痔・おしりの症状、かゆみ、痛みまとめ

痔・おしりの症状、かゆみ、痛みメニュー

痔・おしりの症状、かゆみについて

痔・おしりの症状、痛みについて

痔・おしりの症状、かゆみ、痛みまとめ

痔・おしりの症状、かゆみについて

痔になっている人の症状としては、なにもしていないのにかゆみを感じることがあります。

そのかゆみがどこから来ているのかというと、痔によって腸内から粘液が出てきてしまったり、出血をしたあとの血液がおしりにこびり付くことで、肌がかぶれてしまいかゆくなるのです。

そして、かゆいからといって、そのままかきむしってはしまうと、さらに症状が悪化してしまいます。

というのも、かいた手には目には見えないけれども雑菌がついています。

 

そしてかいた部分の皮膚は、少なからず見えない傷や肌荒れが生じるわけで、肌バリア機能が低下してしまっています。

そこに雑菌が侵入してしまうのです。

加えて、肌バリア機能が低下すれば、肌の中にある水分が蒸発して、乾燥が起こります。

これらのことにより炎症が引き起こされます。

炎症が起きれば、肥満細胞が刺激されてヒスタミンというかゆみを生み出す物質が放出されます。

結果として、症状が悪化するのです。

 




では、かゆくなったらどうすればよいのかというと、まずは温かいシャワーで、腸内から出る粘液や切れた部分から出る血液を洗い流し、お尻を清潔な状態にします。

その後、絶対にかきむしらないようにして、肌バリア機能を保つようにしておきます。

そうして、患部には手を触れないままの状態を続けていれば、やがてはかゆみは治まります。

それでも、耐えられないというのであれば、病院で診てもらい飲み薬や軟膏を処方してもらうと良いでしょう。

殺菌、止血といった作用で、おしりを清潔で健康的な状態に保つことが出来ます。

それに抗炎症作用がある飲み薬、軟膏であれば、ヒスタミンの分泌も抑えることが出来るので、症状が悪化することを防ぐことが出来ます。

痔・おしりの症状、痛みについて

痔で苦しむ人が訴える症状として、よくあるのがおしりの痛みです。

でもただ痛いといっても、全てが同じというわけではありません。

人によって痔の種類が異なりますから、痛みが出てくるプロセスも違うのです。

痔の種類を分別すると、切れているか、イボが出来ているか、化膿しているか、ということになります。

肛門が切れていれば、痛いのは当然のように思えますが、実は痛くない場合もあります。

というのも、肛門というのは非常に複雑な構造になっており、知覚神経が通っている場所と通っていない場所があります。

 

知覚神経が通っている場所が切れていれば痛いのですが、通っていなければ出血があっても痛みはほとんど感じません。

イボが出来る箇所には肛門内部と肛門外部の二種類がありますが、肛門内部であればやはり知覚神経がないので痛くないのですが、肛門外部であれば皮膚に知覚神経が通っていますから、イボが圧迫されたりして知覚神経に触れることで激しい痛みが生じます。

これをなんとかしたいのであれば、手術でイボとなっている部分を切除してしまうことが手っ取り早い解決方法です。

 




 

そして、化膿している状態というのは、肛門から直腸の入り口周辺に雑菌が繁殖して炎症が起きているために膿が出てしまっている状態です。

膿が溜まれば腫れてしまい、破れれば肛門から膿が出てきてしまいます。

膿が出てくると、熱が出てくるし痛むので速やかに治療をしていく必要があります。

自然に放置して治ることは難しいので、手術で化膿している部分を摘出したりして改善させていきます。

ちなみに、痔で痛いと思って市販の軟膏を塗っていたけれども、実は直腸や大腸のがんが原因だったということも時にはあります。

念のために病院で診てもらう方が良いでしょう。

痔・おしりの症状、かゆみ、痛みまとめ

・痔・おしりのかゆみは、どこから来ているのかというと、痔によって腸内から粘液が出てきてしまったり、出血をしたあとの血液がおしりにこびり付くことで、肌がかぶれてしまいかゆくなるのです。

 

・ゆくなったらどうすればよいのかというと、まずは温かいシャワーで、腸内から出る粘液や切れた部分から出る血液を洗い流し、お尻を清潔な状態にします。

絶対にかきむしらないようにして、肌バリア機能を保つようにしておきます。

それでも、耐えられないというのであれば、病院で診てもらい飲み薬や軟膏を処方してもらうと良いでしょう。

殺菌、止血といった作用で、おしりを清潔で健康的な状態に保つことが出来ます。

それに抗炎症作用がある飲み薬、軟膏であれば、ヒスタミンの分泌も抑えることが出来るので、症状が悪化することを防ぐことが出来ます。

 

・痔で苦しむ人が訴える症状として、よくあるのがおしりの痛みです。
痔の種類を分別すると、切れているか、イボが出来ているか、化膿しているか、ということになります。

・イボが出来る箇所には肛門内部と肛門外部の二種類がありますが、肛門内部であればやはり知覚神経がないので痛くないのですが、肛門外部であれば皮膚に知覚神経が通っていますから、イボが圧迫されたりして知覚神経に触れることで激しい痛みが生じます。

これをなんとかしたいのであれば、手術でイボとなっている部分を切除してしまうことが手っ取り早い解決方法です。

 

・化膿している状態というのは、肛門から直腸の入り口周辺に雑菌が繁殖して炎症が起きているために膿が出てしまっている状態です。

膿が溜まれば腫れてしまい、破れれば肛門から膿が出てきてしまいます。

膿が出てくると、熱が出てくるし痛むので速やかに治療をしていく必要があります。

自然に放置して治ることは難しいので、手術で化膿している部分を摘出したりして改善させていきます。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1449/trackback

PAGE TOP