夏バテ症状チェック、5つの原因と対策まとめ

夏バテ症状チェックの原因と対策

倦怠感について

夏バテの症状でよくあるのが倦怠感で、原因は冷房の効きすぎにあります。

暑さのピークになると真夜中でも30度を下回らないことが珍しくなく、熱帯夜になると睡眠をしっかりとるのが難しくなります。

しかし、疲労を回復するには睡眠は不可欠で、何とかしてよい睡眠を取れるよう工夫する必要があります。

 

室温を下げるためにはエアコンを使用するのが手っ取り早いのですが、エアコンを一晩中つけっぱなしにすると寒くて睡眠の妨げになります。

対策としては、エアコンのタイマーが1時間後に切れるようにセットしておくと効果的です。

寝入る時は快適な室温なので寝つきがよくなり、冷えすぎる心配がありません。

エアコンを使わずに除湿機を使ってみるのも有効な対策で、夏バテの症状で倦怠感が出るのは気温だけでなく湿度も大きく関係してくるのです。

 

スポンサードリンク


ストレスについて

夏バテの症状でよくあるのがストレスで、原因は自律神経の乱れにあります。

ストレスが溜まると病気に関係してくるので、自分なりのストレス発散法を見つけることが大事です。

対策として手軽にできるのが入浴で、体を温めるとリラックス効果を得ることができます。

暑い夏に熱いお風呂に入るのは抵抗があるかもしれませんが、汗を流すシャワーだけでは、体に溜まった疲労は取り除くことはできません。

 

暑い夏こそしっかりお風呂に浸かるべきで、体の疲れが取れるのですっきりします。

熱いお湯に浸かる必要はなく、ぬるめのお湯に20分程度ゆっくり入るだけで、体温調節機能の乱れを回復することが可能です。

また、体温が上昇するので寝つきがよくなり、熟睡しやすくなります。

副交感神経が優位になるので、夏バテ予防法としてお風呂に入るのはオススメです。

胃もたれ・胃腸について

胃もたれなどの胃腸の不快感も夏バテの症状によくありますが、原因は冷たい物の食べ過ぎや飲み過ぎです。

対策としては、胃腸の調子が悪いと感じたら、胃腸に優しい負担の少ない優しい食べ物を食べるようにすることです。

下痢などの症状が出ている時は消化に良い物を食べ、疲れを感じている時は栄養のある食べ物を摂るようにします。

 

夏は気温が高いので基礎代謝が上がり、たんぱく質が多く消費されるので、血中の糖分をエネルギーにかえるビタミンB1が不足します。

夏バテ解消のためには、ビタミンB1が含まれた食べ物を摂取することが大事です。

オススメは豚肉で、夏の疲れを感じ始めた頃に豚肉を食べれば、疲労回復効果により、暑い夏を乗り切ることができるでしょう。

エアコン・冷房について

最近はどこのオフィスでも夏は完全冷房のところが多いので、夏バテの症状には冷え症もあります。

冷房の効いた室内の温度差が激しいと暑くて冷える夏を体感することになり、体にはよくありません。

原因はエアコンなのですが、会社に行って寒いと感じても自分1人だけのためにスイッチを切るわけにはいきません。

対策としては、必ずインナーを着ることで、キャミソールなどのインナーを着て、お腹まわりを冷やさないようにすることです。

 

インナーを着けると暑いように思いますが、肌に密着する下着を1枚挟むことで汗を吸収してくれ、肌が乾きやすいので快適になります。

エアコンがきいている室内では、上半身を薄くして下半身は厚めにすると良く、スカートやパンツに下着を重ねることで冷えを予防することができます。

体のだるさ

夏バテの症状で一番多いのが体のだるさで、原因はだらだらと過ごしてしまうことにあります。

暑い夏は体を動かすのが億劫になり、クーラーのある冷たい部屋の中で過ごしがちです。

冷房がきいた場所にいると快適に過ごすことができるのですが、一方で体温調節機能が狂ってしまうことが懸念されます。

対策としては運動をするのがオススメで、汗をかくことで温度調節機能を復活させることができます。

 

運動すると血行が良くなって、老廃物も出やすくなるので、体全体が健康になります。

暑いからといって体を動かさないのではなく、適度な運動をして汗をかくことで体温の調節を図るようにしましょう。

涼しい夕方になってからでもいいので、少し運動するだけで随分と体の機能は回復するものです。

夏バテ症状チェックの原因と対策:まとめ

・夏バテの症状でよくあるのが倦怠感で、原因は冷房の効きすぎにあります。
疲労を回復するには睡眠は不可欠で、何とかしてよい睡眠を取れるよう工夫する必要があります。エアコンを一晩中つけっぱなしにすると寒くて睡眠の妨げになります。
対策としては、エアコンのタイマーが1時間後に切れるようにセットしておくと効果的です。

 

・夏バテの症状でよくあるのがストレスで、原因は自律神経の乱れにあります。
対策として手軽にできるのが入浴で、体を温めるとリラックス効果を得ることができます。
暑い夏こそしっかりお風呂に浸かるべきで、体の疲れが取れるのですっきりします。
熱いお湯に浸かる必要はなく、ぬるめのお湯に20分程度ゆっくり入るだけで、体温調節機能の乱れを回復することが可能です。
また、体温が上昇するので寝つきがよくなり、熟睡しやすくなります。
副交感神経が優位になるので、夏バテ予防法としてお風呂に入るのはオススメです。

 

・胃もたれなどの胃腸の不快感も夏バテの症状によくありますが、原因は冷たい物の食べ過ぎや飲み過ぎです。
対策としては、胃腸の調子が悪いと感じたら、胃腸に優しい負担の少ない優しい食べ物を食べるようにすることです。
夏バテ解消のためには、ビタミンB1が含まれた食べ物を摂取することが大事です。
オススメは豚肉で、夏の疲れを感じ始めた頃に豚肉を食べれば、疲労回復効果により、暑い夏を乗り切ることができるでしょう。

 

・夏バテの症状には冷え症もあります。
冷房の効いた室内の温度差が激しいと暑くて冷える夏を体感することになり、体にはよくありません。
原因はエアコン、対策としては、必ずインナーを着ることで、キャミソールなどのインナーを着て、お腹まわりを冷やさないようにすることです。エアコンがきいている室内では、上半身を薄くして下半身は厚めにすると良く、スカートやパンツに下着を重ねることで冷えを予防することができます。

 

・夏バテの症状で一番多いのが体のだるさで、原因はだらだらと過ごしてしまうことにあります。冷房がきいた場所にいると快適に過ごすことができるのですが、一方で体温調節機能が狂ってしまうことが懸念されます。
対策としては運動をするのがオススメで、汗をかくことで温度調節機能を復活させることができます。
運動すると血行が良くなって、老廃物も出やすくなるので、体全体が健康になります。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1344/trackback

PAGE TOP