夏風邪の症状、治し方、早く治す方法まとめ

夏風邪の症状について

風邪は、最も身近な病気ではありますが、冬風邪と違って夏風邪は大流行をすることはありません。

他にも症状も違うので、それに応じた治療をしていくことが必要になります。

冬風と共通しているものもありますが、下痢や腹痛は夏風邪の大きな特徴と言えます。

これは冬風の原因となるウイルスは気管支や肺などの呼吸器系の症状を引き起こすのに対して、夏風邪のウイルスは腸まで至り、そこで繁殖するためです。

 

下痢が苦しいからと、下痢止めを飲んでも、ウイルス感染によるものなので、多少は下痢や痛みが軽減出来たとしても、根本的な解決方法にはなりません。

もちろん冬風邪と同じ症状にも注意が必要です。

発熱は、体に入り込んだウイルスを退治するために防衛機能が働いているために出てくるものです。

およそ38度から40度とかなりの高熱が数日間続くことになります。

高熱が出ていると、頭痛に苦しむこともありますが、熱が下がれば落ち着くので心配はありません。

熱が出ている状態では、口に激しい痛みをもたらす水疱や口内炎、眼には結膜炎も一緒に出ている事が多いです。

どちらも免疫機能が落ちている時に出るもので、特にまだ体が成長していない子供が併発しやすくなっています。

 

水疱、口内炎はなんとかしたいと潰してしまったら、治ったあとでも痕が残ってしまうので触らないようにしましょう。

冬風邪のように咳が出ることもあります。

ただ、そこまで夏風邪の場合にはそれほど出てこない症状なので、あまりにひどいようであれば別の病気という可能性もあるので、医師の診察を受けましょう。

ウイルス感染をしているので、体が入り込んだウイルスを外部に出そうと大量の鼻水を出します。

普通の鼻水は透明ですが、ウイルスと白血球や免疫細胞の死骸が含まれているので、白色や黄色の鼻水となります。
スポンサードリンク


夏風邪の治し方・早く治す方法

夏風邪を早く治す方法としては、免疫力を高めることが大事です。

免疫力を高める高めるためには、栄養バランスの取れた食事を摂取することが効果的です。

体力を消耗しているときには、あまり食欲がなくなっているでしょうから、おかゆやりんごなどで水分補給をしつつ、豚肉や蜂蜜など免疫力を高める食材を使ったおかずを食べましょう。

柑橘系やゴーヤなどビタミンCを豊富に含んだ食べ物も積極的に食べるようにすれば、体力を蓄えて免疫力を高める事ができます。

 

風邪というと熱がるので、治し方というと解熱剤を飲めば良いと考える人が少なくないのですが、早く治す方法としてはよくありません。

というのも、熱はウイルスが引き起こしているのではなく、ウイルスを退治するために体が出しているものです。

40度近くの高熱は異常に思えますが、免疫細胞は高い温度で活発化するもので熱が出ているということはウイルスが退治されているということなので、発熱してすぐに解熱剤を飲んで熱を下げると逆効果になってしまうのです。

ただし、熱が体力を消耗させてしまう、というデメリットもあるので、しばらく様子を見てから解熱剤を飲むことも考えてよいでしょう。

 

なお、同じ理屈で、夏風邪は厚着をして体を温めて大量の汗をかかせるのが早く治す方法、ということを言うことがありますが、汗をかくのは体力を消耗することで、免疫力を下げてしまうので間違いです。

普通のパジャマで良いので、汗で体温が奪われないように注意しながら静養するようにしましょう。

それから免疫力を香りで高めるという方法もあります。

ユーカリやカモミール、ラベンダーなどの香りが効果があるので、アロマオイルやハーブティーを試みてみましょう。

夏風邪の症状・治し方・早く治す方法:まとめ

・冬風と共通しているものもありますが、下痢や腹痛は夏風邪の大きな特徴と言えます。

・下痢が苦しいからと、下痢止めを飲んでも、ウイルス感染によるものなので、多少は下痢や痛みが軽減出来たとしても、根本的な解決方法にはなりません。

 

・発熱は、体に入り込んだウイルスを退治するために防衛機能が働いているために出てくるものです。

・風邪の場合にはそれほど出てこない症状なので、あまりにひどいようであれば別の病気という可能性もあるので、医師の診察を受けましょう。

 

・夏風邪を早く治す方法としては、免疫力を高めることが大事です。

・免疫力を高める高めるためには、栄養バランスの取れた食事を摂取することが効果的です。

体力を消耗しているときには、あまり食欲がなくなっているでしょうから、おかゆやりんごなどで水分補給をしつつ、豚肉や蜂蜜など免疫力を高める食材を使ったおかずを食べましょう。

柑橘系やゴーヤなどビタミンCを豊富に含んだ食べ物も積極的に食べるようにすれば、体力を蓄えて免疫力を高める事ができます。

 

・風邪というと熱がるので、治し方というと解熱剤を飲めば良いと考える人が少なくないのですが、早く治す方法としてはよくありません。
熱はウイルスが引き起こしているのではなく、ウイルスを退治するために体が出しているものです。

・夏風邪は厚着をして体を温めて大量の汗をかかせるのが早く治す方法、ということを言うことがありますが、汗をかくのは体力を消耗することで、免疫力を下げてしまうので間違いです。
普通のパジャマで良いので、汗で体温が奪われないように注意しながら静養するようにしましょう。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1356/trackback

PAGE TOP