汗のベタつきの原因と抑える方法まとめ

汗のベタつきの原因について

汗のベタつきの原因となるのは、日ごろからの運動不足や、室内でのエアコンの使い過ぎなどがあげられます。

日ごろから汗をかく習慣がないために、汗腺の機能が下がっているのが大きな理由です。

ベタつくのは、ミネラルと塩分が深く関わります。

人間の体に必要となるミネラルと塩分を、汗腺は血液へと再吸収をさせます。

 

汗腺の順調は働きができなくなると、ミネラルや塩分は吸収されることなく、発汗と一緒に流れ出ていきます。

蒸発をしにくいのが塩分とミネラルの特徴でもあり、これがニオイやべたつきになります。

皮膚の表面の状態を、ミネラルはアルカリ性に変えてしまうことも理由です。

アルカリ性となった皮膚の状態は、雑菌の繁殖がヒートアップしやすくなり、比例して発汗をした時のニオイも強くなります。

ベタベタした汗は深いですが、逆にサラサラした状態の汗もあります。

 

サラサラとしているのは、ベタベタしている汗とは違い、ミネラルの成分や塩分を、ほとんど含まない状態の汗です。

塩分とミネラルを含まないために、汗をかいても蒸発をするので、状態はサラサラとします。

ベタベタした汗をかくのは、日頃の習慣が関わりますので、生活習慣を改めることで、ベタベタした汗をかくのを防ぐことになります。

意識的に生活習慣を良いものと変えていくと、次第に汗はサラサラの状態に変わります。

 

体質的にもベタベタ汗をかくのをやめないと、肉体に必要なミネラル成分が足りなくなります。

ミネラル不足は冷え性やむくみも引き起こしやすく、夏場などは熱中症にもなりやすいです。

そればかりかミネラルが足りないと、薄毛を招きやすく、骨粗しょう症にもなりやすいといわれています。

女性の場合は、ミネラルが足りないことで、貧血や生理痛を招くこともあります。

 

スポンサードリンク


汗のベタつきを抑える方法

汗のベタつきを抑えるために、日ごろから汗腺を鍛えるようにして、汗腺を正常な状態にキープすることです。

水分を十分に満たしながら、体を温めること、運動などのトレーニングを実践します。

スムーズに汗腺が機能をしていなければ、血液内にミネラルの吸収がされないまま、外へと出ていくので、汗腺を鍛えることは必要です。

体温は一気に上げるのではなく、ゆっくりと上げるのが大事なので、ハードな運動は必要はないです。

じんわりと汗をかける方法を持続することで、体質は緩やかに変わります。

 

ウォーキングやヨガなどは、緩やかない動きでゆっくりと汗をかくことのできる良い方法です。

ウォーキングの際には帽子をかぶり水分を補給しながら、太陽の下での熱中症には十分に注意をします。

ヨガの際もそうですが、トレーニングをする際には、塩分と水分の補給は忘れずに行います。

気持ちの良い汗をかく方法として、岩盤浴をするのもよい手段です。

 

ホームケアのトレーニングとして、自宅のバスタブで半身浴をする方法もあります。

38度から40度くらいのぬるま湯をバスタブにいれて、半身浴で20分ほどゆったりと浸かります。

時間をかけてぬるま湯に浸かることで、たくさん汗をかくことができますし、気持ちの良い発汗になります。

半身浴をするときにも、水分補給はしながらです。

 

体が冷えることで汗腺の機能は下がりますので、エアコンは温度設定を下げすぎないように調整をします。

共有スペースの場合はエアコン対策として、ひざ掛けやカーディガンなど、肌を冷やさない対策を用意しておくことです。

内側から体を温める習慣も必要ですので、生姜湯を飲むようにするのも、べたつきのある汗を解消するサポートとなります。

汗のベタつきの原因と抑える方法:まとめ

・汗のベタつきの原因となるのは、日ごろからの運動不足や、室内でのエアコンの使い過ぎなどがあげられます。
日ごろから汗をかく習慣がないために、汗腺の機能が下がっているのが大きな理由です。

 

・ベタつくのは、ミネラルと塩分が深く関わります。
人間の体に必要となるミネラルと塩分を、汗腺は血液へと再吸収をさせます。
汗腺の順調は働きができなくなると、ミネラルや塩分は吸収されることなく、発汗と一緒に流れ出ていきます。
蒸発をしにくいのが塩分とミネラルの特徴でもあり、これがニオイやべたつきになります。

 

・サラサラとしているのは、ベタベタしている汗とは違い、ミネラルの成分や塩分を、ほとんど含まない状態の汗です。
塩分とミネラルを含まないために、汗をかいても蒸発をするので、状態はサラサラとします。

 

・汗のベタつきを抑えるために、日ごろから汗腺を鍛えるようにして、汗腺を正常な状態にキープすることです。
水分を十分に満たしながら、体を温めること、運動などのトレーニングを実践します。
スムーズに汗腺が機能をしていなければ、血液内にミネラルの吸収がされないまま、外へと出ていくので、汗腺を鍛えることは必要です。

 

・体温は一気に上げるのではなく、ゆっくりと上げるのが大事なので、ハードな運動は必要はないです。
じんわりと汗をかける方法を持続することで、体質は緩やかに変わります。
ウォーキングやヨガなどは、緩やかない動きでゆっくりと汗をかくことのできる良い方法です。

 

・ウォーキングの際には帽子をかぶり水分を補給しながら、太陽の下での熱中症には十分に注意をします。
ヨガの際もそうですが、トレーニングをする際には、塩分と水分の補給は忘れずに行います。

 

・38度から40度くらいのぬるま湯をバスタブにいれて、半身浴で20分ほどゆったりと浸かります。時間をかけてぬるま湯に浸かることで、たくさん汗をかくことができますし、気持ちの良い発汗になります。

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1337/trackback

PAGE TOP