おたふく風邪の症状、子供や大人の女性・男性の症状について・・

おたふく風邪は、子供の時に罹りやすい病気ですが、
一度も感染した経験のない人は大人も罹ります。

お子様を看病している時に、
唾液や空気中のウィルスで感染することが多く、
2週間程度の潜伏期間を経てから発症します。

 

子供は一週間ぐらいで、
症状が改善することが多いですが、
大人の場合は重症化がしやすく、
治癒するまでに
2週間から4週間程度掛かる場合があります。

 

おたふく風邪の症状は、首や肩の痛みを感じたり、
38度から40度ぐらいの高熱が出る場合もあります。

大人のおたふく風邪の症状は、
お子様と同様に耳下腺の腫れや
痛みが見られることが多いです。

 

耳下腺の腫れが見られると、
食べ物を食べにくくなったり、
ドライマウス気味になることが多いです。

おたふく風邪の症状が見られたら、
内科や耳鼻咽喉科で診察を受けるようにして下さい。

 

激しい腹痛や嘔吐などが見られる場合は、
合併症を起こしている可能性があるため、
早めに医療機関を受診する必要があります。

 

おたふく風邪 症状:女性・男性

女性の場合は、腹痛がある場合は
卵巣炎を起こしている可能性がありますが、
不妊の原因になることは少ないです。

 

男性の場合は、25パーセント程度で、
睾丸炎に罹る可能性がありますが、
両方の睾丸が腫れている場合は、無精子症などの
不妊の原因になってしまう可能性があります。

片方の睾丸だけが腫れている場合は、
不妊症になることは少ないです。

 

睾丸炎は、
患部を冷やすと楽になることが多いですし、
医師から処方された内服薬を
服用すると改善することが多いです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

おたふく風邪に掛かって、
耳下腺に腫れが見られたり、
発熱がある場合は、
充分な休息や睡眠を取るようにして下さい。

 

おたふく風邪は、
空気中のウィルスで感染することが多いため、
外出をする時はマスクを使用するようにしたり、
うがいや手洗いを心掛けるようにして下さい。

 

子供の時に感染した経験のある人や、
予防接種をしている場合は、
感染しても抗体があるため、
症状が軽いことが多いです。

 

発熱をしている時は、
水分をしっかりと補給をするようにして、
消化、吸収の良い食事を心掛けるようにしましょう。

内科や耳鼻咽喉科に通院をすると、
内服薬を処方してくれるので、
しばらくの間は根気よく続けるようにして下さい。

 

会社や大学に通勤や通学をしている人は、
医師に診断書を書いてもらうようにして、
周囲の人に知らせておいたほうが良いでしょう。

 

一定期間の潜伏期間を経てから、
発症した時は、
最初は風邪に似た症状が見られることが多いです。

人に感染する病気なので、
治癒するまでは学校や会社は休む必要があります。

 

大人の場合は、
子供に比べると重症化するケースが多いですが、
個人差があるため、軽症で済む場合があります。

お子様が感染している時や、
流行をしている時は大人も感染しやすくなるので、
充分に注意をする必要があります。

 

感染してから、
2週間程度経つと少しずつ改善してきますが、
無理をしないようにしましょう。

これから、
お子様を望んでいる人は合併症に注意して下さい。

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/134/trackback

PAGE TOP