目の下のクマの治し方、色素沈着・茶色クマまとめ

目の下のクマの治し方メニュー

目の下のクマの治し方、色素沈着について

目の下のクマの治し方、茶色について

目の下のクマの治し方まとめ

目の下のクマの治し方、色素沈着について

目の下のクマは色々な要因でできますが、大抵は寝不足や加齢によるシワ、たるみなどが関係しています。

また、あまり知られてはいませんが色素沈着によってもクマが引き起こされることがあり、その場合はくすんだ濃い茶色になっています。

色素沈着が原因の場合、肌中で大量にメラニン色素が増えてしまったことが引き金になっていますので、まずは紫外線対策をしっかりと行うことが大切です。

新たな刺激を受けて生成量が増えたままでは、いくら効果的なケアを行っても一向に成果が現れません。

紫外線対策では、日焼け止めクリームやUVカット機能を持つファンデーションを使うだけでなく、日傘などで物理的にカットすることも大切です。

 




 

帽子を利用する場合には、できるだけ顔がすっぽりと覆われるものを利用します。

紫外線対策を徹底した上での治し方ですが、まずは乾燥が大事なので保湿効果の高いクリームでケアを行います。

乾燥すると外的刺激からの影響を強く受けるようになり、肌中のメラニンの生成量も増えてしまいます。

保湿効果の高いアイクリームを使用すれば、バリア機能が強化されて外的刺激をあまり受けずに済みます。

また、ビタミンC誘導体のようにメラニンを還元する作用を持つクリームを使うのもオススメです。

ビタミンC誘導体は肌にスムーズに浸透しますし、浸透した後に肌中で生成されたメラニンを体の外へと排出してくれます。

還元作用を持つ成分でもあり、今後メラニンが生成されないようにという予防にもなる成分ですので、色素沈着への対策として非常に優秀です。

ターンオーバーが鈍っている時にはターンオーバーを高めるケアも必要です。

成分としてはレチノールやプラセンタ、酵母エキスなどが有効です。

目の下のクマの治し方、茶色について

茶色い目の下のクマは、紫外線によるシミか摩擦などによる色素沈着、乾燥や加齢によるくすみが主な原因として考えられます。

自分がどの原因に当てはまるのかを考えれば、自ずと治し方は見えてきます。

摩擦が原因の人は、日頃から目をゴシゴシとこすってしまうことが多いので、意識してこすらないようにすることが大切です。

普段からアイメイクをしている人は、落とす時に摩擦を与えている可能性があります。

アイメイクを一時中断したり、簡単に落とせるようなコスメを利用したりと工夫できるポイントはたくさんありますので、洗う時に刺激を与えないことが何より大切です。

乾燥や加齢によるくすみは多くの人に見られる症状です。

顔全体はそれほど乾燥していたのに、目元や口元周辺だけ乾燥していることもあります。

 




 

目のまわりは他の部分と比べると皮膚が薄くて水分を溜め込んでおく働きが弱いので、どうしても乾燥しがちになります。

その場合はしっかりと保湿を行うことが重要であり、目元専用のクリームなどを使うのが効果的です。

茶色いクマにはピーリングもよく効きます。

ただし洗う時にピーリングを行うのは刺激が心配ですので、ローションタイプのピーリング剤を優しくつけるのがオススメです。

家庭用のピーリング剤はそれほど強い働きを持ちませんが、根気良くケアを続けていくうちに少しずつ透明感が戻ります。

細かに散らばっているシミなども改善できるくらいですので、薄茶色になった目元も美白が行えます。

ピーリングを行う時に一つだけ注意しなければならないのが、ローションをつけてからこすらないことです。

ただでさえ刺激があるものですので、こすってしまったらメラニン色素が増えてしまいます。

目の下のクマの治し方まとめ

・目の下のクマは色々な要因でできますが、大抵は寝不足や加齢によるシワ、たるみなどが関係しています。

・色素沈着が原因の場合、肌中で大量にメラニン色素が増えてしまったことが引き金になっていますので、まずは紫外線対策をしっかりと行うことが大切です。

 

・紫外線対策では、日焼け止めクリームやUVカット機能を持つファンデーションを使うだけでなく、日傘などで物理的にカットすることも大切です。

紫外線対策を徹底した上での治し方ですが、まずは乾燥が大事なので保湿効果の高いクリームでケアを行います。

ビタミンC誘導体は肌にスムーズに浸透しますし、浸透した後に肌中で生成されたメラニンを体の外へと排出してくれます。

ターンオーバーが鈍っている時にはターンオーバーを高めるケアも必要です。

成分としてはレチノールやプラセンタ、酵母エキスなどが有効です。

 

・茶色い目の下のクマは、紫外線によるシミか摩擦などによる色素沈着、乾燥や加齢によるくすみが主な原因として考えられます。

・茶色いクマにはピーリングもよく効きます。

ただし洗う時にピーリングを行うのは刺激が心配ですので、ローションタイプのピーリング剤を優しくつけるのがオススメです。

家庭用のピーリング剤はそれほど強い働きを持ちませんが、根気良くケアを続けていくうちに少しずつ透明感が戻ります。

細かに散らばっているシミなども改善できるくらいですので、薄茶色になった目元も美白が行えます。
ピーリングを行う時に一つだけ注意しなければならないのが、ローションをつけてからこすらないことです。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1496/trackback

PAGE TOP