橋本病、原因ストレス・食事改善について

橋本病、原因メニュー

橋本病、原因ストレスについて

橋本病、原因、食事改善について

橋本病、原因まとめ

橋本病、原因ストレスについて

「橋本病」とは甲状腺に炎症を引き起こさせる病気を指しています。

別名で「慢性甲状腺炎」とも呼ばれており、甲状腺が炎症になった事で機能を低下させて様々な異常や症状を発生させるところが特徴的ですが、炎症の原因がウィルスや細菌など外部の病原体ではないところも特徴的です。

この病気の元になっている炎症、それを引き起こしているのは自己免疫として働くリンパ球たちだと言われています。

つまり自分が自分を攻撃しているというわけです。

いわゆる「自己免疫疾患」という免疫の暴走状態に当てはまりますが、その原因はストレスだと言われています。

疾患者の性別や年代を比較すると30代から40代の女性が数多く、また児童といった年頃の発症が稀であるあたり、因果関係は明らかです。

 




 

実際に橋本病を発症した後でストレスを抱えた患者は症状を悪化させたという報告はされており、自覚していないストレスとしてホルモンや環境の変化も原因として考えられています。

ところで「橋本病」の症状についてですが、この病気の症状は多種多様です。

疲労感や寒さ、体重増加に声のかすれといった全体的な症状に低体温、顔のむくみに喉の異常、甲状腺の腫れ、無気力につきまとう眠気、物忘れ、息切れや脈の異常などの循環器に関する異常や便秘や食欲低下など消化器に関する異常、汗の分泌が不可能になったり脱毛したりなどもあります。

さらには挙げられる症状としては筋力の低下に脱力感、月経不順に月経過多、コレステロールの上昇や肝機能障害などです。

ちなみに「橋本病」とは、1912年にこの病気に関する論文をドイツの医学誌で発表した九州大学の外科医だった橋本策博士の名前にちなんで名づけられました。

橋本病、原因、食事改善について

橋本病の症状を改善するには食事改善と適切な運動、そしてストレスのない生活を送るようにする事が一番です。

原因がホルモンバランスの崩れや環境の変化に対する敏感な反応、そして過剰なストレスである限り、生活を改善する事が適切な対応だといっても過言ではありません。

もちろん効果的な方法として甲状腺ホルモン薬や手術、漢方などが挙げられますが、自己免疫が暴走している以上、免疫システムを落ち着かせる必要があります。

そのため短期間ではなく長期間による治療を考慮して生活のリズムを変えていった方が最善だというわけです。

 

そういった意味では漢方薬も効果的ですが、すぐにでも出来る対応はやはり食事改善であります。

甲状腺に異常を起こしている体にとって良い食べ物を口にするだけですが、もちろん「何となくヘルシーな食べ物」だけを選んでよいわけではありません。

甲状腺に異常を起こしている体にとって良い食べ物はまず玄米や蕎麦といった未精白穀物やそれを用いたもの、エネルギーのために必要なビタミンB群が含まれているマグロやサバ、大豆にピーナッツが挙げられます。

それから異常な状態になった甲状腺に良いとされている亜鉛が含まれている牡蠣や納豆、アーモンドもおすすめです。

さらに代謝の促進と体の活性の効果があるショウガとニンニク、皮膚や粘膜など体の様々な部位の健康に関わるビタミンAの摂取も欠かせません。

ビタミンAが含まれている食べ物としてカボチャやホウレン草、人参、うなぎ、小松菜が挙げられます。

なおヨウ素が豊富な海藻類も悪くありませんが、過剰に摂取すると甲状腺の機能を低下させて症状を悪化させてしまうリスクがあるので口にする時は気をつけなくてはなりません。

橋本病、原因まとめ

・「橋本病」とは甲状腺に炎症を引き起こさせる病気を指しています。

別名で「慢性甲状腺炎」とも呼ばれており、甲状腺が炎症になった事で機能を低下させて様々な異常や症状を発生させるところが特徴的ですが、炎症の原因がウィルスや細菌など外部の病原体ではないところも特徴的です。

この病気の元になっている炎症、それを引き起こしているのは自己免疫として働くリンパ球たちだと言われています。

 

・「橋本病」の症状についてですが、この病気の症状は多種多様です。

疲労感や寒さ、体重増加に声のかすれといった全体的な症状に低体温、顔のむくみに喉の異常、甲状腺の腫れ、無気力につきまとう眠気、物忘れ、息切れや脈の異常などの循環器に関する異常や便秘や食欲低下など消化器に関する異常、汗の分泌が不可能になったり脱毛したりなどもあります。

さらには挙げられる症状としては筋力の低下に脱力感、月経不順に月経過多、コレステロールの上昇や肝機能障害などです。

 

・橋本病の症状を改善するには食事改善と適切な運動、そしてストレスのない生活を送るようにする事が一番です。

原因がホルモンバランスの崩れや環境の変化に対する敏感な反応、そして過剰なストレスである限り、生活を改善する事が適切な対応だといっても過言ではありません。

 

・甲状腺ホルモン薬や手術、漢方などが挙げられますが、自己免疫が暴走している以上、免疫システムを落ち着かせる必要があります。

・漢方薬も効果的ですが、すぐにでも出来る対応はやはり食事改善であります。

・甲状腺に異常を起こしている体にとって良い食べ物はまず玄米や蕎麦といった未精白穀物やそれを用いたもの、エネルギーのために必要なビタミンB群が含まれているマグロやサバ、大豆にピーナッツが挙げられます。

それから異常な状態になった甲状腺に良いとされている亜鉛が含まれている牡蠣や納豆、アーモンドもおすすめです。

さらに代謝の促進と体の活性の効果があるショウガとニンニク、皮膚や粘膜など体の様々な部位の健康に関わるビタミンAの摂取も欠かせません。

ビタミンAが含まれている食べ物としてカボチャやホウレン草、人参、うなぎ、小松菜が挙げられます。

なおヨウ素が豊富な海藻類も悪くありませんが、過剰に摂取すると甲状腺の機能を低下させて症状を悪化させてしまうリスクがあるので口にする時は気をつけなくてはなりません。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1505/trackback

PAGE TOP