胃腸炎診断方法、食事、病院など3つのポイントをチェックしよう

胃腸炎診断方法

一言に胃腸炎と言っても
その種類には様々なものがあり、
正しく診断するためには胃腸炎の専門的な
診断方法を採用する必要があります。

ノロウイルスやロタウイルス、アデノウイルス
と言った代表的なウイルス性胃腸炎であるかを
判定するために使用するのがラピッドテストです。

 

テストスティックに3滴くらい検体を染み込ませ、
10分ほど放置すると陽性もしくは
陰性の線が示され判定するという方法です。

3歳未満65歳以上の方以外は
保険適用外の方法となっています。

また、
ノロウイルス抗原「BLEIA法」という
ノロウイルス専用の診断方法もあり、
特殊な機械を使うため判定までに
2〜8日ほどかかるとされています。
こちらも保険適用外です。

 

カンピロバクターや赤痢アメーバなどの
特徴的な形をした細菌などを特定するには、
便の直接鏡検が有用なようです。

そして、
慢性的なものに対しては
内視鏡検査が最も適しており
実施する医師も多いようです。

このように症状によって
様々な診断方法があるようですが、
実際病院に行ってみると
重症でない場合は問診や触診のみで
診断されることも珍しくありません。

特効薬がある病気ではないこともあり、
出席停止の日数なども決まっておらず
必要な場合は下痢などが止まった時点で
診断書が出されるようです。

 

スポンサードリンク


ウイルス性胃腸炎食事について

ウイルス性胃腸炎になると、
初期症状として吐き気や嘔吐、下痢
といったものが頻繁に起こることがあります。

そのため、これらの症状がある間は
極力何も口に入れないのが
望ましいとされています。

少量の水分補給でも刺激となって
吐き気を催すこともあり、
症状が強いうちは安静にしていることが大切です。

 

吐き気が治ったら少しずつ水分補給を開始し、
暫くしても嘔吐するようなことがなければ
様子を見ながら食事をしてもいいかもしれません。

お粥など胃に負担にならないものを
少量から始めましょう。

うどんなどの小麦が原料のものは消化しにくいため、
胃腸炎の症状を発症した当日は
やめておく方が安心です。

自分では、ほとんど回復したと思っていても、
胃腸内には、まだウイルスが残っていたり
下痢が続く場合もあります。

 

食事内容は3日〜1週間くらいは
胃腸に優しいものを心掛け、
脂っこいものや食物繊維の多い野菜
・果物、チョコレートなどの甘いお菓子などは
控えるべきです。

食事を摂っても下痢をしなくなったら
うどんや魚、肉など徐々に摂取するものを増やし
体力や回復力を高められるようにすると
いいでしょう。

この時点になると
ついたくさん食べたくなってしまいますが、
急に量を増やすと
胃腸に負担となるので注意が必要です。

ウイルス性胃腸炎病院について

ウイルス性胃腸炎らしき症状を発症すると、
病院に行くべきか行かなくていいのか
悩む人も多いはずです。

子供やお年寄りの場合は
脱水の危険も現れやすいため、
吐き気の症状が比較的落ち着いてから
病院へ受診した方がより安心です。

しかし、
体力のある大人であれば、
特効薬のないウイルス性胃腸炎で
受診するかどうかは迷うところです。

 

症状が比較的軽い場合であれば、
脱水に気を付けて
自宅で安静にしているだけでも
自然に治癒するものです。

また、
吐き気や下痢の症状が酷く意識が朦朧としたり
歩けないほど、体力が低下している場合には、
病院で診て貰うことをおすすめします。

脱水症状が酷い時には点滴を打ったり
吐き気止めや整腸剤を処方され、
症状の回復を早める効果が期待出来ます。

 

さらに自分ではウイルス性胃腸炎だと思っていても、
実は違う病気だったということもあるため
あまりにも症状が重い時には
自己判断せずに医師の診断を受けるべきです。

また、症状が落ち着いたとしても
ウイルスは暫く体の中に残っています。

その状態で外出するとウイルスを撒き散らして
他の人にうつしてしまう可能性もあるため、
発症後、1週間程度は可能であれば
自宅で静かに過ごすということも
必要な対処方法です。

胃腸炎・ウイルス性診断・食事・病院:まとめ

・ノロウイルスやロタウイルス、アデノウイルスと言った代表的なウイルス性胃腸炎であるかを判定するために使用するのがラピッドテストです。テストスティックに3滴くらい検体を染み込ませ、10分ほど放置すると陽性もしくは陰性の線が示され判定するという方法です。

 

・ノロウイルス抗原「BLEIA法」という、ノロウイルス専用の診断方法もあり、カンピロバクターや赤痢アメーバなどの特徴的な形をした細菌などを特定するには、便の直接鏡検が有用なようです。

 

・慢性的なものに対しては、内視鏡検査が最も適しており、実施する医師も多いようです。

 

・ウイルス性胃腸炎になると、初期症状として吐き気や嘔吐、下痢といったものが頻繁に起こることがあり、そのため、これらの症状がある間は極力何も口に入れないのが望ましいとされています。

 

・吐き気が治ったら少しずつ水分補給を開始し暫くしても嘔吐するようなことがなければ様子を見ながら食事をしてもいいかもしれません。
お粥など胃に負担にならないものを少量から始めましょう。

 

・自分では、ほとんど回復したと思っていても、胃腸内には、まだウイルスが残っていたり、下痢が続く場合もあります。

 

・食事内容は3日〜1週間くらいは胃腸に優しいものを心掛け、脂っこいものや食物繊維の多い野菜・果物、チョコレートなどの甘いお菓子などは控えるべきです。

 

・子供やお年寄りの場合は、脱水の危険も現れやすいため、吐き気の症状が比較的落ち着いてから病院へ受診した方がより安心です。

 

・吐き気や下痢の症状が酷く意識が朦朧としたり、歩けないほど、体力が低下している場合には、病院で診て貰うことをおすすめします。

 

・自分ではウイルス性胃腸炎だと思っていても、実は違う病気だったということもあるため、自己判断せずに医師の診断を受けるべきです。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1230/trackback

PAGE TOP