痛風とコーヒー、牛乳、食事の関係まとめ

痛風コーヒーと尿酸値について

痛風は血液の中の尿酸値が高いことで引き起こされる疾患です。

痛風で悩まされている人は結構いると思います。

痛風の症状として足や膝の関節に痛みが出たりします。
とくに40代前後の男性に多くみられる疾患です。

痛風の改善にブラックコーヒーが良いという情報を耳にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

 

コーヒーはカフェインなので一般的に体に良くないというイメージが抱かれがちですが、そんなことはありません。

ブラックコーヒーにはクロロゲン酸という物質が含まれていますが、クロロゲン酸には抗酸化作用があるので尿酸の代わりに活性酸素を除去してくれる効果が期待できます。

そのことにより尿酸値の上昇を抑制することができるということです。

しかし、飲み過ぎは禁物です。

 

利尿作用がある飲み物なので、飲み過ぎると尿の量が増えて水分が体外に排出されてしまい、尿酸の濃度が高くなってしまう危険があるからです。

適量を飲むということが大切です。

どうしてもたくさん飲みたいという場合は、カフェインが含まれていないものを選んで飲むようにしましょう。

ミルクやシロップを入れてしまうと尿酸値が高くなる原因となりますので、ブラックで飲むというのがポイントとなります。

痛風と牛乳の関係について

牛乳が痛風の改善や予防に役立つという話もあります。

尿酸値を高くしてしまう原因としてプリン体が大きく関係しています。

尿酸はプリン体の最終産物で、肝臓で産生されて腎臓で排出されます。

尿酸の産生が過剰だったり排泄の機能が低下するとつらい症状につながってしまいます。

 

牛乳の成分にカゼインというのが含まれており、カゼインは胃や腸で分解されるとアラニンという成分に変わります。

アラニンは肝臓に働きかけて尿酸を体の外に排出させる効果があるので、尿酸値を低下させることができます。

しかし、飲み過ぎには注意しなければなりません。

脂肪が多い飲み物なので、過剰に飲むことでカロリーオーバーとなり肥満につながってしまいます。

 

肥満によりインスリンが増えると尿酸の排泄の妨げとなってしまいます。

逆効果にならないように注意する必要があります。

ですので、どうしても牛乳をたくさん飲みたいという場合は低脂肪タイプのものを選んで飲むようにしましょう。

スーパーに行けば低脂肪や低カロリーのものを手軽に購入することができます。

肥満にならないように適量を飲んで痛風の改善や予防に役立てましょう。



痛風と食事の関係について

痛風を改善させたり予防したりするためには食生活の改善も必要不可欠です。

まずは自分の日頃の食事について見直してみるということから始めてみましょう。

症状を悪化させる食べ物としては、アルコール、レバー、干物、肉類や魚介類の煮汁などがあります。

これらの食べ物に共通していることはプリン体が多いということです。

レバーや干物や煮汁は栄養が凝縮されているため、プリン体も多く含まれています。

 

アルコールの中でも最もプリン体が多く含まれているのがビールです。

これらの食べ物をなるべく控えるということが重要なポイントとなります。

積極的に食べるべきものとしては、ワカメ、昆布、ほうれん草、ゴボウ、バナナ、グレープフルーツ、ジャガイモ、サツマイモなどがあります。

これらの食べ物の共通点は、アルカリ性であるということです。

尿酸は酸性なので、アルカリ性に傾くことで尿酸値が下がりやすくなります。

そして、水をたくさん飲むということも心がけましょう。

1日2リットルを目安にこまめな水分摂取を意識しましょう。

コーヒーや牛乳が痛風の改善や予防に役立つメカニズムや食事の重要性や注意点などをきちんと理解して痛風に負けない健康な体づくりをしていきましょう。



痛風とコーヒー、牛乳、食事の関係:まとめ

・痛風は血液の中の尿酸値が高いことで引き起こされる疾患です。

・痛風の改善にブラックコーヒーが良いという情報を耳にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。
ブラックコーヒーにはクロロゲン酸という物質が含まれていますが、クロロゲン酸には抗酸化作用があるので尿酸の代わりに活性酸素を除去してくれる効果が期待できます。
そのことにより尿酸値の上昇を抑制することができるということです。
ミルクやシロップを入れてしまうと尿酸値が高くなる原因となりますので、ブラックで飲むというのがポイントとなります。

 

・牛乳の成分にカゼインというのが含まれており、カゼインは胃や腸で分解されるとアラニンという成分に変わります。
アラニンは肝臓に働きかけて尿酸を体の外に排出させる効果があるので、尿酸値を低下させることができます。

 

・症状を悪化させる食べ物としては、アルコール、レバー、干物、肉類や魚介類の煮汁などがあります。
これらの食べ物に共通していることはプリン体が多いということです

 

・積極的に食べるべきものとしては、ワカメ、昆布、ほうれん草、ゴボウ、バナナ、グレープフルーツ、ジャガイモ、サツマイモなどがあります。

これらの食べ物の共通点は、アルカリ性であるということです。

尿酸は酸性なので、アルカリ性に傾くことで尿酸値が下がりやすくなります。

そして、水をたくさん飲むということも心がけましょう。

 

・コーヒーや牛乳が痛風の改善や予防に役立つメカニズムや食事の重要性や注意点などをきちんと理解して痛風に負けない健康な体づくりをしていきましょう。
スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1322/trackback

PAGE TOP