汗をかかない方法、顔・頭・脇の3つのポイントを抑えよう

汗をかかない方法:顔編

顔は人間の体の中でもっとも目立つ部分であり、汗をかいてしまうと分かりやすく、印象が悪くなっていしまします。

そのため、営業などの人に会うことが仕事をしている人にとっては、大きな問題であり、悩みになっています。

最近は、汗をかかない方法がいろいろと紹介されており、少し工夫をするだけで改善をすることができます。

顔汗を抑える方法の一つとして、ツボがあります。

これは、器具や薬品などを使うことなく、いつでもどこでも行える方法であり、とても便利です。

外出中や電車、地下鉄などに乗っている時でも対策できますので、場所を選ばない対処法と言えます。

 

顔汗を防ぐツボとして知られているのが、労宮(ろうきゅう)、後谿(こうけい)です。

この2つは手の中にあるツボであるため、服装に関係なく、いつでもどこでも刺激することができますので、夏の暑い時などに効果が期待できます。

労宮は、手を握った時、中指の先が当たるところであり、手のひらのほぼ中心に位置しています。両手の労宮を強く指で押すことによって、効果が期待できます。

後谿は、手をに切り占めた時に、小指の付け根にしわができる部分です。
ここを指先で強めに押すことで、汗の改善が期待できます。

 

スポンサードリンク


汗をかかない方法:頭編

次に、頭から汗をかかない方法を紹介します。

帽子などを被ると、汗で変色している箇所があるくらいで、人間の体の中で汗をかきやすい部分として知られています。

これを改善するための方法はあります。

もっとも効果が感じやすいのは、制汗剤を塗ることです。

最近は、さまざまなメーカーが制汗剤を発売しており、頭に利用することが可能な商品もあるため、これを使うことで相当な効果が期待できます。

また、ミョウバンや重曹なども制汗剤としての効果が期待できますので、汗を抑える方法として、利用してみる価値があります。

 

あまりにも汗がひどい場合には、内服薬で抑える方法があります。

大量の汗が頭から流れ出てしまう場合、神経や精神上の問題があるケースが考えられます。

医師に相談することによって、神経遮断薬や抗不安薬を処方してくれます。

この2つの薬は、汗を抑ええる内服薬でもあります。

漢方薬を使って、汗を抑える方法もあります。

漢方薬は、体の悪い部分に対して直接影響を与えるというよりも、体のバランスが崩れている部分を整え、体調を正常化していくことに重点が置かれています。

継続して飲んでいくことで、効果が期待できます。

漢方薬専門の医師などに相談すると、汗をおさえる漢方薬を処方してくれます。

汗をかかない方法:脇編

夏場になると目立つのが、脇汗です。

手を上げたり、電車でつり革を持ったりすると見えてしまう部分です。

そのため、この部分で汗をかかない方法があれば、特に女性にとって助かることになります。

脇汗は、精神的な部分と密接にかかわっており、メンタルが不安定になると大量に発生する傾向があります。

そのため、普段から深呼吸を行ったり、ストレッチやヨガなどで体を軽く動かしたり、楽観的な言葉を口にするだけで、改善を期待することができます。

 

また、食事の影響もあると言われており、バランスの乱れた食生活によって汗腺を刺激して、脇汗を増やすだけではなく、それに伴う臭いも発生する可能性があります。

野菜、果物、植物性のたんぱく質を積極的に摂るようにするだけで、汗をかく量の改善が期待できます。

また、夏場になるとエアコンなどがきいた部屋にいることが多く、女性の中には冷え性になってしまう人もいます。

手足は冷えているにもかかわらず、わきからは汗が出るという状態が起こることがあります。

自宅などではあまり冷房を入れ過ぎないようにするなど、冷え性にならないように意識しながら生活を送ることで、わきから出る汗の量を減らすことが期待できます。

汗をかかない方法:まとめ

・顔汗を防ぐツボとして知られているのが、労宮(ろうきゅう)、後谿(こうけい)です。

・労宮は、手を握った時、中指の先が当たるところであり、手のひらのほぼ中心に位置しています。
両手の労宮を強く指で押すことによって、効果が期待できます。

 

・後谿は、手をに切り占めた時に、小指の付け根にしわができる部分です。
ここを指先で強めに押すことで、汗の改善が期待できます。

・頭の汗の場合、もっとも効果が感じやすいのは、制汗剤を塗ることです。
最近は、さまざまなメーカーが制汗剤を発売しており、頭に利用することが可能な商品もあるため、これを使うことで相当な効果が期待できます。

 

・あまりにも汗がひどい場合には、内服薬で抑える方法があります。
大量の汗が頭から流れ出てしまう場合、神経や精神上の問題があるケースが考えられます。

・漢方薬は、体の悪い部分に対して直接影響を与えるというよりも、体のバランスが崩れている部分を整え、体調を正常化していくことに重点が置かれています。
継続して飲んでいくことで、効果が期待できます。

 

・脇汗は、精神的な部分と密接にかかわっており、メンタルが不安定になると大量に発生する傾向があります。
そのため、普段から深呼吸を行ったり、ストレッチやヨガなどで体を軽く動かしたり、楽観的な言葉を口にするだけで、改善を期待することができます。

 

・食事の影響もあると言われており、バランスの乱れた食生活によって汗腺を刺激して、脇汗を増やすだけではなく、それに伴う臭いも発生する可能性があります。
野菜、果物、植物性のたんぱく質を積極的に摂るようにするだけで、汗をかく量の改善が期待できます。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1282/trackback

PAGE TOP