目の下のクマの原因、内臓、子供まとめ

目の下のクマの原因メニュー

目の下のクマの原因、内臓について

目の下のクマの原因、子供について

目の下のクマの原因まとめ

目の下のクマの原因、内臓について

目の下のクマが青いクマの場合、内臓が原因となって起こっている場合があります。

内臓の中でも腎臓が原因となって起こっているのです。

腎臓は身体の浄化作用を行う重要な臓器です。

少しの悪影響では機能停止しないように、予備能力がたくさん備わっているのですが、それが仇となり疲労していても自覚症状が出にくい臓器なのです。

腎臓には水分調節機能があります。

腎臓は尿を作る臓器ですが、摂取した食べ物や飲み物に含まれる水分は、胃や腸などの消化器官を通過しながら血液へ吸収されます。

その際に余分な水分は血液が腎臓を通るときに吸収されて、そこから膀胱へと溜められ、一定以上溜まると尿として排出されます。

この機能が上手く行かなくなると、身体の中の余分な水分は身体の細胞に染み出していきます。

 




これがむくみになって現れてきます。

むくみが起きている状態では血管の中の血液も過剰になって渋滞を起こしている状態です。

目の下は皮膚が薄く、毛細血管がたくさん張り巡らされているので、流れが滞った毛細血管は太くなって、青く透けて見えるようになります。

この状態が水分調節機能が低下してでてくるクマということになります。

腎臓の機能のひとつに、血液のろ過というのがあります。

血液が腎臓を通る際に、必要のない物質を分別してくれる機能のことです。

 

腎臓は血圧を調整するホルモンも分泌しているので、腎臓に流れる血液の量が減ったり血圧が低くなると、腎臓はホルモンを出して血圧を保つ努力をします。

ナトリウムの濃度を保つことは血圧を保つことに関係しています。

腎機能が悪くなるとナトリウムの排泄がうまくいかなくなり、高血圧になってしまいます。

血液の色が黒っぽくなってしまうことから、これもクマの原因のひとつになってしまいます。

目の下のクマの原因、子供について

子供の目の下のクマの原因ですが、眼輪筋が正常に動いていないので出来てしまうことがあります。

筋肉は収縮を繰り返すと筋肉の中にある静脈血を静脈側へと押し出します。

眼輪筋の筋肉が正常に動いていないと血行不良になってしまうのです。

血行不良は赤ちゃんでもなるので、子供の目の下のクマの原因であると考えることが出来ます。

栄養バランスが悪く鉄分が不足した状態になるとクマが出ることもあります。

 

鉄欠乏性貧血の場合は、体内の鉄分が不足すると赤血球内のヘモグロビンの量が減少してしまいます。

ヘモグロビンは細胞に酸素を届ける役割をもっているので、不足すると細胞が酸欠してしまいます。

疲労、めまい、立ちくらみ、動悸、息切れといった症状も出てしまいます。

テレビの見過ぎやゲームのし過ぎ、スマホの見すぎなどによってドライアイを引き起こし、それがクマの原因になっていることも考えられます。

眼の使いすぎに注意をしてあげることも大切ですが、意識的にまばたきをするように指導しましょう。

 

生まれつき皮膚が薄く肌の色が白いので目立ってしまう子供もいます。

アトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎などによる場合も考えられます。

眼の周りは顔の中でも皮膚の薄い部分ですので非常にデリケートです。

アトピー性皮膚炎などによってかゆくて目元を強くこすってしまうと、その刺激によって色素沈着をしてしまうことがあります。

花粉症皮膚炎のケースは、目の周りにアレルゲンである花粉・ハウスダストなどが付着することで炎症をおこし、クマが出来やすくなってしまいます。

子供は大人と違ってかゆみを我慢することが出来ないので、早めに医療機関を受診して皮膚炎やアレルギーの治療を行うようにしましょう。

目の下のクマの原因まとめ

・目の下のクマが青いクマの場合、内臓が原因となって起こっている場合があります。
内臓の中でも腎臓が原因となって起こっているのです。
腎臓は身体の浄化作用を行う重要な臓器です。

 

・腎臓には水分調節機能があります。
腎臓は尿を作る臓器ですが、摂取した食べ物や飲み物に含まれる水分は、胃や腸などの消化器官を通過しながら血液へ吸収されます。

その際に余分な水分は血液が腎臓を通るときに吸収されて、そこから膀胱へと溜められ、一定以上溜まると尿として排出されます。

この機能が上手く行かなくなると、身体の中の余分な水分は身体の細胞に染み出していきます。

 

・むくみが起きている状態では血管の中の血液も過剰になって渋滞を起こしている状態です。

目の下は皮膚が薄く、毛細血管がたくさん張り巡らされているので、流れが滞った毛細血管は太くなって、青く透けて見えるようになります。

この状態が水分調節機能が低下してでてくるクマということになります。

 

・ナトリウムの濃度を保つことは血圧を保つことに関係しています。

腎機能が悪くなるとナトリウムの排泄がうまくいかなくなり、高血圧になってしまいます。

血液の色が黒っぽくなってしまうことから、これもクマの原因のひとつになってしまいます。

 

・子供の目の下のクマの原因ですが、眼輪筋が正常に動いていないので出来てしまうことがあります。

・血行不良は赤ちゃんでもなるので、子供の目の下のクマの原因であると考えることが出来ます。

栄養バランスが悪く鉄分が不足した状態になるとクマが出ることもあります。

鉄欠乏性貧血の場合は、体内の鉄分が不足すると赤血球内のヘモグロビンの量が減少してしまいます。

ヘモグロビンは細胞に酸素を届ける役割をもっているので、不足すると細胞が酸欠してしまいます。

疲労、めまい、立ちくらみ、動悸、息切れといった症状も出てしまいます。

 

・アトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎などによる場合も考えられます。

眼の周りは顔の中でも皮膚の薄い部分ですので非常にデリケートです。

アトピー性皮膚炎などによってかゆくて目元を強くこすってしまうと、その刺激によって色素沈着をしてしまうことがあります。

花粉症皮膚炎のケースは、目の周りにアレルゲンである花粉・ハウスダストなどが付着することで炎症をおこし、クマが出来やすくなってしまいます。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1492/trackback

PAGE TOP