高血圧症状めまい、対策まとめ

高血圧メニュー

高血圧症状めまいについて

高血圧症状対策

高血圧症状めまい・対策:まとめ

高血圧症状めまいについて

高血圧は自覚症状があまりないのですが、とても大きな負担を心臓や血管などにかけてしまう病気です。

自分で気がつかないうちに身体に大きなダメージを与えている可能性があり、ある日突然、脳梗塞や心筋梗塞といった命にかかわる病気を発症してしまう可能性もあります。

サイレントキラーともいわれるくらい普段の生活では気がつかないことが多いのも特徴です。

血圧が高くなるということは、心臓から血液を身体中に巡らせるために大きな圧力が必要だということです。

 

気がつかないうちに血圧が高くなってしまっているということは、心臓や血管などに常に大きな負担をかけているわけです。

自覚症状のない高血圧ですが、血圧が長い状態が続いているといくつかの身体の不調を感じることがあります。

そのひとつがめまいです。

高血圧からくるめまいの特徴は、ぐるぐると目が回るのではなく、なんとなくふわふわとした感じになって、まっすぐ立っていられないといった感じになります。

なぜ眼がまわってしまうのかというと、血圧が急激に上下してしまう可能性が大きいからです。

 

特に血圧を下げる薬などを使用していると、想定以上に急激に血圧が下がってしまうケースもあり、それが貧血と同じように脳に血が十分に届かなくなるといったことになり、めまいが起きてしまうことがあるのです。

ふらっとしてしまったら、まずはゆっくりとしゃがんで症状が治まるまで静かにしておくことが大切です。

そして、何度も眼がまわるようなことが起こるのであれば、病院できちんと検査や治療を受けるようにしましょう。

もしも血圧を下げる薬を常用しているのであれば、薬の飲み方などについて医師に相談してみることが大切になります。

 

スポンサードリンク


高血圧症状対策

特に症状もなくいつの間にか血圧が高い状態が普通になってしまう高血圧ですが、血圧を下げる薬を服用する他にも血圧を下げることができる対策があります。

まず、高血圧になってしまう原因として考えられるのが、塩分の多い食事であったり運動不足、ストレスなど生活習慣に大きく影響されます。

ですから薬に頼らないで血圧を正常値にしていくためには、生活習慣を見直す必要があります。

まず減塩をするなどの食事の栄養バランスを気をつける必要があります。

塩分を減らすだけでなく、脂っこい食事など血液の状態がドロドロにならないように気をつけることも大切です。

血液がきれいで流れやすければ、心臓の負担を減らすことができるからです。

 

また運動療法も重要です。

無理にハードな運動をする必要はありませんが、週に何度か定期的に有酸素運動をすることで、新陳代謝をアップすることができたり、汗をかくことで老廃物を排出しやすくなるので血液の流れをよくしてあげるという効果が期待できます。

減炎などの食事のバランスを気をつけ、運動療法で定期的に有酸素運動をすることを続けていけば、高すぎる血圧を正常値に改善していくことができます。

ただし血圧を下げたいからといって、無理な運動をしたりといったことをすると逆に身体に負担をかけ過ぎてしまう可能性があるので、医師と相談しながらおこなうようにしましょう。

特に血圧を下げる薬を服用している人は、食べ合わせによっては血液がサラサラになり過ぎてしまって、怪我をした時に血が止まらなくなるといった症状が起こることもあるので、きちんと食べ合わせなども医師と相談してチェックしておくと安心です。

高血圧対策をするためには、医師と相談しながら行うとよいでしょう。

高血圧症状めまい・対策:まとめ

・高血圧からくるめまいの特徴は、ぐるぐると目が回るのではなく、なんとなくふわふわとした感じになって、まっすぐ立っていられないといった感じになります。

なぜ眼がまわってしまうのかというと、血圧が急激に上下してしまう可能性が大きいからです。

特に血圧を下げる薬などを使用していると、想定以上に急激に血圧が下がってしまうケースもあり、それが貧血と同じように脳に血が十分に届かなくなるといったことになり、めまいが起きてしまうことがあるのです。

何度も眼がまわるようなことが起こるのであれば、病院できちんと検査や治療を受けるようにしましょう。

もしも血圧を下げる薬を常用しているのであれば、薬の飲み方などについて医師に相談してみることが大切になります。

 

・高血圧になってしまう原因として考えられるのが、塩分の多い食事であったり運動不足、ストレスなど生活習慣に大きく影響されます。

ですから薬に頼らないで血圧を正常値にしていくためには、生活習慣を見直す必要があります。

・塩分を減らすだけでなく、脂っこい食事など血液の状態がドロドロにならないように気をつけることも大切です。

血液がきれいで流れやすければ、心臓の負担を減らすことができるからです。

 

・ただし血圧を下げたいからといって、無理な運動をしたりといったことをすると逆に身体に負担をかけ過ぎてしまう可能性があるので、医師と相談しながらおこなうようにしましょう。

特に血圧を下げる薬を服用している人は、食べ合わせによっては血液がサラサラになり過ぎてしまって、怪我をした時に血が止まらなくなるといった症状が起こることもあるので、きちんと食べ合わせなども医師と相談してチェックしておくと安心です。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1387/trackback

PAGE TOP