肝炎、黄疸の症状と肝臓ビリルビンなど5つのポイントをチェックしよう

肝臓は、人の臓器の中でも一番大きい臓器で、
多くの役割をこなしている肝臓は
一方で沈黙の臓器と呼ばれています。

その理由としては、
実際に病気が進行していても自覚症状が少なく、
症状が悪化してからでないと
痛みやその他の症状が出ないからとされています。

肝臓の働きについて

肝臓は、アンモニアの解毒やアルコールの分解、
脂肪の代謝など様々な働きを担っていますが
あまりに働きすぎることや何らかの病気によって
肝臓の働きが正常に働かなくなることで
黄疸の症状が出るとされています。

黄疸の症状の場合、
体内で作られるビリルビンという
物質の濃度が上昇することで
皮膚や粘膜に感情に沈着した状態のことを
指します。

 

スポンサードリンク


肝臓ビリルビンについて

ビリルビンというのは、
古い赤血球を壊す時にできる黄色の色素のことで
血中から肝臓に運ばれ、
いったん胆汁の成分となった後に、
十二指腸や症状を循環し
後に最終的に尿や便として排出されるものです。

体外に排出されるのが正常で
黄疸の症状が出ることはないのですが、
何らかのことが原因となって
本来であれば代謝されるはずのビリルビンが
排出できなくなって体内に大量に残ることもある
その他にも
ビリルビン自体を産生しすぎることによって
起こるとされています。

 

正常な場合、
ビリルビン値は1.0mg/dL以下とされており、
それが何らかの原因よって
3.0mg/dL以上になることで人目からも分かるほど
眼球の白めの部分や皮膚が黄色くなったりします。

全身倦怠感や食欲不振、
その他にも、皮膚にビリルビンが溜まることで
かゆみを伴うようになることもあるとされていますが、
だいたいは人から皮膚や眼球の症状を指摘されて
自分で病院へ駆け込む人が多いとされています。

肝炎:黄疸の症状が出やすい病気

黄疸の症状が出やすい病気としては
様々な病気が考えられますが、
その中でも肝炎との関係について考えてみましょう。

肝炎といっても、種類は多くあり、
患者数が多い病気としてはウィルス性のもので
日本において国内最大級の感染症と言っても
過言ではないほど患者数が多いとされている
病気の一つです。

 

特に、がんによる死亡率の中でも
3番目に多いのが肝がんとされているのですが、
その肝がんで亡くなる人の約80%は、
B型・C型肝炎ウィルスによるもので
その中の15%はB型によるものとされています。

そして、
黄疸が起こ肝炎のことを肝細胞性黄疸と呼び、
特に急性肝炎などによって
急激に肝細胞が破壊されると
ビリルビン血が上昇して、症状が出るとされています。

肝炎の慢性化の症状について

肝炎による慢性化の場合、
黄色く眼球や皮膚がなる症状が出にくいので
気づかないことも多いのですが、
病状が進行して、肝臓の働きがさらに悪くなり
硬くなって肝硬変となると
眼球が黄色くなってきます。

その時にはすでに肝臓の機能がかなり低下して
末期の症状となっている可能性が高いと言えます。

肝炎・黄疸キャリアについて

家族や性交渉をした相手がキャリアであった場合や
お酒などのアルコールの飲み過ぎによっても
肝臓の働きが悪くなり、
結果的に黄疸の症状が出ることもありますが、
肝臓の場合は異変を感じてから
病院に駆けつけるのでは手遅れになる可能性もあり、
たまに症状が重症化し劇症肝炎となることもあり
命を落とす可能性もありますので
注意が必要と言えるでしょう。

 

生活習慣や性交渉、薬害や違法薬物の打ち回しなどによって感染して
自分では気づかないうちに症状が悪化することもあります。

もちろん、感染したからと言って
症状がひどくなることではなく、
適切な治療を受けたり
感染しても発症しないうちに
収束することもあるとされています。

ただ、キャリアである場合には
日頃から医療機関や病院などに定期的に足を運んで検査して、症状が悪化しないようにしましょう。

肝炎・黄疸の症状、肝臓について:まとめ

・肝臓は、実際に病気が進行していても自覚症状が少なく、症状が悪化してからでないと痛みやその他の症状が出ないからとされています。

 

・肝臓は、アンモニアの解毒やアルコールの分解、脂肪の代謝など様々な働きを担っていますがあまりに働きすぎることや何らかの病気によって肝臓の働きが正常に働かなくなることで黄疸の症状が出るとされています。

 

・黄疸の症状の場合、体内で作られるビリルビンという物質の濃度が上昇することで皮膚や粘膜に感情に沈着した状態のことを指します。

 

・ビリルビンというのは、古い赤血球を壊す時にできる黄色の色素のことで血中から肝臓に運ばれ、いったん胆汁の成分となった後に、十二指腸や症状を循環し後に最終的に尿や便として排出されるものです。

 

・肝炎は、がんによる死亡率の中でも3番目に多いのが肝がんとされているのですが、その肝がんで亡くなる人の約80%は、B型・C型肝炎ウィルスによるもので、その中の15%はB型によるものとされています。

 

・肝炎による慢性化の場合、黄色く眼球や皮膚がなる症状が出にくいので気づかないことも多いのですが、病状が進行して、肝臓の働きがさらに悪くなり、硬くなって肝硬変となると眼球が黄色くなってきます。

 

・家族や性交渉をした相手がキャリアであった場合やお酒などのアルコールの飲み過ぎによっても肝臓の働きが悪くなり、結果的に黄疸の症状が出ることもありますが、肝臓の場合は異変を感じてから病院に駆けつけるのでは手遅れになる可能性もあり、たまに症状が重症化し劇症肝炎となることもあり、命を落とす可能性もありますので注意が必要と言えるでしょう。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1225/trackback

PAGE TOP