痛風症状チェック、手・足・食事プリン体のポイントを抑えて治そう

痛風症状チェック:足

痛風はひどくなると足の指の関節などが腫れてしまい関節が炎症を起こしてしまいます。

風が肌をなでただけでも激痛が起こってしまう可能性がある病気なのです。

痛みがひどい症状が出るのですが、実は初期の段階ではほとんど自覚症状もなくて、痛みが出てきてしまった時にはかなり進行してしまっているということがあるので注意が必要なのです。

 

痛風をチェックするためにわかりやすい方法は、血液検査の時などに尿酸値を確認するということです。

定期的な健康診断を受けて毎年数値をチェックしておくとわかりやすいでしょう。

数値が悪化しているといわれてしまったら、食事などを気をつけることで改善することができます。

しかし中には健康診断をあまり受けないという人もいるかもしれません。

 

そういった人は稀にある痛風の初期症状を見逃さないでチェックしておくことが大切です。

ひどくなると風が触っただけで痛くなってしまったりするのですが、初期の段階でも足の指が腫れてしまうことがあります。

数日で痛みも治まることが多いのですが、そのままにしておくとだんだんと痛みの間隔が短くなってきてひどい痛みに襲われるようになってしまいますので、早めに治療を受ける必要があります。

痛風症状チェック:食事

尿酸値が高くなってしまって、痛風になる可能性が出てきてしまった時には、まず食事の状態をチェックするようにしましょう。

尿酸値をあげてしまう食材はいろいろあるので、それらを無意識のうちにたくさん食べているようだといつまでたっても症状を改善することができませんし、逆に痛風をひどくしてしまう可能性があるからです。

痛風を悪化させてしまう食事でよくチェックしておきたいのがプリン体です。

 

プリン体が多く含まれている物をたくさん摂取していると尿酸をたくさん生産してしまうので、できるだけ減らしていくことが大切です。

プリン体を多く含んでいる食材としては、まずアルコールを上げることができます。

プリン体の入っていない物を飲めばと思うかもしれませんが、アルコール自体に含まれているエタノールが尿酸を作ってしまうという働きがあるので、アルコール自体を控えるようにするとよいでしょう。

 

その他にも身体に良い栄養素がたくさん含まれているのですが、レバー類や干物類にもプリン体が多いので注意しましょう。

尿酸値を下げるためには、水をたくさん飲んだり海藻類や野菜などのアルカリ性の植物をたくさん食べるようにすると症状を改善していくことにつながります。

プリン体が気になる方はこのサプリメント『慈凰』

痛風症状チェック:手

痛風の多くは足の親指の付け根などに症状が出ることが多いのですが、手をはじめとしたひじやひざなどの関節にいたみがでることもあります。

手に症状が出る場合は、指の関節や甲が赤く腹上がったり痛みが出てきます。

これは痛みがある部分に尿酸が溜まってしまっていることが考えられます。

 

もしも以前に足に痛風の症状が出たことがあるのであれば、足の指も赤くはれ上がっている可能性もあるのでチェックしておきましょう。

指や甲に痛みが出る場合には、つき指をしたような感覚になってしまって違和感を感じたり、痛みで指を曲げづらくなったりしてしまいます。

痛みの発作が治まってしまっても繰り返し痛みが出てくる可能性が高いので早めに病院で治療を受けることが大切になります。

 

またごくまれにですが、心臓や脳の血管に障害を起こしてしまう合併症が起こる可能性もあるので注意が必要です。

多くの場合では痛風はまず足の親指の付け根が痛くなる場合が多いのですが、人によっては手から痛みが始まるという人もいます。

健康診断などで尿酸値をチェックしていないとなかなか痛みの原因がわからないということがあるかもしれませんので、ひどい痛みが出た場合には、痛みがひいたとしても一度病院でいてもらった方がいいでしょう。



痛風症状チェック:足・手・食事まとめ

・痛風をチェックするためにわかりやすい方法は、血液検査の時などに尿酸値を確認するということです。

 

・痛風を悪化させてしまう食事でよくチェックしておきたいのがプリン体です。

 

・プリン体を多く含んでいる食材としては、まずアルコールを上げることができます。

レバー類や干物類にもプリン体が多いので注意しましょう。

 

・尿酸値を下げるためには、水をたくさん飲んだり海藻類や野菜などのアルカリ性の植物をたくさん食べるようにすると症状を改善していくことにつながります。

 

・手に症状が出る場合は、指の関節や甲が赤く腹上がったり痛みが出てきます。

・指や甲に痛みが出る場合には、つき指をしたような感覚になってしまって違和感を感じたり、痛みで指を曲げづらくなったりしてしまいます。

 

・ごくまれにですが、心臓や脳の血管に障害を起こしてしまう合併症が起こる可能性もあるので注意が必要です。

・健康診断などで尿酸値をチェックしていないとなかなか痛みの原因がわからないということがあるかもしれませんので、ひどい痛みが出た場合には、痛みがひいたとしても一度病院でいてもらった方がいいでしょう。

 

尿酸値が気になる方にオススメのサプリメント『慈凰』

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1298/trackback

PAGE TOP