子宮頸がん症状、ステージ、出血まとめ

子宮頸がん症状、ステージメニュー

子宮頸がん症状、ステージについて

子宮頸がん症状、ステージ、出血について

子宮頸がん症状、ステージ、出血まとめ

子宮頸がん症状、ステージについて

子宮頸がんとは、子宮の入り口である子宮頚部に発生するがんです。

子宮の粘膜に発生したがん細胞は筋組織、さらに骨盤の中へ広がり、直腸や肺、膀胱にも転移していきます。

がんが小さければ小さいほど治療も短期間ですみ、体への負担も軽くなり、寛解の可能性もずっと高まります。

子宮頸がんは、がんがある程度進行するまで症状があらわれません。

 

異形成という前がん状態を経て本物のがん細胞に進行することが知られており、軽度の場合は自然に消えることが多く、異常な細胞が増えた高度の異形成は子宮頸がんに進行する可能性が高まります。

発症してからは、具体的に、性交渉の際に出血する、生理に関係のない出血がある、茶色・悪臭を伴うおりものが増える、下腹部や腰に痛みが生じる、などの症状が見られます。

 




ステージとは、がんの進行の程度を表す言葉です。

子宮頸がんのステージは0~Ⅳ期に分類され、他のがんと比べて細かく分かれています。

数字が大きくなるほどがんは進行しており、治療法も限られてきます。

Ⅰ期は「がんが子宮頚部のみに限局しており、他の部位には広がっていない」段階を示します。

また、浸潤の程度によりIA期・IB期、さらにその中でも細かく分類されます。

Ⅱ期は「がんが子宮頚部以外にも広がっているが、骨盤壁若しくは膣壁の下3分の1には達していない」段階です。

Ⅰ期同様、進行具合に応じてさらに細分化されます。

 

Ⅲ期は「がんは骨盤壁まで達するもので、がんと骨盤壁との間にがんでない部分を持たない、または膣壁の浸潤が下方部3分の1に達する」状態を示します。

ここからは手術が難しくなり、一般的には化学療法と放射線を同時併用する治療が行われます。

Ⅳ期は「がんが小骨盤腔を越えて広がるか、膀胱・直腸の粘膜に広がっている」段階を示します。

手術はもちろんのこと、あらゆる治療が難しくなり、緩和ケアや対症療法、延命目的の化学療法などが行われます。

子宮頸がん症状、ステージ、出血について

子宮頸がんが発生した際に体が出す唯一のサインとして「月経異常・不正出血」があります。

ただし、月経の期間や周期が長引く、経血の量が増えるといった異常も、月経不順と症状が似通っており、見過ごされるケースは少なくありません。

また、異常として認識するには量が少なかったり、生理中でもないのにナプキンでは間に合わないほどの大量出血まで、その血液の量や頻度は様々だと言われています。

それでは、どのような症状が出ればがんの進行を疑えばよいのでしょうか。

 




子宮頸がんの出血は、個人差があるものの、おりものに血が混ざる程度、もしくは茶褐色・黒っぽい色をしていると言われています。

また、普通の血液臭とは違う、少し臭さのある悪臭がするのも特徴のひとつです。

子宮頸がんは、がんのステージが進行しない限り、症状が出現しない疾患です。

そのため、このような異常が見られた時点で、がんはかなり進行していると考えられます。

具体的には、不正出血が出現するのはステージⅡa期にあたり、がんは子宮頚部を超えて浸潤しているが、膣壁の下3分の1は超えていないという段階です。

 

つまり、子宮頚部以外にもがんが転移していく可能性が高まり、子宮を温存した治療も難しくなる時期ということになります。

この頃から5年生存率も65%にまで落ち込むとされています。

しかしながら、子宮頸がんは前がん状態の無症状の時から婦人科の診察や集団検診などで早期発見が可能です。

また、通常がんは年齢を重ねるにつれ発症率が上がるのに対し、発祥のピークが20~30代といわれています。

年齢に関係なく、経血の量が増えたり長引くなど、異変を感じたら早めに婦人科を受診することが大切です。

子宮頸がん症状、ステージ、出血まとめ

・子宮頸がんとは、子宮の入り口である子宮頚部に発生するがんです。

子宮の粘膜に発生したがん細胞は筋組織、さらに骨盤の中へ広がり、直腸や肺、膀胱にも転移していきます。

がんが小さければ小さいほど治療も短期間ですみ、体への負担も軽くなり、寛解の可能性もずっと高まります。

 

・子宮頸がんは、がんがある程度進行するまで症状があらわれません。

異形成という前がん状態を経て本物のがん細胞に進行することが知られており、軽度の場合は自然に消えることが多く、異常な細胞が増えた高度の異形成は子宮頸がんに進行する可能性が高まります。

発症してからは、具体的に、性交渉の際に出血する、生理に関係のない出血がある、茶色・悪臭を伴うおりものが増える、下腹部や腰に痛みが生じる、などの症状が見られます。

 

・ステージとは、がんの進行の程度を表す言葉です。

子宮頸がんのステージは0~Ⅳ期に分類され、他のがんと比べて細かく分かれています。

数字が大きくなるほどがんは進行しており、治療法も限られてきます。

Ⅰ期は「がんが子宮頚部のみに限局しており、他の部位には広がっていない」段階を示します。

また、浸潤の程度によりIA期・IB期、さらにその中でも細かく分類されます。

Ⅱ期は「がんが子宮頚部以外にも広がっているが、骨盤壁若しくは膣壁の下3分の1には達していない」段階です。

Ⅰ期同様、進行具合に応じてさらに細分化されます。

 

Ⅲ期は「がんは骨盤壁まで達するもので、がんと骨盤壁との間にがんでない部分を持たない、または膣壁の浸潤が下方部3分の1に達する」状態を示します。

ここからは手術が難しくなり、一般的には化学療法と放射線を同時併用する治療が行われます。

Ⅳ期は「がんが小骨盤腔を越えて広がるか、膀胱・直腸の粘膜に広がっている」段階を示します。

手術はもちろんのこと、あらゆる治療が難しくなり、緩和ケアや対症療法、延命目的の化学療法などが行われます。

 

・子宮頸がんが発生した際に体が出す唯一のサインとして「月経異常・不正出血」があります。

ただし、月経の期間や周期が長引く、経血の量が増えるといった異常も、月経不順と症状が似通っており、見過ごされるケースは少なくありません。

また、異常として認識するには量が少なかったり、生理中でもないのにナプキンでは間に合わないほどの大量出血まで、その血液の量や頻度は様々だと言われています。

 

・子宮頸がんの出血は、個人差があるものの、おりものに血が混ざる程度、もしくは茶褐色・黒っぽい色をしていると言われています。

また、普通の血液臭とは違う、少し臭さのある悪臭がするのも特徴のひとつです。

具体的には、不正出血が出現するのはステージⅡa期にあたり、がんは子宮頚部を超えて浸潤しているが、膣壁の下3分の1は超えていないという段階です。

つまり、子宮頚部以外にもがんが転移していく可能性が高まり、子宮を温存した治療も難しくなる時期ということになります。

この頃から5年生存率も65%にまで落ち込むとされています。

子宮頸がんは前がん状態の無症状の時から婦人科の診察や集団検診などで早期発見が可能です。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1485/trackback

PAGE TOP