夏風邪の原因、治し方まとめ

夏風邪の原因・治しかたメニュー

夏風邪について

夏風邪治しかた

夏風邪原因・治し方まとめ

夏風邪の原因について

風邪というと寒い季節や乾燥した時期にかかりやすいというイメージがあるかもしれませんが、夏風邪というように夏の暑い季節に風邪をひいてしまい、しかも長引いてしまうケースが多くあります。

原因として考えられるのは、冬の風邪と同じようにウィルスの感染によって起こります。

寒い季節や乾燥した時期のウィルスとは違って夏風邪の原因になるウィルスは高温多湿を好む傾向があります。

つまり冬の時期の風邪とはウィルスの種類が違うわけです。

ですから風邪の症状にも違いがあり、例えば冬の風邪と比べると夏風邪は高熱になる傾向があり、のどの痛みもひどくなるなど基本的に症状が重くなるケースが多くなります。

 

スポンサードリンク



夏風邪の原因となるウィルスはいくつかあるのですが、特に子供がかかりやすいものも多く症状も重症化する可能性もあるので注意が必要です。

まずプール風邪ともいわれるアデノウイルスというウィルスがあるのですが、名前からもわかる通りプールに入ることによって感染してしまう可能性があります。

高熱やのどの痛みといった症状がでる可能性が高くなります。

プール熱のほかにも小さな子供が感染しやすいエンテロウイルスは、喉の痛みや高熱、さらには発疹なども出てしまう可能性があるので注意が必要です。

夏は食欲がなくなりやすく、夜もよく眠れないといったことが多い季節です。

寝不足や栄養不足になってしまうと、免疫力も低下してしまうのでウィルスに感染しやすくなります。

またエアコンのきいている涼しい部屋と外の高温を何度も行き来するなどすると疲れやすくなってしまいます。

そうなると体調も崩しやすくなってしまいますし、一度体調を崩してしまうとなかなか治りにくくなるので日ごろから気を付ける必要があります。

夏風邪治しかた

夏風邪になるとなかなか治りにくいというのは、夏は免疫力が低下している可能性が高く、ウィルスに抵抗する力が弱くなっていることが考えられます。

また冬の風邪とは違うアデノウイルスやエンテロウイルスは高温で多湿の場所を好み体内に入った時には冬の風邪よりも長く体内にとどまってしまうという特徴があります。

そのために冬の風邪と比べると夏風邪が治るまでには長期間かかってしまうことが多いのです。

長引かせないように上手に夏風邪を治していくためには、早めに薬を飲んで安静にしておくことが基本になります。

特に高熱が出やすくのどの痛みもひどくなることが多いので、早めのケアが大切です。

 

自分でできる治しかたとしては、しっかりと食事をして栄養をきちんと補給してあげること、エアコンの温度を低く設定しすぎないで、外との温度差が大きく開き過ぎないということポイントになります。

特に温度差が激しいと、体の体温調節機能がおかしくなってしまうので、体も疲れやすくなってしまい、熱が下がりにくくなってしまったりと体調の悪さが長く続いてしまう原因になってしまうことが考えられます。

また暑いからといって冷たいものをたくさん飲んだり食べたりしていると、体が冷えてしまい抵抗力も落ちてしまいます。

体を冷やし過ぎないこともポイントといえるでしょう。

あまり薬を飲みたくないという方は、高熱が出てしまった場合は首や脇の下、足の付け根など血管が太い部分を冷やしてあげると熱を下げる効果を得ることができます。

のどの痛みの対策としてははちみつをなめるなどすると症状をやわらげる効果があります。

大切なのは夏風邪をひかないように日ごろから疲れをためて夏バテしないように気を付けることです。

夏風邪の原因・治しかたまとめ

・夏風邪の原因となるウィルスはいくつかあるのですが、特に子供がかかりやすいものも多く症状も重症化する可能性もあるので注意が必要です。

・プール風邪ともいわれるアデノウイルスというウィルスがあるのですが、名前からもわかる通りプールに入ることによって感染してしまう可能性があります。

高熱やのどの痛みといった症状がでる可能性が高くなります。

プール熱のほかにも小さな子供が感染しやすいエンテロウイルスは、喉の痛みや高熱、さらには発疹なども出てしまう可能性があるので注意が必要です。

 

・寝不足や栄養不足になってしまうと、免疫力も低下してしまうのでウィルスに感染しやすくなります。

またエアコンのきいている涼しい部屋と外の高温を何度も行き来するなどすると疲れやすくなってしまいます。

 

・夏風邪になるとなかなか治りにくいというのは、夏は免疫力が低下している可能性が高く、ウィルスに抵抗する力が弱くなっていることが考えられます。

・冬の風邪とは違うアデノウイルスやエンテロウイルスは高温で多湿の場所を好み体内に入った時には冬の風邪よりも長く体内にとどまってしまうという特徴があります。

 

・長引かせないように上手に夏風邪を治していくためには、早めに薬を飲んで安静にしておくことが基本になります。

特に高熱が出やすくのどの痛みもひどくなることが多いので、早めのケアが大切です。

・温度差が激しいと、体の体温調節機能がおかしくなってしまうので、体も疲れやすくなってしまい、熱が下がりにくくなってしまったりと体調の悪さが長く続いてしまう原因になってしまうことが考えられます。

また暑いからといって冷たいものをたくさん飲んだり食べたりしていると、体が冷えてしまい抵抗力も落ちてしまいます。

体を冷やし過ぎないこともポイントといえるでしょう。

 

・薬を飲みたくないという方は、高熱が出てしまった場合は首や脇の下、足の付け根など血管が太い部分を冷やしてあげると熱を下げる効果を得ることができます。

のどの痛みの対策としてははちみつをなめるなどすると症状をやわらげる効果があります。

大切なのは夏風邪をひかないように日ごろから疲れをためて夏バテしないように気を付けることです。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1439/trackback

PAGE TOP