外痔核の治し方まとめ、ボラギノールと自然方法について

外痔核の治し方メニュー

外痔核の治し方、ボラギノールについて

外痔核の治し方、自然について

外痔核の治し方まとめ

外痔核の治し方、ボラギノールについて

痔の中でも比較的治療が行いやすいといわれているのが外痔核です。

なぜ治療がしやすいのかというと、外側にできるので目で状態を確認することができるからです。

肛門付近にいぼのようなものができるので、とても強い痛みを感じますが特別な治療が必要になることはあまり多くはありません。

そんな外痔核は自分でも治すことができるとされています。

なぜならいぼの正体は血豆のようなもので、体に悪影響が無いからです。

ですが座った時に座面と接するなどすれば痛みも強いですし、何かと不都合を感じやすいデメリットも多いのです。

 




症状としては触った時の痛みのみで、部位を確認すると赤黒くなっています。

ですが自分の目で確認するのが難しい部分にできやすいため、症状だけでは肛門の内側にできたいぼと勘違いしてしまうケースもあるのです。

内側にできたいぼと勘違いして肛門の中にいぼを戻そうとすると、激しい痛みを伴いますが本来は外側にできたものであるためすぐに戻ってしまいます。

そのため外痔核であると確認できた時は、あまり触らず患部を圧迫しないようにして治していきます。

ボラギノールの軟膏も有効で、薬の作用で痛みを軽減させることができます。

 

ボラギノールを使っての治し方としては、直接患部に軟膏を塗る方法になります。

ですが軟膏の成分が下着に付着しやすいため、気になる方はその後ガーゼ等で覆います。

ボラギノールにはステロイドが配合されたタイプと配合されていないタイプが販売されています。

出血や痛みが酷い時にはステロイドが配合されているタイプの方が効き目がいいのですが、長期間の使用は注意しなければなりません。

一日に数回使用していると徐々に外痔核が小さくなっていき、症状が緩和されます。

外痔核の治し方、自然について

外痔核は薬を使う方法の他にも、自然に治癒していく治し方があります。

外痔核は腫れている患部の中は血であるため、腫れの周囲の血行を改善することで、血の塊が溶けていきます。

そのため患部周辺の血行を改善するようにし、生活に注意すると早く治るようになります。

血行を改善するために患部を直接温めると、炎症が激しい時は逆効果になってしまいます。

突然出血したり痛みが強くなることもあるため、症状に合わせて行います。

効果的なのはお風呂で湯船に浸かってゆっくり体全体の血行を促す方法です。

この方法であれば患部以外の血行も改善されるので、より効果が出やすくなります。

そして症状を悪化させないためにも生活にも気をつける必要があります。

 




まず排便の際に長時間トイレに座っていきむことは症状の悪化につながるのでやめ、便通を整えるような食生活を心がけ水分もしっかり摂取するようにします。

また辛い食べ物など刺激が強い香辛料を使った食べ物もできるだけ食べないようにします。

これは便に含まれた刺激物が肛門付近を刺激してしまうからで、外痔核の痛みを増長させることに繋がるためです。

そして排便後はウォシュレット等を使い、清潔にすることも大切です。

ウォシュレットの水流で痛みを感じてしまう場合は、できるだけ水流を弱くしてそれでも難しい時はお風呂のシャワーで洗うなどの工夫をします。

 

何度もトイレットペーパーでこすって刺激を与えないように気をつけ、肛門の周辺はいつも清潔に保ちます。

外痔核は腫れが酷いと痛みも強くなってしまうので不安にもなりやすいですが、時間とともに徐々に腫れは治まっていきます。

ですが生活習慣に注意をしないと腫れは長引き繰り返し腫れることもあるため、できるだけ生活で気をつけて治していくことが大切です。

外痔核の治し方まとめ

・痔の中でも比較的治療が行いやすいといわれているのが外痔核です。

座った時に座面と接するなどすれば痛みも強いですし、何かと不都合を感じやすいデメリットも多いのです。

症状としては触った時の痛みのみで、部位を確認すると赤黒くなっています。

ボラギノールの軟膏も有効で、薬の作用で痛みを軽減させることができます。

ボラギノールを使っての治し方としては、直接患部に軟膏を塗る方法になります。

ボラギノールにはステロイドが配合されたタイプと配合されていないタイプが販売されています。

出血や痛みが酷い時にはステロイドが配合されているタイプの方が効き目がいいのですが、長期間の使用は注意しなければなりません。

一日に数回使用していると徐々に外痔核が小さくなっていき、症状が緩和されます。

 

・外痔核は薬を使う方法の他にも、自然に治癒していく治し方があります。

外痔核は腫れている患部の中は血であるため、腫れの周囲の血行を改善することで、血の塊が溶けていきます。

そのため患部周辺の血行を改善するようにし、生活に注意すると早く治るようになります。
血行を改善するために患部を直接温めると、炎症が激しい時は逆効果になってしまいます。

突然出血したり痛みが強くなることもあるため、症状に合わせて行います。

効果的なのはお風呂で湯船に浸かってゆっくり体全体の血行を促す方法です。

排便の際に長時間トイレに座っていきむことは症状の悪化につながるのでやめ、便通を整えるような食生活を心がけ水分もしっかり摂取するようにします。

 

また辛い食べ物など刺激が強い香辛料を使った食べ物もできるだけ食べないようにします。

これは便に含まれた刺激物が肛門付近を刺激してしまうからで、外痔核の痛みを増長させることに繋がるためです。

排便後はウォシュレット等を使い、清潔にすることも大切です。

ウォシュレットの水流で痛みを感じてしまう場合は、できるだけ水流を弱くしてそれでも難しい時はお風呂のシャワーで洗うなどの工夫をします。
何度もトイレットペーパーでこすって刺激を与えないように気をつけ、肛門の周辺はいつも清潔に保ちます。

外痔核は腫れが酷いと痛みも強くなってしまうので不安にもなりやすいですが、時間とともに徐々に腫れは治まっていきます。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1488/trackback

PAGE TOP