毛穴の黒ずみとる方法、治し方、綿棒などポイントを抑えキレイにしよう

毛穴の黒ずみの治し方

顔を鏡でじっと見ていると、何となく黒ずんだポツポツが目立つことが少なくありません。

つい気になっていじってしまいますが、これは毛穴の部分に皮脂汚れやホコリ汚れなどが溜まって酸化した結果、黒くなっているのが原因です。

黒ずみの治し方は皮膚の潤いを取り戻すことで実現できます。

皮膚が乾燥してしまうと周囲の古い角質のキメがなくなってしまい、毛穴に部分にポロポロと溜まりやすくなります。

 

溜まった後に別の汚れと混じり合って角栓が出来て徐々に黒ずんでしまいますが、潤いを与えてふっくらとした皮膚にすれば徐々に黒ずみが目立たない皮膚に変化するでしょう。

ポイントになるのが、クレンジングと洗顔料の使い方です。

メイクをする女性であればダブル洗顔をすることもあるでしょうが、洗浄力の強いクレンジングと洗顔料を使うと、必要な皮脂や水分まで取り除いて乾燥してしまいます。

これを考えると、洗浄力の強いオイルクレンジングは避けたほうが良さそうです。

ミルクやクリームなら優しくメイクを落とせます。

洗顔料は洗い上がりがマイルドなシンプルな洗顔石鹸がおすすめです。

ピーリング効果のあるものやスクラブ入りのものだと刺激が強すぎますので、極力使わないようにしましょう。

毛穴の黒ずみをとる方法について

毛穴の黒ずみが気になる人がたくさんいるためか、世の中には黒ずみをとる方法がたくさん紹介されています。

一時期評判になったとる方法として、鼻に貼れるシートタイプのパックがありました。

貼った後にしばらくして剥がすと、ごっそりと角栓が取り除かれて実感が得られるのが人気でしたが、粘着力のあるシートを剥がす時に皮膚を傷つけることが多く、却って皮脂分泌が増えてしまい汚れが余計に溜まってしまうのが問題です。

 

クレンジングや洗顔料で落とすこともできますが、完全に落とし切るのは難しく、ゴシゴシと擦ってしまいがちですので、この方法もかなり難しいと言わざるを得ません。

ピーリング効果のある洗顔料は乾燥を進める他、皮膚に消しゴムをかけるような洗顔方法になってしまうため危険です。

洗顔前に蒸しタオルで温めてあげると、毛穴が柔らかくなって黒ずみの元である角質汚れを落としやすくします。

この方法であれば皮膚を擦ったり傷つけたりすることがありませんので、比較的安全なとる方法だといえるでしょう。

美容皮膚科の治療でとってもらうこともできます。

ケミカルピーリングで皮膚のターンオーバーを高めたり、レーザーで皮膚の色素沈着を薄くするという高度な技術です。

毛穴の黒ずみ綿棒について

口コミで人気の黒ずみをとる方法として、綿棒を使ったやり方が紹介されています。

安くて入手しやすい道具を用意すればできる方法で、これなら誰でもお金をかけることなくできそうです。

オイルで滑りやすくした状態で毛穴の周囲を綿棒でくるくると回しながらマッサージすると、実際に黒ずんだ角栓が落ちてくれますから、なかなか楽しい方法です。

しかし、このやり方はおすすめしません。

角栓をとった後に毛穴がぱっくりと開いてしまい、その部分に汚れが余計に溜まってしまうからです。

優しく行っても皮膚に綿棒を押し付けるため、皮膚ダメージが気になります。

 

全ての方法にいえることですが、毛穴に詰まった汚れは無理やり落とす必要はありません。

角栓などの汚れは自然に押し出される仕組みになっていますので、自然な流れに任せるだけで十分です。

それよりも乾燥を防ぐことに徹しましょう。

皮膚に潤いが蘇れば汚れが詰まりにくい状態になり、しばらくすれば黒ずみ汚れが目立たない綺麗な状態に変化させることができるでしょう。

ただ、黒ずみの原因になる汚れは必ず発生するものですから、毎日の洗顔を欠かさず行ってください。

洗顔後には乾燥を防ぐために、化粧水などで保湿してあげるこ

毛穴の黒ずみ治し方・とる方法・綿棒:まとめ

・黒ずみの治し方は皮膚の潤いを取り戻すことで実現できます。

・ポイントになるのが、クレンジングと洗顔料の使い方です。
メイクをする女性であればダブル洗顔をすることもあるでしょうが、洗浄力の強いクレンジングと洗顔料を使うと、必要な皮脂や水分まで取り除いて乾燥してしまいます。

 

・毛穴の黒ずみをとる方法として一時期評判になったとる方法として、鼻に貼れるシートタイプのパックがありました。
貼った後にしばらくして剥がすと、ごっそりと角栓が取り除かれて実感が得られるのが人気でしたが、粘着力のあるシートを剥がす時に皮膚を傷つけることが多く、却って皮脂分泌が増えてしまい汚れが余計に溜まってしまうのが問題です。

 

・オイルで滑りやすくした状態で毛穴の周囲を綿棒でくるくると回しながらマッサージすると、実際に黒ずんだ角栓が落ちてくれますから、なかなか楽しい方法です。
角栓をとった後に毛穴がぱっくりと開いてしまい、その部分に汚れが余計に溜まってしまうからです。
優しく行っても皮膚に綿棒を押し付けるため、皮膚ダメージが気になります。

 

・洗顔前に蒸しタオルで温めてあげると、毛穴が柔らかくなって黒ずみの元である角質汚れを落としやすくします。

・ケミカルピーリングで皮膚のターンオーバーを高めたり、レーザーで皮膚の色素沈着を薄くするという高度な技術です。

・皮膚に潤いが蘇れば汚れが詰まりにくい状態になり、しばらくすれば黒ずみ汚れが目立たない綺麗な状態に変化させることができるでしょう。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1295/trackback

PAGE TOP