インフルエンザ症状について7つのポイントをチェックして寒い季節を乗り切ろう

インフルエンザ 症状について

11月から2月ぐらいの季節に
体調が悪くなった場合、
インフルエンザなのか風邪なのか
迷ってしまう時があります。

この場合は症状のチェックを行い、
素早く体調の変化を読み取ることが大切です。

多くは熱、頭痛、咳、鼻水などの症状が
みられますが、下痢や嘔吐、吐き気などが
あらわれた場合はどうなのでしょうか。

また、大人に限らず、
子供がかかった場合の注意点などを
知っておくことも大切です。

インフルエンザ症状チェック:目次

インフルエンザ 症状について

インフルエンザ 初期症状について

インフルエンザ症状、熱について

インフルエンザと風邪の違いについて

インフルエンザの軽い症状について

インフルエンザ症状の辛いときはどんなとき?

インフルエンザ症状:まとめ

インフルエンザ 初期症状について

インフルエンザの場合は初期の段階に
急な発熱や悪寒や頭痛、
関節痛や倦怠感などが現れます。

また、
初期の段階から突然発熱が38度以上に上がる場合があるので注意してください。

 

子供や高齢者、妊娠している人は、
成人している大人に比べるとに免疫力が低く、
重症化しやすいとも言われています。

しかし、
初期の段階で適切な処置を受けることで、
早期回復につながるので、
早い段階で医師の診察を受けた方がよいといえます。

また、
初期の段階では咳やくしゃみ、鼻水といった
呼吸器系の症状はあまり見られません。

 

急に熱が出て体がだるくなったり、
筋肉や関節が痛い時には、
初期の段階であることが考えられます。

また、病状が軽く、
風邪としか思えないようなケースがあります。

しかし、
これが風邪ではない場合、感染力も非常に高く、
感染してしまった人が重症になるケースもあります。

インフルエンザ症状、熱について

インフルエンザにかかった場合、
最も大きな参考になるのが高熱です。

高熱が出た場合、38度以上がほとんどです。

重症になる場合は、
40度を超えるほどの高熱が出ることもあります。

あまりに高い熱が出た場合には、
普通の風邪ではなく
インフルエンザの疑いが強くなります。

 

普通の風邪で40度まで
熱が上がるといったことは、
ほとんど見られません。

その他の症状としては、
頭痛、咳、鼻水、倦怠感、関節痛や筋肉痛、
寒気、吐き気や嘔吐、下痢などの症状が
あらわれる場合があります。

上記の内容からみると
風邪と似たような症状が多く見られますが
いったいどのような違いがあるのでしょうか。

 

スポンサードリンク


インフルエンザと風邪の違いについて

一般的に風邪は様々なウイルスによって
引き起こされます。

普通の風邪の場合、
のどの痛みや咳などが中心となり、
全身の症状はあまりみられることはありません。

発熱したとしてもそれほど高くはなく、
重症化することはあまりないでしょう。

一方でインフルエンザの場合は
インフルエンザウイルスに感染することによっておこる病気なので、

38度以上の高熱や頭痛、関節痛、筋肉痛などが突然全身にあらわれます。

 

これに合わせて普通の風邪に似た
のどの痛みや鼻水、咳なども見られます。

子供の場合には急性脳症を起こしたり、
高齢者や免疫力が落ちている人は
肺炎につながることもあり、
重症化する恐れもあります。

そして
風邪との違いとして、
初期の段階やピーク時にも違いがあります。

インフルエンザの軽い症状について

インフルエンザの病状は軽い症状として、
高熱が出ず37度台の発熱で済む場合、
薬をもらって安静にしていたら
すぐに治ったという症状があります。

また、
頭痛や関節痛の症状があるが、
熱はほとんど出なかったくる症状などがあります。

このような軽い症状を不顕性感染と呼ぶのです。

 

病状が軽い症状は
20%~40%ほど、あります。

病状として
大きく参考になるのが高熱です。

また、
まったく熱が出ない症状として
微熱だけで済んだという症状。

予防接種をうけていたので軽めの症状で済んだ症状。

ウイルスの毒性が強くない症状
B型に感染したなどの理由が考えられます。

 

そういった症状の場合は、
ちょっと風邪をひいたかなと
思ってしまうことも多いでしょう。

もしも熱が出なかったとしても、
関節痛や筋肉痛、寒気、倦怠感などが
現れている場合には、
医師の診察して安静にしていた方が良いでしょう。

初期の段階や病状が軽い症状はわかりましたが、
ピーク時には体はいったいどのようになるのでしょうか。

インフルエンザ症状の辛いときはどんなとき?

初期段階から進行し、
インフルエンザのピークとしては、
高熱の状態が多くみられ、
その高熱も40度付近のかなりの高熱になっていることが考えられます。

また、
倦怠感や関節痛、頭痛、悪寒などが
強くなっていることに加え、
咳やくしゃみ、鼻水などが強く現れる場合もあります。

ピーク時には、
体がかなり苦しい状態になることも考えられるので、
本人が安静にゆっくり休むことはもちろんですが、
この時期は感染する確率も
かなり上がっているので、
周囲の人も自分が感染しないように
気をつけなければなりません。

 

これらの状態には個人差がありますが、
ピーク時の状態が
初期段階から1日から2日は続くといわれています。

3日目を過ぎると
だんだん治まっていくことが多いですが、
この状態が何日も続いていたり、
なかなか改善が見られない場合には、
すぐに医師の診察を受けた方がよいといえます。

医者によっては、初期の段階で
90パーセントの確率で
風邪と見分ける方法を知っている医者も存在します。

それは初期にあらわれる
口腔内の濾胞を見分けるという方法です。

医者にしかわからない方法ですが、
体にはそのような症状(サイン)が
現れるということになります。

これらの症状には個人差があるので、
体調が少しでも悪くなったら、
近くの病院などにいって検査するようにしましょう。

インフルエンザ症状:まとめ

・インフルエンザの場合は初期の段階に急な発熱や悪寒や頭痛、関節痛や倦怠感などが現れます。

 

・インフルエンザ症状として38度以上の高熱がでる。

 

・免疫力の低い、子供や高齢者、妊娠している人は、重症化しやすいとも言われているので注意が必要。

 

・インフルエンザの軽い症状として、37度の熱ぐらいで、微熱に近く、病院で薬をもらって安静にしていたら治る場合もあり、予防接種で軽くなる場合もある。

 

・インフルエンザ症状の辛いときとして、40度近い高熱となり、倦怠感や関節痛、頭痛、悪寒な、咳やくしゃみ、鼻水などの症状がひどくなる。

 

・上記のような症状がでたら病院へいってちゃんと検査することが大事です。みなさん気をつけて楽しい生活を送りましょう。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1146/trackback

PAGE TOP