風邪予防に役立つ食べ物について7つのポイントをチェックしよう

風邪予防に役立つ食べ物について

寒い冬と言えば、風邪の季節。

毎年、冬場になると風邪をひいてしまって、
苦労されている方も多いことでしょう。

しかし、
できれば風邪をあまりひかずに
春まで乗り切りたいものですね。

そこで衣食住の中でも特に食に注目をして、
ご紹介していきたいと思います。

以下に、
風邪予防に役立つ食べ物について
ご紹介していきますので、
ぜひ参考になさってください。

風邪予防に役立つ食べ物:目次

風邪予防に役立つ食べ物について

風邪予防に役立つ食べ物って、どんなもの?

風邪予防に効果的なビタミンAについて

風邪予防に効果的なビタミンAの食べ物について

βカロテンが含まれる食べ物について

風邪予防に効果的なビタミンCについて

風邪予防に効果のあるビタミンCを多く含んでいる食べ物とは?

風邪予防と食べ物の関係に関するまとめ

風邪予防に役立つ食べ物って、どんなもの?

風邪予防に役立つ食べ物としましては、
ビタミンAか、ビタミンCを
多く含んでいる食べ物が挙げられます。

どちらのビタミンも風邪から守ってくれる効果があるのです。

また、
風邪予防には体力も重要ですから、
たんぱく質も意識して摂取するようにしましょう。

 

また、
風邪をひかないためには体温を下げないことも大切です。

特に冬場は体が冷えやすいですから、
食事も温かいものをできるだけ多くとるようにしましょう。

成分だけでなく、温かいものを食べることで
体温をキープすることも、風邪の予防に役立ちます。

 

スポンサードリンク


風邪予防に効果的なビタミンAについて

どうしてビタミンAは
風邪予防に効果があるのか?というと、
実はビタミンAには皮膚や粘膜を守ってくれる効果があるのです。

鼻の粘膜やのどの粘膜を守ってくれる効果があるので、
風邪予防として有効があるとされているのです。

風邪予防に効果的なビタミンAの食べ物について

ビタミンAの食べ物として、
鶏のレバーや豚のレバー、ヤツメうなぎなどに
多く含まれています。

その他にも
ホタルイカを茹でたもの、うなぎのかば焼き、
生のぎんだら、生のあなご、
ゆでたまご(※鶏卵)、プロセスチーズ、
などからも摂ることができます。

上記の食べ物を摂ることで、
ビタミンAを効率よく補給することができるでしょう。

 

ちなみに、
このビタミンAの栄養を摂るときに、
ビタミンAが含まれていない食べ物からでも、
補給することが可能なのです。

これはどういうことかと言いますと、
βカロテンなどのカロテンが含まれている
食べ物の場合、体の中でビタミンAに変わってくれるのです。

ですから、
ビタミンAを補給したい場合には、
ビタミンAが含まれている食べ物か、
βカロテンなどが含まれている食べ物を
食べれば、ということになります。

βカロテンが含まれる食べ物について

次に、
βカロテンなどのカロテンが含まれる食べ物として

にんじん、ほうれんそう、しゅんぎく、
西洋かぼちゃなどといったものから摂取することができます。

また、
にんじんのジュースや缶詰のにんじんにも、
多く含まれています。

他にはブロッコリーや生のトマトにも含まれています。

風邪予防に効果的なビタミンCについて

どうしてビタミンCは
風邪予防に効果があるのか?というと、
ビタミンCには免疫力を高める働きがあるからです。

免疫力とはバイ菌などから体を守ってくれる力、
体が病気にならないよう守ってくれる力のことです。

ビタミンCには、
この免疫力を高める働きがあるのですから、
風邪予防に有効的だというわけです。

また、
ビタミンCは、免疫力を高める以外にも、
コラーゲンを作る際に役立つ効果があります。

コラーゲンについて

皮膚や粘膜の健康維持と関係がありますから、
鼻の粘膜や、のどの粘膜の健康維持にも、
よい影響があるのです。

風邪予防に効果のあるビタミンCを多く含んでいる食べ物とは?

ビタミンCの食べ物として、
果物と野菜などに多く含まれています。

特に果物ではアセロラが多く含まれています。

その他にも、
グアバやゆず、すだち、レモンなども
多く含まれています。

生でとるのが一番効率がよく、
果汁にしますとぐっと量が少なくなります。

 

野菜では、
トマピー、赤ピーマン、黄ピーマン、ブロッコリー、
なのはな、パセリ、なばな、
特にとうがらしに多く含まれています。

サラダなどの直接食べるか、
油で炒めて食べるのが良いとされています。

茹でた場合、
ビタミンCの量が少なくなるので注意してください。

風邪予防と食べ物の関係に関するまとめ

以下に、風邪予防と食べ物の関係について、
簡単にまとめさせていただきます。

 

・風邪の予防には、ビタミンAやビタミンCを多く含んでいる食べ物が効果的。

 

・ビタミンAには、鼻やのどの粘膜を守ってくれる働きがある。

 

・ビタミンAの食べ物として、鶏のレバーや豚のレバー、ヤツメうなぎなどに多く含まれています。

 

・βカロテンなどのカロテンを食べても、体の中でビタミンAに変わってくれる。

 

・ビタミンCには、免疫力を高める働きがあり、鼻やのどの粘膜の健康維持にも間接的に役に立つ。

 

・ビタミンCの果物として、アセロラ、グアバ、ゆず、すだち、レモンが多く含まれている。

 

・ビタミンCの野菜として、トマピー、赤ピーマン、黄ピーマン、ブロッコリー、なのはな、パセリ、なばな、特にとうがらしが多く含まれている。

 

・風邪予防には、体力をつけるためにたんぱく質も大事。

 

・温かい食事をとることも、体温をキープする効果があり、風邪の予防に役立つ。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1134/trackback

PAGE TOP