汗かき改善方法・原因・代謝の3つのポイントをおさえよう

汗かき改善方法について

汗かきだと自覚している状態ならば、具体的にどの部分にどれくらい汗をかいているのか冷静に確認してみると良いでしょう。

なぜなら、多汗症にかかっているのか、自律神経が不調なために意図せずに汗が出てしまっているのかといった原因に合わせて適切な対処を行えば、改善されやすいからです。

本来の汗の役割は、体温調節機能ですから、水分をあまり摂取しなければ確かに汗をあまりかかないでしょう。

 

しかし、汗かきを改善したとは言えないので、どのような汗を自分でかいているのか考えてみる必要があります。

辛い物が好きな場合には、成分によって顔や首周りに汗をかくのは、正常な反応ですから香辛料を控えれば良いわけです。

体内に必要な水分量を摂取しなければ、血液がドロドロになりやすくなるので健康に良くないでしょう。

 

自律神経が不調をきたしている場合には、規則正しい生活を行なうだけでも汗かきを改善できることがあります。

暑くないのになぜか汗が出る機会が多いなど、夏場の冷房病にかかっている状態でも、自律神経が乱れやすくなっているので、意図しない汗をかいてしまうことで、気になってしまっている状況があります。
気にしすぎないことが何よりも大切です。



汗かき原因について

汗かきの原因は、主に3種類存在していて、温熱性発汗・精神性発汗・味覚性発汗です。

温熱性発汗は、恒温動物の中でも発汗により気化熱を利用して身体表面を冷やすことを目的としているので、体温が45度に達すると体内のたんばく質が凝固し始めてしまうことを防ぐ意味があります。

室温や直射日光による影響だけでなく、運動によって体内の熱が篭もらないようにする生理現象ですから、さほど気にする必要は無いでしょう。

 

問題となるのは、精神性発汗です。

精神性発汗は、冷や汗をかく時に起こるもので、手足の裏側や脇など局部的に汗かきとなる状態です。

極度の緊張や精神的にストレスが加わると、本人の意思と関係なく発汗してしまうので、精神的な原因を取り除く必要があります。

冷や汗ばかりかいているのは身体にも良くないでしょう。

 

味覚性発汗は、辛い物や香辛料を含んだ食品を食べた時に起こりますが、熱い物を食べた時にも同様に発汗します。

顔や首の周りによく汗をかくので、食べ物が原因だとすぐに分かるでしょう。

なぜ汗をかいているのかが分かれば、対策もとりやすくなるので、単に汗かきと考えるだけではなく、3種類の発汗のうちどのタイプかを確認しておけば対処しやすくなるでしょう。



汗かき代謝について

汗かきだからといって代謝が良いとは限らないことは、あまり知られていません。

冷え性が原因で発汗量が増えている場合には、水分を上手に対外に排出出来ずに汗として強制的に排出している状態になります。

代謝の良さは、内臓の動きにも関係してくるので、冷え性が原因となっている状態ならば、基礎代謝を上げる工夫をする必要があります。

 

一方、肥満が原因であれば、筋肉量に対して脂肪量が多いので、体内に熱がこもりやすくなっている状態です。

内臓脂肪が原因で体内の熱を処理出来なければ、発汗による気化熱を利用した体温を下げる必要があります。

何もしていなくても常時発汗している場合には、肥満を疑うことも必要でしょう。

 

汗かきは全身に起きるわけではなく、運動不足が原因となっていれば、汗腺が衰えている部分があるので、まだ汗腺が衰えていない部位から集中的に発汗してしまう状況になります。

本人が意図しない場所のみに大量の汗が出てしまうのは、全身の汗腺に衰えが来ている可能性を考えてみる必要があるでしょう。

運動をしっかり行なうことで、汗腺が活発に働くようになれば、全身の汗腺からの発汗を促せるので、気になる部位のみに発汗が集中することは無くなります。

汗かき改善方法・原因・代謝:まとめ

・自律神経が不調をきたしている場合には、規則正しい生活を行なうだけでも汗かきを改善できることがあります。

 

・辛い物が好きな場合には、成分によって顔や首周りに汗をかくのは、正常な反応ですから香辛料を控えれば良いわけです。
体内に必要な水分量を摂取しなければ、血液がドロドロになりやすくなるので健康に良くないでしょう。

 

・暑くないのになぜか汗が出る機会が多いなど、夏場の冷房病にかかっている状態でも、自律神経が乱れやすくなっているので、意図しない汗をかいてしまうことで、気になってしまっている状況があります。
気にしすぎないことが何よりも大切です。

 

・汗かきの原因は、主に3種類存在していて、温熱性発汗・精神性発汗・味覚性発汗です。

 

・温熱性発汗は、恒温動物の中でも発汗により気化熱を利用して身体表面を冷やすことを目的としているので、体温が45度に達すると体内のたんばく質が凝固し始めてしまうことを防ぐ意味があります。
室温や直射日光による影響だけでなく、運動によって体内の熱が篭もらないようにする生理現象ですから、さほど気にする必要は無いでしょう。

 

・精神性発汗は、冷や汗をかく時に起こるもので、手足の裏側や脇など局部的に汗かきとなる状態です。
極度の緊張や精神的にストレスが加わると、本人の意思と関係なく発汗してしまうので、精神的な原因を取り除く必要があります。

 

・味覚性発汗は、辛い物や香辛料を含んだ食品を食べた時に起こりますが、熱い物を食べた時にも同様に発汗します。
顔や首の周りによく汗をかくので、食べ物が原因だとすぐに分かるでしょう。

 

・冷え性が原因で発汗量が増えている場合には、水分を上手に対外に排出出来ずに汗として強制的に排出している状態になります。
代謝の良さは、内臓の動きにも関係してくるので、冷え性が原因となっている状態ならば、基礎代謝を上げる工夫をする必要があります。

肥満が原因であれば、筋肉量に対して脂肪量が多いので、体内に熱がこもりやすくなっている状態です。
内臓脂肪が原因で体内の熱を処理出来なければ、発汗による気化熱を利用した体温を下げる必要があります。
何もしていなくても常時発汗している場合には、肥満を疑うことも必要でしょう。

・個人差があるので注意してください。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1287/trackback

PAGE TOP