インフルエンザ 予防と対策に消毒など一番効果的な方法

インフルエンザは日常生活で対策することで
感染を予防することができます。

まず、室内の湿度を50%~60%に保つことです。

空気が乾燥すると喉の粘膜が無防備になって
防御力が下がるので、ウイルスに感染しやすくなります。

 

湿度が50%~60%になると
インフルエンザウイルスの不活化率が向上します。

乾燥しやすい場所では加湿器などで対策します。

 

加湿空気清浄機 ダイキン MCK70P DAIKIN ダブル方式 空気清浄機 31畳 加湿機能 PM2.5対応 本体 …

 

次に手洗いを徹底します。

飛沫によってウイルスが付着した手指や物は手を通して接触感染します。
ドアノブでは2時間~8時間生存できるため、手は感染の大きな原因です。

手を洗う時は時計や指輪を外して、
爪も常に短く切っておくと汚れが落ちやすいです。

流水で手を濡らして、
石けんを手のひらで擦りながら泡立てます。

 

手の甲は伸ばすように擦ると、凹凸に沿って洗えます。

指先や爪、指の間までしっかり洗い、
親指は手のひらをねじります。

手首も忘れずに洗って、十分な水で泡を落としたら
タオルやキッチンペーパーで水気を拭き取ります。

仕上げにアルコール除菌すると効果的ですが、
濡れた手では除菌されないので注意します。

帰宅時や食事前、咳やくしゃみをした後、
トイレの後は必ず手を洗います。

 

インフルエンザウイルスは
気道に付着すると20分程度で細胞内に取り込まれて増殖します。

よってうがいで対策するには、
20分ごとにうがいをしなければなりません。

現実的でない予防法ですが、

うがいは喉の乾燥を防いで粘膜を強化する働きがあります。

免疫力を上げるために、うがいをすることは効果的です。

口に水を含んで
少し強めに「ブクブク」とゆすいで吐き出します。

 

そして

新たに水を含んで上を向いた状態で
15秒間「ガラガラ」とうがいをして吐き出します。

これを2回行います。

1日の回数は決まっていませんが、
流行時には朝昼晩の3回に加え、
乾燥しやすい寝る前の合計4回行うと良いです。

 

スポンサードリンク


 

その他にもマスクなどがあり、
マスクも正しく使えば、予防することが可能になります。

ウイルスを完全にシャットアウトすりマスクはありませんが、
マスクの中で自分の呼気に含まれる湿度が循環するため、
乾燥を防ぐことができます。

また、
他人の咳やくしゃみによる飛沫感染を避けられます。

マスクは鼻と頬、顎の3点がしっかりとフィットするものを選びます。
マスクを着用している時は、手で触れないことが重要です。

 

 

外で使用したマスクはウイルスで汚染されている可能性が高いので、
密閉して捨ててすぐに手を洗います。
また、栄養バランスを整えて体調を崩さないようにします。

 

インフルエンザ予防に効果があるのは、R-1乳酸菌です。

ナチュラルキラーの働きを高める働きを持ち、
ウイルスや悪性の細胞を死滅させます。

おやつ代わりに
R-1乳酸菌でできたヨーグルトやドリンクを摂取します。

 

 

納豆や山芋のように
ネバネバした食材に含まれるムチンは、
鼻や目の粘膜を保護します。

ウイルスは粘膜から侵入するので、
ムチンも予防として適しています。

そしてワクチンによる対策です。
ワクチンは流行期を迎える前の
11月頃に接種を受けるのが良いです。

 

13歳未満は2週間~4週間間隔を開けてから
2回接種します。

また
65歳以上の人は
過去にインフルエンザにかかっていると
1回の接種で免疫力を得られます。

 

14歳~64歳の人は
1回で済ませるか医師と相談して決めます。

ワクチンを打つと65歳未満の健常者で、
70%~90%の人が発症を回避できます。

特に合併症の併発や高齢者の死亡リスクを
軽減できるメリットがあります。

 

行政でもワクチンの接種を勧めており、
65歳以上の高齢者や
60歳~64歳で心臓や呼吸器系、腎臓などの
基礎疾患を持つ人は、
ワクチン定期接種の対象として法令で定めています。

市町村で費用を補助することもあるので、
より多くの人が受けやすいです。

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/127/trackback

PAGE TOP