夏風邪、子供の初期症状チェックまとめ

夏風邪子供の初期症状チェックメニュー

夏風邪子供の初期症状チェック1

夏風邪子供の初期症状チェック2

夏風邪子供の初期症状チェック3

夏風邪子供の初期症状チェック4

夏風邪子供の初期症状チェックまとめ

夏風邪子供の初期症状チェック1

一年を通して子供は病気になりやすいものですが、同じ風邪を引いたとしても季節によって症状や期間なども異なります。

夏に引きやすい風邪というのは冬場の風邪とはまた違った症状になり、原因になるものも違います。

それを理解したうえで治療を進める必要があります。

冬場というのは乾燥によって空中のウイルスが浮遊しており、それを吸い込むことで人から人へ飛沫感染をしていくものです。

しかし、夏場に流行る夏風邪というのは高温や多湿という環境を好みます。

 

ですから、対策を間違えると長引くことになります。

まずは喉の状態をチェックするようにします。

喉にくるタイプはアデノウイルスというウイルスが原因になっており、初期段階では喉の痛みからになります。

その後、激しい咳などをするようになってきます。

しかし、喉が痛み出したのが初期の段階では安静にしていると治ってしまうこともあります。

喉の痛みや咳や声の状態のチェックをするように心がけます。

 

スポンサードリンク


夏風邪子供の初期症状チェック2

次にチェックしたいのが、お腹の状態です。

夏に引く風邪のウイルスとしてエンテロウイルスを挙げることができます。

このウイルスでは、「おなかにくる」ようになるので、下痢や腹痛など引き起こすことになります。

初期にはお腹が痛くなったり、吐いたり、下痢の状態になったりすることがあるのですが、何よりも安静にするのが一番です。

小さい子供では便の状態なども見ながら医療機関を受診して対応していくようにします。

 

お腹の状態が悪くなってしまったら、下痢などによって脱水症状を起こすこともあるので、水分補給が大切になります。

水分を摂るということで水を飲ませればいいと思う人もいるかもしれませんが、できるだけ塩分なども含んだ経口補水液などがいいといえます。

スポーツドリンクなどでもいいのですが、こまめに対応していくようにします。

夏風邪でお腹の状態が悪い時には食べ物を摂ることができないこともありますが、食べることができる場合にはできるだけ消化の良いものを与えるようにします。

夏風邪子供の初期症状チェック3

高熱が出る場合もあります。

熱が出てしまう症状として子供の夏風邪の一つのプール熱を挙げることができます。

このタイプはアデノウイルスが原因になります。

初期で熱がでているようだったら、長引かないようにするためにもゆっくりと休ませ、無理をさせないようにします。

室内の環境が高温だったり、湿度が高い場合には下がりにくくなるので、湿度を下げて快適な温度設定にします。

そして高熱になった場合には氷や保冷剤、冷えピタなどで熱を下げるようにします。

 

熱がでた時には一般的には入浴を避ける方がいいと言われるのですが、ウイルス感染である夏風邪では清潔に体を保つことが大切になります。

微熱であれば短時間ですっきりと清潔になるように入ることもいいのですが、高熱の場合では入らない方がいいといえます。

子供の様子をチェックしてぐったりとしているようなら、熱がどの程度出ているのかということを確認してそれに応じた対処をしていくようにします。

 

スポンサードリンク


夏風邪子供の初期症状チェック4

夏風邪のウイルスに関連している症状として手足口病があります。

夏に流行しやすい子供の伝染病になりますが、手や足、背中、口の中などの粘膜の弱いところにぷつぷつとした水泡ができて、それが痛みます。

子供同士では感染しやすいので、大流行してしまうこともあります。

口の中に口内炎ができたり、赤い水泡が出るようになったら要注意です。

初期段階で対処することで軽度で済むことが多くなりますが、大人に感染することもあるので、食べ残し、食器やタオルの共用などに関しては注意が必要です。

 

大人が感染すると重症なる場合があるので注意しましょう。

そうならないようにするためにも飛沫感染などをしないように症状のある場合ではマスクをしたり、外出を控えて他の人との接触を避けるように心がけます。

咳やくしゃみなどをするようになったら、夏風邪の可能性があるということで体の各所のチェックをしながら速やかに対応をして重症化しないように気をつけるようにします。

夏風邪子供の初期症状チェックまとめ

・喉の状態をチェックするようにします。

喉にくるタイプはアデノウイルスというウイルスが原因になっており、初期段階では喉の痛みからになります。

その後、激しい咳などをするようになってきます。

しかし、喉が痛み出したのが初期の段階では安静にしていると治ってしまうこともあります。

喉の痛みや咳や声の状態のチェックをするように心がけます。

 

・お腹の状態です。
夏に引く風邪のウイルスとしてエンテロウイルスを挙げることができます。
このウイルスでは、「おなかにくる」ようになるので、下痢や腹痛など引き起こすことになります。
初期にはお腹が痛くなったり、吐いたり、下痢の状態になったりすることがあるのですが、何よりも安静にするのが一番です。

お腹の状態が悪くなってしまったら、下痢などによって脱水症状を起こすこともあるので、水分補給が大切になります。

水分を摂るということで水を飲ませればいいと思う人もいるかもしれませんが、できるだけ塩分なども含んだ経口補水液などがいいといえます。

スポーツドリンクなどでもいいのですが、こまめに対応していくようにします。

夏風邪でお腹の状態が悪い時には食べ物を摂ることができないこともありますが、食べることができる場合にはできるだけ消化の良いものを与えるようにします。

 

・熱が出てしまう症状として子供の夏風邪の一つのプール熱を挙げることができます。

このタイプはアデノウイルスが原因になります。
初期で熱がでているようだったら、長引かないようにするためにもゆっくりと休ませ、無理をさせないようにします。

室内の環境が高温だったり、湿度が高い場合には下がりにくくなるので、湿度を下げて快適な温度設定にします。
そして高熱になった場合には氷や保冷剤、冷えピタなどで熱を下げるようにします。

 

・手足口病があります。
夏に流行しやすい子供の伝染病になりますが、手や足、背中、口の中などの粘膜の弱いところにぷつぷつとした水泡ができて、それが痛みます。
子供同士では感染しやすいので、大流行してしまうこともあります。

口の中に口内炎ができたり、赤い水泡が出るようになったら要注意です。

初期段階で対処することで軽度で済むことが多くなりますが、大人に感染することもあるので、食べ残し、食器やタオルの共用などに関しては注意が必要です。
大人が感染すると重症なる場合があるので注意しましょう。

そうならないようにするためにも飛沫感染などをしないように症状のある場合ではマスクをしたり、外出を控えて他の人との接触を避けるように心がけます。

咳やくしゃみなどをするようになったら、夏風邪の可能性があるということで体の各所のチェックをしながら速やかに対応をして重症化しないように気をつけるようにします。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1435/trackback

PAGE TOP