夜のダイエット食事まとめ、時間・コンビニ・炭水化物の3つのポイントを知ろう

夜のダイエット食事:時間について

夜のダイエットは、時間による影響を常に受けるのが特徴です。

本来であれば、寝る前に食事をすることは避けたいところですが、仕事や学業などの事情で遅くなってしまうことがあるはずです。

この場合には、遅い時間に食べることによって発生する悪影響を軽減することが欠かせません。

人間の体は、午後10時以降にはエネルギーを特に溜め込みやすい性質になっているため、できる限りは10時以内に食べることが大切です。

 

仕事で帰宅が遅くなる場合には、最初にお風呂に入ると、食事が10時過ぎになってしまうことがあります。

そのため、お風呂よりも食べることを優先して、午後10時になる前には消化できる状態にしておくことが理想です。

午後10時以降に食事をする場合でも、工夫次第で悪影響を打破することはできます。

 

寝る前に食べる場合には、通常であれば脂肪を蓄積しやすくなるわけですが、食材選びや食べ方の工夫で状況が変化します。

最初から炭水化物や脂質が豊富な主菜を食べることはせずに、野菜や海藻などを副菜から吸収すると、太りにくい状態になります。

夜10時以降には、ノンカロリーに近い料理だけで小腹を満たして、すぐに寝てしまうのも解決法の一つです。

この場合には歯ごたえのある食材を利用して、満腹感を早く得る工夫をすることが大切です。

夜のダイエット食事:コンビニ編

夜のダイエットでは、コンビニで調達した食材や総菜などで食事を作る場合がありますが、選び方には十分に注意しなければいけません。

スーパーの食材とは違って、選択できる種類が少なく、栄養バランスが偏ったものがあるためです。

夜には胃腸の負担を軽減させる必要があるため、レジ付近で売っている揚げ物は避けたほうが良いでしょう。

高タンパクで低カロリーなサラダチキンは、活用する価値が高いと思います。

 

野菜サラダと一緒に購入して、家に帰ってからは混ぜて調理すると、特にヘルシーな料理が作れるわけです。

サラダチキンは用途の幅が広いですから、ラーメンなどの麺料理の付け合わせてとして使うこともできます。

この場合には、チャーシューよりもカロリーが低くなるのがメリットです。

 

主食については、おにぎりやパンを選ぶことができますが、なるべくは野菜と一緒になったものを選択したほうが良さそうです。

五目おにぎりを選べば、根菜や海藻などの具材が入っているおかげで、糖質の影響がダイレクトに出ることがなくなるはずです。

コンビニのダイエット食事では、おでんも利用すると便利です。

がんもどきや練り物などは、そのままの状態ではカロリーや脂分が気になりますが、おでんの具材から選べば低カロリーな状態で食べられるのが利点です。

夜のダイエット食事:炭水化物について

夜のダイエット食事は、炭水化物の量を制限することが欠かせません。

主食は消化に良いものを選ぶと同時に、他の具材で水増しするなどして、量を調整するとダイエット向きな内容になります。

完全に我慢するとストレスがたまるため、適度な量を食べることは大事ではないでしょうか。

炭水化物を減らす方法では、水分を増やす調理法を用いることができます。

 

通常はご飯を茶碗1杯だけ食べる習慣を改めて、半分に減らしてから数倍の量の水を加えて調理します。

こうすることで、お粥が完成することになるわけですが、水分が増えた分だけカロリーなどが軽減するのがポイントです。

お粥は夜に食べても胃腸に優しく、冬には体が温まって代謝も促進するため、ダイエットでは積極的に作ると良いでしょう。

 

ご飯や麺類を食べる場合には、コンニャクや穀物などを付け足すことも賢い方法です。

ご飯に対しては、大根などの青菜を豊富に入れるだけでも、糖質が過剰な状態が改善して、歯ごたえもある主食になります。

粒状のコンニャクをご飯に混ぜる場合でも、同様な利点を得ることができるでしょう。

夜にラーメンが食べたくなったときには、麺状に加工されたコンニャクを使うだけでもバランスが整います。

夜のダイエット食事:時間・コンビニ・炭水化物まとめ

・人間の体は、午後10時以降にはエネルギーを特に溜め込みやすい性質になっているため、できる限りは10時以内に食べることが大切です。

 

・寝る前に食べる場合には、通常であれば脂肪を蓄積しやすくなるわけですが、食材選びや食べ方の工夫で状況が変化します。
最初から炭水化物や脂質が豊富な主菜を食べることはせずに、野菜や海藻などを副菜から吸収すると、太りにくい状態になります。

 

・夜10時以降には、ノンカロリーに近い料理だけで小腹を満たして、すぐに寝てしまうのも解決法の一つです。
この場合には歯ごたえのある食材を利用して、満腹感を早く得る工夫をすることが大切です。

 

・夜には胃腸の負担を軽減させる必要があるため、レジ付近で売っている揚げ物は避けたほうが良いでしょう。
高タンパクで低カロリーなサラダチキンは、活用する価値が高いと思います。
野菜サラダと一緒に購入して、家に帰ってからは混ぜて調理すると、特にヘルシーな料理が作れるわけです。

 

・コンビニのダイエット食事では、おでんも利用すると便利です。
がんもどきや練り物などは、そのままの状態ではカロリーや脂分が気になりますが、おでんの具材から選べば低カロリーな状態で食べられるのが利点です。

 

・主食は消化に良いものを選ぶと同時に、他の具材で水増しするなどして、量を調整するとダイエット向きな内容になります。

・完全に我慢するとストレスがたまるため、適度な量を食べることは大事ではないでしょうか。
炭水化物を減らす方法では、水分を増やす調理法を用いることができます。

 

・ご飯や麺類を食べる場合には、コンニャクや穀物などを付け足すことも賢い方法です。

・夜にラーメンが食べたくなったときには、麺状に加工されたコンニャクを使うだけでもバランスが整います。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1292/trackback

PAGE TOP