胃痛の原因、男性・女性、胃潰瘍などの初期症状チェックしよう

胃痛の原因は、症状や人によって異なる

胃が痛くなると、動くのも
辛く感じることがありますが、
しばらくすれば治まる場合がほとんどです。

しかし、
中にはすぐにでも病院へ行って、
治療を受けた方が良い場合もあるので、
原因がわからないときは
注意するようにしましょう。

胃痛の原因が、食べ過ぎや飲み過ぎなどの
暴飲暴食だったときは、
胃腸が膨らんでお腹が張り、
圧迫されているように感じる、
膨満感の症状があらわれます。

アルコールや刺激物の摂取により、
胃の粘膜が荒れると、みぞおちが痛くなったり、
吐き気や嘔吐を伴う急性胃炎になりますし、
ストレスが原因で神経性胃炎になると、
胃痛や胃もたれ、胸やけ、吐き気、
食欲不振などが起こります。

 

胃痛の原因はさまざまですし、
人によって症状も違いますが、
激しい胃痛がしたり、症状が長引く場合は
慢性胃炎や胃アトニーなどの病気を
疑わなければなりません。

慢性胃炎によって細胞が変異すると、
胃がんになる恐れがあるので、
胃痛などは大したことはないとは思わず、
なかなか治らないときは
病院で診てもらうようにしてください。

 

スポンサードリンク


胃痛の原因、胃潰瘍の初期症状チェック法

最近、胃の調子がおかしい、
胃が痛むという場合には
胃潰瘍を疑ってみる必要があります。

胃潰瘍には急性と慢性があって、
現れる症状や原因も異なりますので、
まずは初期症状をしっかりとチェックすることが大切です。

急性の胃潰瘍の場合、
原因は過度のアルコール摂取や刺激物の摂取、
精神的ストレスなどが考えられます。

 

初期症状としては
胸焼けや胃痛、食欲不振があります。

突発的な痛みが特徴的であり、
悪化してしまうと
嘔吐や吐き気の症状が出てきます。

急に痛み始めても少し我慢すれば
治まってしまいますので
大丈夫だと思い込んでしまいますが、
これが続くと慢性胃潰瘍になります。

 

慢性胃潰瘍はピロリ菌が原因であり、
空腹時に胃痛が起こったり
背中の痛みが現れます。

急性の症状とは違って痛みは常にありますし、
空腹時や夜中に
急に痛みが強くなることもあります。

胃に穴が開いてしまうと
すい臓などの別の臓器にまで
炎症が広まってしまいますので
注意が必要です。

男性の胃痛の原因、症状について

ストレス社会において、
胃の不調に悩まさる人は多いと思います。

また、男性の中には、
お酒やたばこをこよなく愛する方も多く、
ストレスや不規則な生活習慣と相まって、
胃の症状を悪化させることも多いです。

胃の不調の症状として
最も多く挙げられるのが胃痛です。

単に胃痛といっても、その原因はさまざまです。
例えば、
いつもよりも食べ過ぎた場合や
脂っこいものを食べた場合でも、
人によっては胃に痛みを感じることがあります。

食べ過ぎによる胃痛より、
病気による胃痛の方が注意しないといけません。
胃痛を発生させる病気として
一番多いのは、急性胃炎です。

胃の痛みの他に、胃のむかつき、吐き気などを
伴うことが多いです。

また、
ストレスなどによる神経性胃炎も
現代では患者数の多い胃の病気です。

 

さらに、胃ガンを患っている場合も、
胃の違和感などとともに
胃痛の症状が現れることがあります。

なお、胃ガンは怖い病気ですが、
初期段階で発見できると
完治が期待できるガンでもあります。

しばらく、胃の痛みが続くなど、
胃の不調と感じたら、
早期に病院で診てもらうことが重要です。

女性の胃痛の原因、症状について

最近では女性の社会進出に伴って
胃痛の症状が出るという方も増えてきています。
胃痛の原因としては、
大きく二つに分けることができ、
一つは食べ過ぎによるものと、
ホルモンバランスの乱れによるものとなります。
また、
臓器の異常の場合もあるため、
すぐに治ったとしても、
症状が完全に治っていない場合もあるので
注意しましょう。

 

臓器の異常やホルモンバランスの乱れは
ストレスから来ることが多いので、
ストレスがない生活が望ましいですが、
社会人ともなると厳しいかと思うので、
自分なりのストレス解消法を見つけて
発散するのが良いかと思います。

胃痛で考えられる病気としては、
胃炎が一番多くなっています。

胃炎によっても、慢性胃炎、急性胃炎、
神経性胃炎と分けられ、
一番起こりやすいものとしては
急性胃炎となります。

数日安静にしていれば治ることもありますが、
念のため病院に行って
受診したほうが良いでしょう。

 

他にも、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、
逆流性食道炎などがあげられるので
注意するようにしましょう。

違和感や不安なときは、自己判断せず、
病院へ行くことをオススメします。

病院へ行かず、不安な状態が続くと
ストレスになり、
症状が悪化してしまうので注意しましょう。

胃痛の原因まとめ

・食べ過ぎや飲み過ぎなどでの胃痛は、胃腸が膨らんでお腹が張り、圧迫されているように感じる、膨満感の症状があらわれます。

・アルコールや刺激物の摂取により、胃の粘膜が荒れると、みぞおちが痛くなったり、吐き気や嘔吐を伴う急性胃炎になりますし、ストレスが原因で神経性胃炎になると、胃痛や胃もたれ、胸やけ、吐き気、食欲不振などが起こります。

 

・激しい胃痛がしたり、症状が長引く場合は慢性胃炎や胃アトニーなどの病気を疑わなければなりません。

・慢性胃炎によって細胞が変異すると胃がんになる恐れがあるので、病院で診てもらうようにしてください。

・胃潰瘍には急性と慢性があって、現れる症状や原因も異なりますので、初期症状をしっかりとチェックすることが大切です。

 

・急性の胃潰瘍の場合、原因は過度のアルコール摂取や刺激物の摂取、精神的ストレスなどが考えられます。

・初期の頃に現れる症状としては胸焼けや胃痛、食欲不振があります。
突発的な痛みが特徴的であり、悪化してしまうと嘔吐や吐き気の症状が出てきます。

・男性の胃痛の原因として、お酒やたばこ、ストレスや不規則な生活習慣と相まって、胃の症状を悪化させることも多いです。
また、食べ過ぎによる胃痛、急性胃炎、神経性胃炎、胃がんなどがあるので、違和感あるとときは、病院へ行き診てもらうことが大事です。

 

・女性の胃痛の原因として、食べ過ぎ、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、臓器の異常などがあり、慢性胃炎、急性胃炎、神経性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などの可能性もあるので、違和感や不安なときは、病院へ行き診てもらいましょう。

・自己判断は止めましょう。とにかく病院へ行き専門医に診てもらいましょう。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1192/trackback

PAGE TOP