暑さ対策、工場・倉庫まとめ

暑さ対策メニュー

工場内でできる暑さ対策

倉庫できる暑さ対策

暑さ対策:工場・倉庫まとめ

工場内でできる暑さ対策

夏場ともなると、工場内の暑さは途端に跳ね上がります。

機械が常に稼働しており、風の流れもないため、屋外より過酷な環境になることも少なくありません。

もし従業員が熱中症などで倒れてしまえば、会社にも大きな損害を与えてしまいます。

きちんと安全対策をとっていくことは、経営における基本中の基本に他なりません。

熱中症は、体内の温度が上昇して、それに耐えられなくなることによって引き起こされます。

重度になるとタンパク質が変異し、脳の機能も停止するという、極めて危険な状態です。

 

こうした事態に陥らないためには、体温を上手に下げるかを考える必要があります。

工場内でエアコンをかけられれば、それが一番いいのですが、設置が困難な場合もあるでしょう。

そんなときは、気化熱を利用することを検討していくべきです。

人間は体温を調節するために、汗をかくことが知られています。

水分が蒸発すると、同時に熱も奪われていくという気化熱の現象が、そのメカニズムです。

これをしっかりと促進させていくことが、屋内での暑さ対策になります。

 

まずは水分をこまめに補給して、いつでも発汗できる状態にしておきましょう。

汗をかくとミネラルも一緒に排出されてしまいますので、塩分をとることも欠かせません。

もし水だけをとっていると、中毒症状を起こすこともあるので、警戒が必要です。

そして、汗を乾きやすくするために、人工的に風を送るのも賢い方法といえます。

家庭用の扇風機では弱い場合には、屋内作業用のサーキュレーターなども有効です。

ホームセンターなどでいつでも買うことができますし、力強く風を送ってくれます。

自己管理と設備の両面から、工場内の暑さ対策を万全なものにしていきましょう。

 

スポンサードリンク


倉庫できる暑さ対策

倉庫という、比較的密閉された環境下での暑さ対策は、他とは違った難しさがあります。

人が常駐せず、あくまで一時的に出入りする場所のため、冷房設備はコストに見合わないものです。

しかし、倉庫内での作業が長時間に及ぶことも珍しくなく、やはり暑さ対策は欠かせません。

サーキュレーターのような送風装置を持ち込んでもいいのですが、動き回るのであれば不便です。

自走する扇風機でもあればいいのですが、今のところ、そういった製品は出回っていません。

ただ、近いものは存在します。

 

それは、作業服にファンを仕込んで風を中へ送り込む、空調服と呼ばれるものです。

これを着ていれば、文字通り風通しのいい環境で仕事に勤しむことができます。

気化熱による体温調節もスムーズになり、熱中症のリスクも下がって安心です。

こうしたアイテムが発売されるや大人気となり、屋内の作業従事者を中心にブームとなりました。

当然ながら、ファンを常時回す以上、電源装置が必要です。

空調服を着込んでも気軽に歩き回れるよう、電力はバッテリーから補給されます。

一度フル充電すれば、半日ほど持つものも多く、電池切れの心配もいりません。

念のため、予備のバッテリーを用意していおけば、より作業に集中できます。

 

もし倉庫内での仕事が終わっても、そのまま別の場所に行けますので、新たな設備投資もいりません。

従業員の暑さ対策としても、経営側のコスト管理としても、たいへん優秀な存在といえます。

もちろん、どこで仕事をしていようとも、水とミネラル補給は必須です。

麦茶などはこれらを同時に摂取でき、しかもノーカロリーですから、常備品としても最適といえます。

労災事故を防ぐためには、あらゆる手立てをとるべきです。

倉庫でも工場内でも暑さ対策をしっかり考慮して、働きやすい環境を維持していきましょう。

 

暑さ対策:工場・倉庫まとめ

・熱中症は、体内の温度が上昇して、それに耐えられなくなることによって引き起こされます。

重度になるとタンパク質が変異し、脳の機能も停止するという、極めて危険な状態です。

こうした事態に陥らないためには、体温を上手に下げるかを考える必要があります。

人間は体温を調節するために、汗をかくことが知られています。

水分が蒸発すると、同時に熱も奪われていくという気化熱の現象が、そのメカニズムです。

 

これをしっかりと促進させていくことが、屋内での暑さ対策になります。

まずは水分をこまめに補給して、いつでも発汗できる状態にしておきましょう。

汗をかくとミネラルも一緒に排出されてしまいますので、塩分をとることも欠かせません。

もし水だけをとっていると、中毒症状を起こすこともあるので、警戒が必要です。

そして、汗を乾きやすくするために、人工的に風を送るのも賢い方法といえます。

家庭用の扇風機では弱い場合には、屋内作業用のサーキュレーターなども有効です。

 

・倉庫という、比較的密閉された環境下での暑さ対策は、他とは違った難しさがあります。

作業服にファンを仕込んで風を中へ送り込む、空調服と呼ばれるものです。

これを着ていれば、文字通り風通しのいい環境で仕事に勤しむことができます。

気化熱による体温調節もスムーズになり、熱中症のリスクも下がって安心です。

暑さみは気をつけましょう。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1402/trackback

PAGE TOP