背中のニキビ、皮膚科・薬まとめ

背中のニキビメニュー

背中のニキビ、皮膚科について

背中のニキビ、薬について

背中のニキビ、皮膚科・薬まとめ

背中のニキビ、皮膚科について

吹き出物は顔だけでなく、全身の皮脂腺が多い部分であればどこにでも出来ます。

特に出来やすいのが顔や胸元などですが、本人が確認しにくいのに、自覚症状がよく分かる部分が背中です。

背中ニキビに悩む人は割と多く、市販の専用クリームが人気を集めているほどです。

しかし、市販の専用クリームのほとんどが化粧品の扱いですので、今ある症状を治す効果は持っていません。

本格的に治療するなら皮膚科で診てもらうのが一番です。

ニキビといった吹き出物はとても身近な症状ですので、あまり深刻に考えない人が大勢いますが、ニキビは尋常性ざ瘡という名称が存在する、病気でもあります。

 

病気ですから、皮膚科に向かえば基本的に保険診療で治療を受けられます。

これは顔だけでなく、背中であっても同様です。

皮膚の疾患ですから、出来た部位に関係なく、お医者さんが診断して治療を行ってくれます。

そもそも、吹き出物ができてしまうのは、角質が硬くなって毛穴の弾力性がなくなってしまうからです。

毛穴が狭くなると、その中に皮脂などの汚れが溜まることで、そこに雑菌が繁殖します。

アクネ菌などの雑菌がたくさん繁殖すると、皮膚が炎症を引き起こします。

 

吹き出物が悪化すると赤くて大きい湿疹ができますが、これが雑菌が繁殖した証拠です。

増えた雑菌を退治するために体の免疫が反応しますが、その際に発生するのが膿です。

溜まった膿が排出されるときに皮膚が傷つきます。

とても治りにくい凸凹ができるなど、ひどい跡を残してしまいます。

何度も繰り返しやすい症状ですから、病院で正しい治療を施してもらい、炎症が酷くなる前に症状を鎮めて改善することが大事です。

体質的に症状が出来やすい人は、積極的に病院を利用すべきです。
スポンサードリンク


背中のニキビ、薬について

皮膚科で背中ニキビの治療を受ける際には、殆どの場合で薬を処方してもらい、自宅で治療を続けることになります。

頻繁に病院へ通う必要がないためその点は楽ですが、背中ニキビだと薬を塗りにくいのが難点です。

手が届かない部分は家族などに手伝ってもらって、塗ることをおすすめします。

皮膚科で処方してもらえるのは、保険診療の場合なら、レチノイド系のディフェリンゲルが多めです。

成分としてアダパレンが使用されています。

 

ディフェリンゲルには皮膚の角質を取り除く作用があるため、角質が硬くなって狭くなった毛穴を開き、内部に皮脂が溜まってアクネ菌などの繁殖を防ぐことができます。

繰り返し背中部分に吹き出物が出やすい人にとって、ディフェリンゲルの存在はとても助かるはずです。

しかし、皮膚を無理やり取り除く作用があることから、副作用を伴います。

塗っているうちに皮膚が赤くなる、ヒリヒリする、乾燥しやすいなどの症状が見られるため、途中で塗るのをやめてしまう人もいるくらいです。

しかし、途中でやめてしまうとせっかくの成分の効果が途切れてしまいますので、再び症状が悪化する危険が増します。

 

お医者さんの指示通りに使えば安全ですので、自己判断でやめないようにしたいところです。

抗生物質も処方されますが、こちらは今繁殖しているアクネ菌などを殺菌することで症状をしずめる効果があります。

この2つが基本ではあるものの、症状がひどかったりすると、内服タイプの抗生物質が使われます。

また、体質的な原因で症状を繰り返しているなら、漢方薬が使われたり、ホルモン剤が投与されたりもします。

ホルモン剤は低用量ピルや抗男性ホルモン剤などが代表的です。

男性ホルモンが過剰に分泌されると、ニキビが出やすいのでこれを抑えます。

背中のニキビ、皮膚科・薬まとめ

・ニキビといった吹き出物はとても身近な症状ですので、あまり深刻に考えない人が大勢いますが、ニキビは尋常性ざ瘡という名称が存在する、病気でもあります。

病気ですから、皮膚科に向かえば基本的に保険診療で治療を受けられます。

皮膚の疾患ですから、出来た部位に関係なく、お医者さんが診断して治療を行ってくれます。

そもそも、吹き出物ができてしまうのは、角質が硬くなって毛穴の弾力性がなくなってしまうからです。

毛穴が狭くなると、その中に皮脂などの汚れが溜まることで、そこに雑菌が繁殖します。

アクネ菌などの雑菌がたくさん繁殖すると、皮膚が炎症を引き起こします。

吹き出物が悪化すると赤くて大きい湿疹ができますが、これが雑菌が繁殖した証拠です。

増えた雑菌を退治するために体の免疫が反応しますが、その際に発生するのが膿です。

溜まった膿が排出されるときに皮膚が傷つきます。

とても治りにくい凸凹ができるなど、ひどい跡を残してしまいます。

何度も繰り返しやすい症状ですから、病院で正しい治療を施してもらい、炎症が酷くなる前に症状を鎮めて改善することが大事です。

体質的に症状が出来やすい人は、積極的に病院を利用すべきです。

 

・皮膚科で背中ニキビの治療を受ける際には、殆どの場合で薬を処方してもらい、自宅で治療を続けることになります。

皮膚科で処方してもらえるのは、保険診療の場合なら、レチノイド系のディフェリンゲルが多めです。

成分としてアダパレンが使用されています。

ディフェリンゲルには皮膚の角質を取り除く作用があるため、角質が硬くなって狭くなった毛穴を開き、内部に皮脂が溜まってアクネ菌などの繁殖を防ぐことができます。

繰り返し背中部分に吹き出物が出やすい人にとって、ディフェリンゲルの存在はとても助かるはずです。

 

・皮膚を無理やり取り除く作用があることから、副作用を伴います。

塗っているうちに皮膚が赤くなる、ヒリヒリする、乾燥しやすいなどの症状が見られるため、途中で塗るのをやめてしまう人もいるくらいです。

しかし、途中でやめてしまうとせっかくの成分の効果が途切れてしまいますので、再び症状が悪化する危険が増します。

お医者さんの指示通りに使えば安全ですので、自己判断でやめないようにしたいところです。

抗生物質も処方されますが、こちらは今繁殖しているアクネ菌などを殺菌することで症状をしずめる効果があります。

この2つが基本ではあるものの、症状がひどかったりすると、内服タイプの抗生物質が使われます。

また、体質的な原因で症状を繰り返しているなら、漢方薬が使われたり、ホルモン剤が投与されたりもします。

ホルモン剤は低用量ピルや抗男性ホルモン剤などが代表的です。

男性ホルモンが過剰に分泌されると、ニキビが出やすいのでこれを抑えます。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1418/trackback

PAGE TOP