むくみをとる方法、水・飲み物・食べ物まとめ

むくみをとる方法メニュー

むくみをとる方法、水について

むくみをとる方法、飲み物について

むくみをとる方法、食べ物について

むくみをとる方法、水・飲み物・食べ物まとめ

むくみをとる方法、水について

むくみをとる方法の基本になるのは、体内で過剰に蓄積している水を動かして、体外へと排出させることです。

特に下半身の部分に蓄積しやすいのですが、基本的には全身に対してアプローチをして対処しなければいけません。

日常的に運動をしている人であれば、発汗によって水分が体外へと排出するため、むくみの問題に直面する可能性は低くなります。

ところが、運動する習慣もなければ、代謝も同時に鈍くなるため、むくみを発生しやすい状況が続くことになるわけです。

 




入浴を行う場合には、水の力を上手に利用して排出を進めることになります。

むくみをとる方法として成功させるために、シャワーだけでは不十分になることがあります。

暑い時期にはぬるま湯に入浴するだけでも、発汗や新陳代謝が促進して、次第にすっきりとした状態に変化していきます。

むくみをとる方法では、ツボ押しやマッサージで対処することも少なくありません。

ツボ押しをする場合には、経穴に対して刺激を与えることで、経絡を通じて気血の流れを促進させます。

お灸を使ってツボに刺激を加える場合には、熱の力も借りることができるため、発散させる力も強くなる仕組みです。

マッサージについては、入浴の後に行うことも理想的です。

むくみをとる方法、飲み物について

むくみをとる方法では、飲み物を使うことは昔から行われてきました。

むくみの原因になる水分を体内に取り込むわけですが、利尿や発汗を促進させることで、結果的にはむくみの状態が改善する仕組みです。

トマトジュースを使う場合には、豊富に含まれるカリウムによって利尿が促進するため、これが呼び水の働きをして余計な水分を発散させることになるわけです。

水分代謝を高めるために、大麦やハトムギを原料にする麦茶を飲むことも昔から行われてきました。

薬膳の分類では、大麦は体を冷やす食材になります。

夏場の暑い時期に麦茶を飲めば、体の火照りが和らいで利尿作用も促進します。

夏場には水分を摂りすぎる影響で、むくみで悩まされることも多いのですが、昔の人は麦茶を飲むことで対処していたことになります。

 




スイカも利尿作用がある食べ物ですから、ジュースにして飲むことも理にかなっています。

夏に旬を迎える野菜や果物にはカリウムが非常に多く含まれるため、これらをジュースにして飲むことは賢い知恵です。

むくみをとる方法では、青汁を使うことも行われている状況です。

青汁にはカリウムが豊富なだけでなく、代謝を促進させるための酵素やビタミンB群も大量に含まれているのが利点です。

むくみをとる方法、食べ物について

むくみをとる方法で食べ物を利用する場合にも、利水作用がある種類を選ぶことが基本です。

冬瓜は夏に旬を迎える野菜で、カリウムも多く含まれているのが特色です。

スイカなどのウリ科の果菜と同じで、食べれば利尿作用が促進するため、夏の終わりに体のむくみが残ってしまった場合にも使えます。

辛い食べ物の発汗作用を利用することも、むくみをとる方法の一つです。

四川料理の麻婆豆腐には、唐辛子や山椒などのスパイスが大量に含まれており、食べれば発汗作用で余計な水分が発散します。

キムチのように唐辛子と一緒に野菜を乳酸発酵させた食べ物を摂取すると、カプサイシンによる燃焼作用に加えて、豊富なビタミンやカリウムの恩恵も受けることができます。



生姜に含まれる辛味成分は、体内に入ると血流を促進させながら、発汗も促進させる力を持っています。

生姜は夏場に旬を迎えるため、この時期にむくみで困っている場合には、キュウリやトマトなどの夏野菜と一緒に食べてみてください。

こうすることで、辛味成分と一緒にカリウムも大量に摂取できます。

むくみをとる方法を実践するために、芋類を使うことも理にかなっています。

サツマイモやジャガイモにはカリウムが多いだけでなく、熱に強いビタミンCも多く含まれているのが特徴です。

むくみをとる方法、水・飲み物・食べ物まとめ

・むくみをとる方法の基本になるのは、体内で過剰に蓄積している水を動かして、体外へと排出させることです。
特に下半身の部分に蓄積しやすいのですが、基本的には全身に対してアプローチをして対処しなければいけません。

運動をしている人であれば、発汗によって水分が体外へと排出するため、むくみの問題に直面する可能性は低くなります。

暑い時期にはぬるま湯に入浴するだけでも、発汗や新陳代謝が促進して、次第にすっきりとした状態に変化していきます。

 

・むくみをとる方法では、ツボ押しやマッサージで対処することも少なくありません。

ツボ押しをする場合には、経穴に対して刺激を与えることで、経絡を通じて気血の流れを促進させます。

お灸を使ってツボに刺激を加える場合には、熱の力も借りることができるため、発散させる力も強くなる仕組みです。

マッサージについては、入浴の後に行うことも理想的です。

 

・むくみの原因になる水分を体内に取り込むわけですが、利尿や発汗を促進させることで、結果的にはむくみの状態が改善する仕組みです。

トマトジュースを使う場合には、豊富に含まれるカリウムによって利尿が促進するため、これが呼び水の働きをして余計な水分を発散させることになるわけです。

 

・水分代謝を高めるために、大麦やハトムギを原料にする麦茶を飲むことも昔から行われてきました。

薬膳の分類では、大麦は体を冷やす食材になります。

夏場の暑い時期に麦茶を飲めば、体の火照りが和らいで利尿作用も促進します。

 

・スイカも利尿作用がある食べ物ですから、ジュースにして飲むことも理にかなっています。

・青汁にはカリウムが豊富なだけでなく、代謝を促進させるための酵素やビタミンB群も大量に含まれているのが利点です。

・冬瓜は夏に旬を迎える野菜で、カリウムも多く含まれているのが特色です。

スイカなどのウリ科の果菜と同じで、食べれば利尿作用が促進するため、夏の終わりに体のむくみが残ってしまった場合にも使えます。

 

・四川料理の麻婆豆腐には、唐辛子や山椒などのスパイスが大量に含まれており、食べれば発汗作用で余計な水分が発散します。

キムチのように唐辛子と一緒に野菜を乳酸発酵させた食べ物を摂取すると、カプサイシンによる燃焼作用に加えて、豊富なビタミンやカリウムの恩恵も受けることができます。

 

・生姜に含まれる辛味成分は、体内に入ると血流を促進させながら、発汗も促進させる力を持っています。

生姜は夏場に旬を迎えるため、この時期にむくみで困っている場合には、キュウリやトマトなどの夏野菜と一緒に食べてみてください。

・サツマイモやジャガイモにはカリウムが多いだけでなく、熱に強いビタミンCも多く含まれているのが特徴です。
スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1459/trackback

PAGE TOP