなっていますが、
実際にはそのようなことはなく、
中高年女性の体からも加齢臭は発せられます。

加齢臭は決して好ましい臭いではありませんので、
その対策に頭を悩ませていらっしゃる方も多いです。

そのため、
加齢臭をケアするための製品なども開発されています。

 

 

加齢臭 目次

加齢臭について
加齢臭の原因ついて
加齢臭 対策 予防(石鹸、シャンプー)
加齢臭 女性について

 

 

加齢臭の原因ついて

加齢臭の原因となる物質が突き止められたのは、
比較的、最近のことです。

しかも発見したのは、あの有名な日本の会社なのです。

去る1999年、日本の資生堂が、
加齢臭の直接の原因はノネナールだと突き止めました。

 

ちなみに、この臭いのことを加齢臭と
名付けたのも資生堂だと言われています。

ノネナールとは、体の皮脂の中の、
ある成分が変化して発生する物質の名前です。

皮脂とは人体から分泌される油のようなものです。

 

この皮脂の中のある成分が他の成分によって
化学変化を起こしてノネナールになり、
加齢臭の原因となってしまうのです。

ちなみに、加齢臭が40歳を越えたあたりから
強くなり始めるのは、こういった成分の量が、
40歳を越えるあたりで急激に増え始めるからです。

 

なお、加齢臭には人体から直接臭うものと
衣服から臭うものがありますが、
どちらもノネナールが原因であることに
変わりはありません。

ノネナールが人体に付いているか、
それとも皮脂汚れと一緒に衣服に
こびりついているかの違いだけです。

 

 
スポンサードリンク


 

 

加齢臭 対策 予防(石鹸、シャンプー)

加齢臭の原因はノネナールですが、
皮脂の中の成分がノネナールに変化するのを
止めることはできません。

ですから加齢臭の対策としましては、
まずは皮脂の量が多くなりすぎないよう、
注意することです。

具体的にはお風呂にこまめに入り、
分泌された皮脂が体に残り過ぎないようにします。

  

 

 

体に残る皮脂の量を減らすことで、
ノネナールの発生を最近では加齢臭に対応した石鹸や
シャンプーなども発売されていますので、
加齢臭が強すぎる場合には、
そちらを活用されるのもよいでしょう。

ちなみに加齢臭の発生は
体のどの部分でも起こり得ますので、
洗い残しがないよう、注意することが必要です。

 

また、お風呂の時だけでなく、
普段から顔や首筋などの脂を拭き取ることも大切です。
とにかく皮脂が多くなりすぎないようにすることが、
ノネナールを減らすための第一歩なのです。

なお、つい忘れてしまいがちですが、
加齢臭は衣服にこびりついている場合もあります。

 

そのままにしておきますと、
いくら体のケアをしても、衣服が原因で
加齢臭がするということにもなりかねません。

きちんと加齢臭対策を行なっているはずなのに
なかなか改善されないという場合には、
衣服をクリーニングに出すことをおすすめします。

 

 

加齢臭 女性について

加齢臭は男性にも女性にも発生しますので、
当然のことながら、女性の方でも注意が必要です。

もちろん、臭いの強さ自体は、
一般的には男性の加齢臭の方が強烈で、
女性の加齢臭はそれほどでもない場合が多いです。

これは男性と女性とでは、
分泌される皮脂の量が違うためです。

 

加齢臭の原因となっているノネナールは
皮脂の中の成分が変化して発生しますから、
皮脂の量が多ければノネナールも多くなりやすく、
皮脂の量が少なければ
ノネナールも少なくなりがちなのです。

とは言いましても、
女性の方が加齢臭を全く気にしなくて
よいというわけではありません。

 

夏などには皮脂の量も多くなりますし、
また、女性同士の付き合いでも、
臭いには特に気を付けておきたいものです。

シャンプーやボディーソープの活用は当然として、
気になる方は外出時に、加齢臭用の制汗剤を
お使いになってみるのもよいでしょう。

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/151/trackback

PAGE TOP