尿管がん症状チェックまとめ

メニュー

尿管がん症状チェック1

尿管がん症状チェック2

尿管がん症状チェック3

まとめ

尿管がん症状チェック1

尿管がんになったのか、症状で確認できるように知識を持つことは治療をしていくためにも必要です。

チェック1としては、血尿があるかを調べましょう。

血尿は最も現れやすい症状ですし、一目でわかるので尿管がんの疑いを持つには最適です。

なぜ尿に血が混じってしまうのかというと、尿の通り道である尿路にがん細胞が出来るために、その部分からの出血が起きるからです。

前触れなく突然出血するもので痛みは伴いません。

 

同じように血尿が出てしまう病気としては膀胱炎などがありますが、その場合には排尿時に痛みが出たり、尿を出し切ってもまだ残っているような感覚を持ってしまいます。

なお、同じがん細胞が出血の原因ということでは、膀胱がんも考えられるので、病院で精密検査を受けたほうが良いでしょう。

なお、血尿が出ているにも関わらず、放置してしまうと、血液が尿路をつまらせて、尿道管結石のような激しい痛みや排尿痛を伴うことがあります。

ちなみに、尿に血が混じっていればすぐに分かりそうなものですが、初期の状態では血液の量が極微量で顕微鏡検査をしなければ血尿だとわからないときもあります。

そういうときでも定期検診で検尿をすれば異常に気が付きますから、健康のために一定期間ごとに体を調べてもらうことが大切です。

 

スポンサードリンク


尿管がん症状チェック2

尿管がんであることを症状で確認したいのであれば、血尿の次に起こりやすい水腎症をチェック2 としておきましょう。

症状が進行して血液が固まって尿管がつまってしまうと、本来は排出されるべき尿が、体の中に留まってしまいます。

すると、詰まっている部分よりも上流に尿が逆流して、腎盂、尿管が尿でいっぱいになってしまうのです。

このように尿で膨らんでしまっている状態を水腎症と呼びます。

水腎症になってしまうと、腎臓がある脇腹の辺りに激しい痛みを感じて苦しみます。

 

吐き気などをもたらすことがありますし、細菌感染まで引き起こしてしまうと、腎盂腎炎など炎症の原因にもなってしまいます。

水腎症になったにも関わらず、放置していると腎臓が正常な働きをすることができなくなり、そのまま腎不全へとつながってしまいます。

腎臓はカリウムが正常な数値になるようコントロールしている臓器で、もしもカリウムがたまりすぎてしまう生命の危険さえありますから注意しなければいけません。

水腎症においては、痛みなどの自覚症状が現れるのは、病期が進行している状態ですから、出来れば無自覚である内に気がつくべきです。

そのためにも、定期的に健康診断をして、水腎症を発見することが尿道がんの治療に役立ちます。

尿管がん症状チェック3

尿管がんの症状として現れる水腎症が進行してしまうと、さらに膀胱タンポナーデが現れます。

膀胱タンポナーデは、膀胱に血液がたまってしまうために、尿を出すことができなくなる症状です。

腹部がパンパンにはれてしまい、治療をするためには尿道にカテーテルを差し込んで膀胱を洗浄し、固まった血液を取り除くことになります。

排尿は生命活動をする上で、止めることが出来ないものであり、時間が経てば経つほど膀胱の腫れがひどくなるので、それによる苦痛はますますひどくなります。

 

尿道がんを治療しなければ行けないのは当然ですが、膀胱タンポナーデは放置することが出来ない症状ですから、一刻も早く気が付かなければいけません。

チェック3としては、尿が出ない、腹部が腫れてきたと感じたら、すぐに病院へ行くことが大切です。

早めに膀胱タンポナーデの治療ができれば、そのあとに原因である尿道がんの治療に取り掛かることも出来ます。

万が一に尿管がんの進行が早くて、もう手術や抗癌剤などの治療をしても打つ手がないという状態でも、苦痛を軽減するためにも膀胱タンポナーデの治療は行われるので、極めて緊急性が高いといえるでしょう。

膀胱タンポナーデになっているのかは、病院でエコー検査をすればすぐにわかります。

まとめ

・血尿は最も現れやすい症状ですし、一目でわかるので尿管がんの疑いを持つには最適です。

・尿の通り道である尿路にがん細胞が出来るために、その部分からの出血が起きるからです。
前触れなく突然出血するもので痛みは伴いません。

・同じがん細胞が出血の原因ということでは、膀胱がんも考えられるので、病院で精密検査を受けたほうが良いでしょう。

 

・血尿の次に起こりやすい水腎症をチェック2 としておきましょう。

・症状が進行して血液が固まって尿管がつまってしまうと、本来は排出されるべき尿が、体の中に留まってしまいます。
すると、詰まっている部分よりも上流に尿が逆流して、腎盂、尿管が尿でいっぱいになってしまうのです。
このように尿で膨らんでしまっている状態を水腎症と呼びます。

 

・水腎症になったにも関わらず、放置していると腎臓が正常な働きをすることができなくなり、そのまま腎不全へとつながってしまいます。
水腎症においては、痛みなどの自覚症状が現れるのは、病期が進行している状態ですから、出来れば無自覚である内に気がつくべきです。
そのためにも、定期的に健康診断をして、水腎症を発見することが尿道がんの治療に役立ちます。
・尿管がんの症状として現れる水腎症が進行してしまうと、さらに膀胱タンポナーデが現れます。
・膀胱タンポナーデは、膀胱に血液がたまってしまうために、尿を出すことができなくなる症状です。

腹部がパンパンにはれてしまい、治療をするためには尿道にカテーテルを差し込んで膀胱を洗浄し、固まった血液を取り除くことになります。

排尿は生命活動をする上で、止めることが出来ないものであり、時間が経てば経つほど膀胱の腫れがひどくなるので、それによる苦痛はますますひどくなります。
スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1374/trackback

PAGE TOP