胆のうがんの症状、生存率ステージ、渡瀬恒彦の死因について

胆のうがんの症状、生存率について

胆のうがんは
自覚できる症状が非常に乏しいので、
早期発見が難しいといわれています。

早期発見ができずに病院で
発見された時には、
すでに遠くのリンパ節への
転移が認められる状態になってしまい、
治療の選択が狭まってしまうことも
少なくありません。

 

完治が難しく再発の可能性も高いタイプであり、
再発の防止をするための効果的な治療も
見つかっていませんので対応が難しいのですが、
再発の早期発見に努めることで
それ以上の進行を食い止めることはできます。

早期の発見は困難ですが、進行してくると
食欲不振に陥ったり体重が減少したり、
みぞおち周辺が痛み始めます。

また、
背部・腰部に痛みが現れたり、
下痢や便秘も表れます。

この状態までくると
既に進行がんになっていますので、
早急な対処が必要です。

 

スポンサードリンク


胆のうがん・胆石の手術、症状について

胆のうがんは胆石を持っている人が
発症しやすいので、
胆石を持っていることが分かっている人は
注意が必要です。

胆石を取り除く手術で見つかったケースなどは
比較的早期で発見されますので、
治療の効果が出やすくなります。

特徴的な症状として
黄疸が見られる場合がありますが、
黄疸が現れる段階になると
ほとんどが進行していて
手術ができないケースも多いようです。

 

手術ができるかできないかで
予後がずい分違ってきますので、
まずは手術が適応となる段階なのかを
知ることが大切です。

また、
尿や便にも変化が起こるようになり、
黄疸尿と呼ばれる茶色っぽく濃い尿が
出ることがあります。

この場合は
尿検査でビリルビンを確認すれば
黄疸の有無が分かります。

 

便の場合は白色便が出るのですが、
これは胆汁が腸内に流れてこなくなるために
起こります。

黄疸が出る頃には
皮膚にかゆみも同時に現れ始めるのですが、
かゆみが現れるのは
胆汁中に胆汁酸という物質が
ビリルビンと一緒に血液内に流れるからです。

生存率は手術ができたかできないかで
大きく変わります。

胆のうがん、生存率ステージについて

手術ができるケースのうち全てを
綺麗に切除できた場合でも
1年生存率が7割弱、
3年では5割弱、
5年では4割強
となります。

これが全て切除できた場合の数値ですので、
全てを取り除くことができなければ
より厳しい状況になることは
容易に想像ができます。

 

外科治療を受けられた場合の
5年生存率の数値としては、
ステージⅠなら90.1%、
ステージⅡなら74%、
ステージⅢなら41.9%、
ステージⅣaなら24%、
ステージⅣbなら5.4
となります。

 

1年生存率とは
1年間再発しなかったという意味合いではなく、
どのような状態であっても
生存していればカウントされます。

より厳しい状況になるのが
手術ができなかった場合です。

手術ができなければ
1年生存率が約20%、
3年以上になるとほんの数%となりますので、
予後の悪いタイプのがんであることは確かです。

 

また、
手術によって亡くなる方も
数%から10%程度で
決して少なくありません。

手術での死亡率は20人に一人、
あるいはそれ以上になるといわれていますので、
手術を受ける際には
リスクについてしっかりと
認識しておかなければなりません。

このように予後の思わしくないがんですので、
早期発見は難しいとしても
できるだけ早く見つけることが大切です。

何らかの異変に気付いたら早急に病院を受診し、
すぐに治療を始めることで
余命を伸ばせる可能性があります。

 

黄疸が出る頃にはかなり進んでいて
手の施しようがなくなっていることも多いので、
その前に気付けるか気付けないかで
予後も大分違ってきます。

みそぞちや右わき腹の痛みなどは
かなり特徴的であり、
一般的な腹痛と違った痛みを感じるはずですし、
嘔吐が続いたり体重が減り続けている場合には
胆のうがんをはじめとした
何らかの深刻な病気が潜んでいると考えられます。

胆のうがん、生存率ステージ:まとめ

・胆のうがんは自覚できる症状が非常に乏しいので、早期発見が難しいといわれています。

・胆のうがんは胆石を持っている人が発症しやすいので、胆石を持っていることが分かっている人は注意が必要です。

 

・黄疸が見られる場合がありますが、黄疸が現れる段階になるとほとんどが進行していて手術ができないケースも多いようです。

・尿や便にも変化が起こるようになり、黄疸尿と呼ばれる茶色っぽく濃い尿が出ることがあります。尿検査でビリルビンを確認すれば黄疸の有無が分かります。

 

・便の場合は白色便が出るのですが、これは胆汁が腸内に流れてこなくなるために起こります。

・外科治療を受けられた場合の
5年生存率の数値としては、
ステージⅠなら90.1%、
ステージⅡなら74%、
ステージⅢなら41.9%、
ステージⅣaなら24%、
ステージⅣbなら5.4
となります。

 

・みそぞちや右わき腹の痛みなどはかなり特徴的であり、一般的な腹痛と違った痛みを感じるはずですし、嘔吐が続いたり体重が減り続けている場合には胆のうがんをはじめとした何らかの深刻な病気が潜んでいると考えられます。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1214/trackback

PAGE TOP