脇の黒ずみの原因・とる方法・解消方法の3つのポイントをチェックしよう

脇の黒ずみ原因について

脇の部分が黒ずんでいる状態は、気持ちの良いものではありません。

原因にはいくつかありますが、まず普段のムダ毛処理を思い出してください。

女性であればカミソリを使ってムダ毛処理をする機会が増えるでしょうが、摩擦や切り傷などが影響して皮膚ダメージが蓄積され、黒色のメラニン色素の分泌が増えてしまう心配があります。

カミソリだけでなく、毛抜きや脱毛クリームのダメージ、タオルなどで強く擦るのも同様です。

 

ムダ毛処理後のお手入れがいい加減だと、毛穴が開いて汚れが詰まりがちです。

古い角質や皮脂汚れなどが混じり合って酸化し、毛穴に黒ずんだ角栓を作りやすくします。

毛穴の開きは、ムダ毛処理後のお手入れ不足だけではありません。

皮脂の分泌量が多い人というのは毛穴が開き気味で、皮脂汚れが詰まりやすい状態です。

 

このタイプは黒ずみのある角質汚れが発生しやすい体質だといえますので注意しましょう。

脇の汗には制汗スプレーと使うと臭いが軽減されますし、肌触りが良くなって気持ちよくなります。
しかし、制汗スプレーを始めとするデオドラント製品を頻繁に使いすぎると、これも毛穴詰まりを引き起こす恐れがあります。

ターンオーバーが乱れると古い角質が蓄積されて、黒ずみが発生しやすくなることを覚えておきましょう。

脇の黒ずみとる方法

黒ずみの主な原因はメラニン色素が皮膚の内部に残ってしまうことと、毛穴の開きやターンオーバーなどが関係しますので、肌の状態を良くすることが、黒ずみをとる方法として適していると判断できるでしょう。

日常生活できちんと脇の部分をケアしてあげることで徐々に黒ずんだ部分が薄くなってきますから、根気よく行ってください。

用意するのは市販の美白化粧品で構いません。
ローションや美容液、クリームなどが存在します。

その中から好きなものを選んでも良いですし、併用するのもおすすめです。

 

使っているうちに美肌に整えることができます。

美白化粧品選びで注目したいのが、配合されている美白成分の種類です。

ハイドロキノンはメラニン色素の分泌を抑える機能を持っています。

シミ治療の現場で使われていますが、濃度を薄めたものであれば市販の化粧品にも配合できる美白成分として注目されています。

ルミキシルペプチドは、ハイドロキノンよりも美白作用が強い成分として注目度が高まっています。

キメを整える作用もあり、荒れがちな脇の部分のケアにも便利に使えるでしょう。

ビタミンC誘導体はメラニン対策としてポピュラーな存在で、割と多くの商品に配合されている、おすすめの美白成分です。

脇の黒ずみ解消方法

普段から美白化粧品で脇の部分をケアすれば、正常なターンオーバーとキメが整い、メラニン色素の発生を抑えられることで黒ずみが解消されそうですが、発生させる原因を取り除かなければケアの作用が引き出せません。

そこで、原因を取り除く解消方法を同時に実践してみましょう。

ムダ毛処理後は必ず肌を整えてください。

 

冷やしてから刺激の少ないスキンケア化粧品で潤すとキメが良くなります。

切り傷があるなら、市販薬の軟膏などで保護します。

できれば自宅で処理するのではなく、肌に優しい脱毛サロンや脱毛クリニックで処理を依頼するのがおすすめです。

デオドラント製品の使いすぎに注意しましょう。

 

刺激が少ないものや潤いを保ってくれる製品なら、黒ずみが発生しにくくなります。

摩擦がメラニン色素の分泌を促しますが、擦れやすい下着や衣服を着用するのを避けると、徐々に元の肌の色に戻ってくれるようになります。

肌荒れやターンオーバーの乱れ、毛穴の開きの問題は身体の調子が良くすることも大切です。

睡眠不足は美肌の大敵です。

夜更かしをせず、早めに寝るように心掛けてください。

食事の栄養バランスが偏っていると、肌の状態を悪くしてしまいます。

ビタミンやミネラル、タンパク質が豊富な野菜や果物、肉類や魚介類など何でも食べる習慣をつけましょう。

脇の黒ずみ原因・とる方法・解決方法:まとめ

・女性であればカミソリを使ってムダ毛処理をする機会が増えるでしょうが、摩擦や切り傷などが影響して皮膚ダメージが蓄積され、黒色のメラニン色素の分泌が増えてしまう心配があります。

 

・ムダ毛処理後のお手入れがいい加減だと、毛穴が開いて汚れが詰まりがちです。

皮脂の分泌量が多い人というのは毛穴が開き気味で、皮脂汚れが詰まりやすい状態です。

 

・日常生活できちんと脇の部分をケアしてあげることで徐々に黒ずんだ部分が薄くなってきますから、根気よく行ってください。

 

・ハイドロキノンはメラニン色素の分泌を抑える機能を持っています。
シミ治療の現場で使われていますが、濃度を薄めたものであれば市販の化粧品にも配合できる美白成分として注目されています。
ルミキシルペプチドは、ハイドロキノンよりも美白作用が強い成分として注目度が高まっています。

 

・ムダ毛処理後は必ず肌を整えてください。
冷やしてから刺激の少ないスキンケア化粧品で潤すとキメが良くなります。
切り傷があるなら、市販薬の軟膏などで保護します。できれば自宅で処理するのではなく、肌に優しい脱毛サロンや脱毛クリニックで処理を依頼するのがおすすめです。

 

・刺激が少ないものや潤いを保ってくれる製品なら、黒ずみが発生しにくくなります。
摩擦がメラニン色素の分泌を促しますが、擦れやすい下着や衣服を着用するのを避けると、徐々に元の肌の色に戻ってくれるようになります。
肌荒れやターンオーバーの乱れ、毛穴の開きの問題は身体の調子が良くすることも大切です。
睡眠不足は美肌の大敵です。

 


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1277/trackback

PAGE TOP