夏バテ冷え性の原因、初期症状、対策まとめ

夏バテの冷え性メニュー

夏バテの冷え性の原因について

夏バテの冷え性、初期症状について

夏バテの冷え性、対策

夏バテの冷え性・原因・初期症状・対策まとめ

夏バテの冷え性の原因について

暑い日が続くと体調が悪くなる方、それは夏バテです。

夏バテには、様々な症状があります。

症状としては、倦怠感、睡眠不足、食欲不振、頭痛、冷え性などです。

夏バテで冷え性と疑問に思う方もいますが、実は、結構な方がかかっており、特に女性の方に多いです。

原因は、血行が悪くなることです。

夏場は、冷房のある部屋、冷房のない部屋と出たり入ったりすることが多く、体の中で温度差が発生するようになります。

この温度差が原因で、血行が悪くなることで起こります。

 

症状としては、下半身型タイプのものがあります。

体の状態としては、足や腰のあたりが冷えるといった状態になっています。

メカニズムとしては、下半身の血管が収縮し、腰から足先に血液が行き届かなくなり、血液が下半身にはいかなくなります。

その下半身に行けずに、その行き場を失った血液は上半身へ流れ、上半身の血流が増加してしまい、下半身は冷たく、上半身は温かいという温度差が発生してしまうことで起こります。

こういった症状のことを、別名、冷えのぼせといったりします。

血流が悪くなる症状は、特に、女性の方に顕著に表れるケースが多いのが特徴で、冷暖房が効いた部屋で働いている方は、なおのことなりやすいです。

 

スポンサードリンク


夏バテの冷え性、初期症状について

夏バテの冷え性の初期症状としては、頭痛やめまい、倦怠感から始まります。

朝起きたら、突然、頭痛が酷くなったといったものや、倦怠感がひどくやる気が出ないといった方もいます。

症状のタイミングとしては、朝の方が多いです。

これは、夜中、寝苦しい為、冷房を使って寝ていることが起因しており、睡眠中に体の中の温暖さが起こり血行が悪くなるためです。

他に症状が現れるケースとして多いのが、日中の仕事中です。

 

冷房がしっかりきいたオフィスで働いている方は、昼休みなど、冷房のオフィスから出たり、入ったりしたときに感じることがあります。

これは、オフィス内と外との温度差が大きい為、体が、その温度差に順応できずに、血行が悪くなってしまう為に起こります。

もう一つの現れるケースとして、冷房が効きすぎたオフィスに居続けた場合に起こります。

冷房が、23°のように効きすぎていると、人によっては、低体温のような状態になってしまいます。

この状態のまま、長い間居続けると、血行が悪くなり、頭痛やめまいといったことがあらわれることがあります。

どのような状況でも言えることは、温度差に体が順応できない場合に起こるので、温度差ができるだけ少なくなるように工夫することが重要です。

夏バテの冷え性、対策

夏バテ冷え性は、温度差によって血行が悪くなることが原因です。

対策としては、温度差を小さくすることです。

冷房の設定温度を下げたり、こまめに、外気に触れたりといった方法で体が感じている温度差を小さくすることができます。

また、オフィス内で、冷房の風が直接当たらない場所に、移動する等することも効果があります。

こういった対策が難しいといった方は、少し、厚着をすることで温度差を小さくできます。

厚着するのが嫌だという方は、小さな毛布を足元にかけるだけでも全然違ってくるのでお勧めです。

温度差を小さくすることができたら、血行が良くなるように、マッサージをすることをお勧めします。

マッサージとしては、オフィスでの仕事の合間にも行うことができます。

 

人間には、ツボと呼ばれるポイントがあり、刺激することで血行が良くなったりします。

ツボとしては、ふくらはぎ内側のすねの中間あたりにあるツボがお勧めです。

やり方は簡単で、ふくらはぎの筋肉全体をつかむようにして、膝とくるぶしの中間あたりの骨の下を親指で押すだけです。

押し方は、親指の腹で足の中心に向かって強めに5秒間押します。

片足数秒のマッサージを、数回行うだけで、血行が良くなるので、仕事の合間などに、実践することをお勧めします。

夏バテの冷え性・原因・初期症状・対策まとめ

・夏バテには様々な症状があります。症状としては、倦怠感、睡眠不足、食欲不振、頭痛、冷え性などです。
原因は、血行が悪くなることです。

夏場は、冷房のある部屋、冷房のない部屋と出たり入ったりすることが多く、体の中で温度差が発生するようになります。
この温度差が原因で、血行が悪くなることで起こります。

 

・夏バテの冷え性の初期症状としては、頭痛やめまい、倦怠感から始まります。

朝起きたら、突然、頭痛が酷くなったといったものや、倦怠感がひどくやる気が出ないといった方もいます。

症状のタイミングとしては、朝の方が多いです。

これは、夜中、寝苦しい為、冷房を使って寝ていることが起因しており、睡眠中に体の中の温暖さが起こり血行が悪くなるためです。

他に症状が現れるケースとして多いのが、日中の仕事中です。

冷房がしっかりきいたオフィスで働いている方は、昼休みなど、冷房のオフィスから出たり、入ったりしたときに感じることがあります。

これは、オフィス内と外との温度差が大きい為、体が、その温度差に順応できずに、血行が悪くなってしまう為に起こります。

 

・夏バテ冷え性は、温度差によって血行が悪くなることが原因です。

対策としては、温度差を小さくすることです。

冷房の設定温度を下げたり、こまめに、外気に触れたりといった方法で体が感じている温度差を小さくすることができます。

また、オフィス内で、冷房の風が直接当たらない場所に、移動する等することも効果があります。

・厚着するのが嫌だという方は、小さな毛布を足元にかけるだけでも全然違ってくるのでお勧めです。

温度差を小さくすることができたら、血行が良くなるように、マッサージをすることをお勧めします。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1431/trackback

PAGE TOP